2829-1中田屋きんつばさくら



北陸新幹線開通で盛り上がる金沢駅!
春休みに行くなら、金沢土産に「きんつばさくら」はいかが?


春限定!<中田屋>「きんつば さくら」を食べてみました。

スポンサード リンク



中田屋のきんつばは金沢のテッパン土産!


2829-2中田屋きんつば


金沢のテッパン土産(グルメ)といえば、<中田屋>「きんつば」。薄皮の中にはふっくらとした粒餡がぎゅぎゅっ!


塩のきいた粒餡が一度食べたら忘れられなくなるきんつばで、岸朝子さんの「全国 五つ星の手みやげ」でも紹介されている、まさに五つ星の手土産です。


【amazon】岸朝子
【楽天市場】全国 五つ星の手みやげ



春限定の中田屋のきんつば「さくら」!


2829-3中田屋きんつばさくら


中田屋のきんつばをご存知なかった方にも、なんとなーく美味しさが伝わったところで(伝わったかな?)、今回ご紹介したいのが春限定の「きんつばさくら」!桜の花をあしらった紙袋からも春を感じることができます。


原材料は、砂糖、白小豆、小麦粉、寒天、塩、桜の花塩漬、桜の葉塩漬など。そうなんです。きんつばさくらの餡は、白小豆で作った白粒餡なのです。

2829-4中田屋きんつばさくら



きんつばさくらを袋から出してみます


2829-1中田屋きんつばさくら


桜色の包み紙でひとつずつ包まれたきんつばさくら。桜の花をかたどった商品説明のリーフレットも入っています。


春の和菓子って感じでワクワクしちゃいますね。



きんつばさくらは春そのもの


2829-5中田屋きんつばさくら


薄皮で包まれたきんつばさくらの表面には、塩漬けにされた桜の花。押し花みたいでかわいいですよね。


白小豆の粒もしっかり残っています。

2829-6中田屋きんつばさくら


食べてみると…
うん、ふっくらとした粒の食感がしっかり味わえる白小豆。甘さの中にほんのり香るのは桜。よく見ると、薄皮の中に緑っぽいものが。なるほど、桜の葉の塩漬けを細かく刻んで薄皮衣の生地に混ぜ込んでいるのですね。


白小豆の甘さの中に桜の花と葉のほどよい塩気。中田屋定番のきんつばは、もっと塩気が強いのですが、さくらはそれに比べると軽い塩気です。


中田屋の「きんつば さくら」は、あっさり食べやすく、春の訪れを感じさせてくれる上品な和菓子でした。本物の桜の開花も待ち遠しい!



金沢のお土産に


2829-7中田屋きんつばさくら


目でも口でも春を感じることのできる「きんつば さくら」
販売期間が2月から4月中旬までの春限定のきんつばなので、今、この時期にしか買うことができません。


北陸新幹線も開通したことだし、春休みなどを利用して金沢に行かれた際には、中田屋の「きんつばさくら」を手にとってみられては。5月末日までは、三浦友和さんがおめざで紹介したこともある、青えんどう豆を使った「うぐいす」もありますよ。
中田屋「きんつば うぐいす」三浦友和さんのおめざ


9月上旬から12月中旬ごろまでは「毬栗(いがぐり)」 が、秋冬の季節限定商品として登場します。秋冬の金沢みやげだったら毬栗がおすすめ!栗がごろごろ入っていて、食感も楽しく、とても美味しいきんつばです。

2829-8中田屋きんつば毬栗


中田屋のきんつばは金沢駅で買えるお土産グルメなので、金沢の観光旅行や帰省のお土産にどうぞ。


【お店紹介】
店名 : 中田屋 本店(東山店)
住所 : 石川県金沢市東山3丁目4-30   
電話番号 : 076-252-1048
営業時間 : 9:00~18:00
定休日 : なし
お店のHP : きんつば中田屋公式ホームページ
*上記本店のほか、元町店(石川県金沢市元町2丁目4-8)、有松店(石川県金沢市有松5丁目8-22)、東山茶屋街店(石川県金沢市東山1丁目5-9)などの直営店をはじめ、JR金沢駅キヨスク、小松空港売店などでも購入できます。


中田屋「きんつば」のお取り寄せ、購入方法


「きんつば」はお店での購入のほか、通販での購入も可能です。

<中田屋>「きんつば」のお取り寄せはこちらからどうぞ。
※さくら、毬栗は季節限定販売商品です。
【楽天市場】中田屋 きんつば
【amazon】中田屋 きんつば
【高島屋オンラインストア】中田屋
関連記事