2827-1蜜衛門



まるで焼き芋!
大分土産におすすめの一品


<菊家(きくや)>「蜜衛門(みつえもん)」を食べてみました。

スポンサード リンク


ゆふいん創作菓子「蜜衛門」


2827-2蜜衛門


蜜衛門という名の気になるお菓子。
大分県産の「べにはるか」というサツマイモを使ったさつま芋のお菓子で、以前ひるおびで紹介されたことがあるので食べてみたかったのです。
由布院 花麹菊家「蜜衛門」ひるおび!でご当地スイーツとして紹介


原材料は、さつま芋(べにはるか)、砂糖、小麦粉、糖蜜(糖蜜、水飴、和三盆)、卵、マーガリンなど。

2827-3蜜衛門


さつまいもを蒸気釜で皮ごと蒸して、さらに釜で焼くことで甘みを引き出し、そこにバターや卵黄などを加えて練り上げたさつま芋餡。


かなり芋芋しくって期待が高まります。


見た目は完全に焼き芋!


2827-4蜜衛門


袋から出してみると、笑えるくらいに「焼き芋」。


割ってみると、おー!
中もホクホクの焼き芋感が漂っています。


食べてみると、周りの生地はいわゆるお饅頭の皮なのですが、しっとりとしたさつまいもの餡とのバランスもちょうど良くて、餡の甘さを引き立たせています。


蜜衛門は見た目で楽しませてくれるだけでなく、とても美味しいおまんじゅうです。


温めるとさらに焼き芋!!


2827-5蜜衛門


説明書きに「20秒間レンジで温めるだけで、ほっこり感がもどり、なお一層、焼き芋の感覚が味わえます」とあったので、温めてみることに。


袋からお皿に出してレンジで20秒温めます。


レンジの扉を開けた瞬間、ふわ~っと香る焼き芋の香り!!
香りは完全に焼き芋です。いや、それ以上かも。


レンジで温めることで「蜜衛門」が、もはや焼き芋以外の何物でもない!と言わんばかりの「焼き芋スイーツ」に。


食べてみると常温で食べた時よりも餡がねっとり!
安納芋を焼き芋にした時みたいなねっとり感。
甘さも増して、本物の焼き芋みたい。


まさに味も香りも焼き芋!これはちょっと笑ってしまいます。


大分・由布院のお土産に


2827-6蜜衛門


大分のお土産お菓子はいろいろありますが、この蜜衛門もリストに加えてみて。賞味期限も常温で30日ほどあるので、持ち歩きも安心です。


実際に食べてみないとこの焼き芋感はなかなか伝わらない!


由布院のおみやげとしても、芋好きの女性にウケること間違いなしですよ♪



菊家「蜜衛門」のお取り寄せ、購入方法


「蜜衛門」はお店での購入のほか、通販での購入も可能です。

<菊家>「蜜衛門」のお取り寄せはこちらからどうぞ。
お菓子の菊家
【楽天市場】菊家 蜜衛門
【Yahoo!ショッピング】菊家 蜜衛門

関連記事