2791生姜焼き
*画像はイメージです



東京で一番おいしいと評判の生姜焼き!
「キッチン マカベの生姜焼きのタレ」の作り方(レシピ)!


ウルトラマンの街・祖師谷の、多くの著名人が訪れる有名店。
人気グルメ誌で1位に輝いた生姜焼きの秘伝レシピ大公開!
お店直伝の秘伝のタレで「キッチンマカベの生姜焼き」を作ってみよう!

スポンサード リンク



2014年12月2日放送笑いと情報をとりホーダイ!バイキング - フジテレビ『スピードランチ』のコーナーで紹介。


ウルトラマンの街・祖師谷に、多くの著名人が訪れる有名店があった!
祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩3分。多くのグルメ雑誌で紹介され、過去には「旨い生姜焼きベスト1」にも輝いた名店<キッチン マカベ>


1961年(昭和36年)創業の老舗洋食店・キッチンマカベの生姜焼きは、脂身の甘さが特徴の、厚さ6ミリ、国産豚ロース肉を使用。
家庭で作るときは10分程度かかる生姜焼きですが、キッチンマカベでは注文から提供までの時間がなんと1分38秒!


そのお味は…
江角マキコさん「(お肉が)絶妙の薄さー!厚すぎず薄すぎず。美味しそう!お箸で切れちゃいます。うーん!やわらかくて美味しいです。これ都内一だよ!お肉は柔らかいし味はちゃんとしてる。何だろコレ、おいしい!!」
EXILE・TAKAHIROさん「うんまっ!うぉー!うんめぇ~!脂が全然しつこくなくて上品ですね。美味しすぎる!」
と大絶賛!!


超マッハで超ウマのキッチンマカベの豚ロース生姜焼き。
キッチンマカベの店主が東京一ウマい生姜焼きのレシピ、秘伝の生姜焼きのタレのレシピを教えてくれたので要チェック!!


東京一ウマい生姜焼きのレシピ!
『キッチンマカベの生姜焼き』の作り方



材料(4人分)


・豚ロース肉  600g(キッチンマカベは厚さ6ミリの豚肉)
・しょうが   20g
・にんにく   1/2片
・たまねぎ   50g
・にんじん   20g
・砂糖     小さじ1
・水      大さじ4
・みりん    大さじ4
・醤油     大さじ4
・片栗粉    少々
・白ごま    適量


「生姜焼きのタレ」の作り方


1.千切りにしたショウガ、薄切りにしたタマネギ・ニンニク、小さく乱切りにしたニンジン、醤油とみりんを水で薄めたものををミキサーに入れ、完全にドロドロになるまで回します。


2.1.を鍋に移して火にかけ、沸騰させて丁寧にアクを取り除きます。煮立ったら砂糖を加えます。


3.できあがったタレはボウルなどに移し、氷水をはったボウルに浸けてすぐさま冷却します。
ポイント
・すぐに冷却することで風味を残すことができるという大事な工程です。
・あたたかいうちにラップをすると水滴でタレが傷みやすくなるので注意!



ここで作ったタレは、生姜焼きだけでなく豚肉ならなんでも合うので、豚バラ肉を炒めたりする時に使ってもOK!また、サラダのドレッシングとしても使えます。


「生姜焼き」の作り方


1.豚ロース肉は焼いた時に縮んでしまわないように脂身の部分に数カ所包丁を入れておきます。


2.熱したフライパンで強火で豚肉の片面を焼きます。
ポイント
タレは絡めずに肉だけを焼く!


3.50秒~1分くらいのところで豚肉を裏返し、そこに秘伝の生姜焼きのタレを加えます。


4.フライパンを傾けて、タレに片栗粉を加えてとろみをつけ、豚肉にタレを絡ませます。10秒くらい馴染ませたらOK。


5.キャベツの千切り、レタスなどのお野菜と一緒にお皿に盛り付け、フライパンに残ったタレをかけ、仕上げにゴマをふりかけたら「キッチンマカベの豚ロース生姜焼き」のできあがり!



焼き時間については火力の違いなどもあるので、豚肉に火が通っているか確認してくださいね。


【お店紹介】
店名 : キッチンマカベ
住所 : 東京都世田谷区祖師谷3-1-15
電話番号 : 03-3482-3748
営業時間 : (平日)11:00〜14:00 / 17:00〜21:00
    (土日祝)11:00〜15:00 / 17:00〜21:00
定休日 : 木曜日
駐車場 : なし 
お店情報はこちらから
キッチン マカベ - 祖師ヶ谷大蔵/洋食 [食べログ]
キッチンマカベ | そしがやどっとこむ 祖師谷商店街(ウルトラマン商店街)
キッチン マカベ | 祖師ケ谷大蔵、成城学園前、千歳船橋/定食・食堂 | ロケタッチグルメ
関連記事