2786-9マグロの漬け丼



冷凍マグロの美味しいレシピ!
おいしい冷凍マグロの解凍方法も


お取り寄せの冷凍本鮪切り落としで、「マグロの漬け」から「マグロ丼」「マグロの竜田揚げ」まで作ってみました。

スポンサード リンク



ご縁があって、ぐるなび食市場まぐろ屋新鮮組さんの冷凍マグロをお試しさせていただきました。
トレーにぎっしり入った謎の物体。マグロの切り落としだとわかった途端、「こんなにたくさんのマグロ、どうやって食べよう」「解凍で失敗したら大変!」「うわー、めちゃめちゃ嬉しい♪」などなど、いろんな思いが錯綜するのでした。

2786-1マグロ


計ってみると500gちょっと。どうやって食べようかなーとワクワクしながらとりあえず解凍してみることに。


おいしく食べられる解凍の仕方


2786-2マグロ


カチンコチンに凍っている冷凍まぐろ。さて、うまく解凍できるのか。解凍の仕方次第で絶対味が変わるはず。ということで、ショッピングページをじっくり見てみると…ありました!「冷凍マグロの美味しい食べ方」という名の解凍方法が。


まぐろブロックの場合とさくの場合の解凍方法が紹介されていましたが、手元にあるのは切り落とし。解凍方法の表を見てみると、マグロブツもマグロのさくと同じ解凍方法になっているのでこの方法で解凍することに。


まずバットを用意して温塩水を作ります。説明によると、温塩水とは40℃の温水1リットルに対して大さじ2(40g)の塩を加えたもの。ちょっとぬるめのお湯に塩を溶かしたものです。これにマグロの切り落としを凍ったまま浸けちゃいます。

2786-3マグロ


こんなのできれいに解凍できるのかなぁと少々不安に感じつつ、両面1分ずつ置きました。解凍表では、マグロブツ200g前後は1分の温塩水処理とありましたが、今回は500g一気に解凍したので、片面1分、まだ凍って固まっていたので裏返して1分と、ちょっと長めに置いてみました。すると真っ白だったマグロがピンク色になっているのがわかります。

2786-4マグロ


そろそろかなぁーと引き上げて、ひとつひとつキッチンペーパーで水分を拭き取ります。カチコチに凍っている時ははっきりわかりませんでしたが、こうしてみると意外に分厚いものがあったり、大きなマグロがあったり。

2786-5マグロ
2786-6マグロ


この時点ではまだ完全に解凍されているわけではないので、全体をキッチンペーパーで包んで冷蔵庫の下段に1時間半ほど置いておきます。
500gって結構な量ですね。普段スーパーで買う時は500gなんて買わないので、これはかなり食べ応えがありそうです。


まずは「マグロの漬け」を作ります



まぐろの漬けは以前ピーターさんが紹介していたレシピが美味しそうだったので、そのレシピを参考にアレンジを加えてみました。
超簡単!ピーターさん直伝「マグロの漬け」火曜サプライズで紹介
30分で4品!ピーターさんの超時短レシピ!|ヒルナンデス!


今回はマグロ500gすべてを「まぐろの漬け」にしたので、漬けの調味料は少々多めです。


材料


・マグロの切り落とし  500g
・日本酒        大さじ2
・ごま油        大さじ1/2
・白だし        大さじ1
・みりん        大さじ1と1/2
・醤油         大さじ1
・おろし生姜(チューブ)5㎝くらい
・すりごま       大さじ2
・ゆずごしょう     適量


作り方


1.ボウルに日本酒、ごま油、白だし、みりん、醤油、おろしショウガ、すりごまを混ぜて漬けダレを作ります。


2786-7マグロの漬け

下が透けて何だか不思議な写真になってますがガラスのボウルに入っています。

2.マグロの切り落としを漬けダレに入れてなじませるように軽くかき混ぜ、ラップをして冷蔵庫で寝かせます。


3.10分以上経てば「マグロの漬け」のできあがり!
ポイント
寝かせる時間は少しでも構いませんが、翌日までゆっくり寝かせてもかなり美味しい!




マグロの漬けのできあがりはこんな感じ。

2786-8マグロの漬け


このまま食べてもメチャメチャ美味しく、ご飯のお供やお酒のつまみにピッタリです。お好みでゆずごしょうやわさびを添えて食べるとまた格別の味わいです。濃い味がお好みなら、刺身醤油を少量かけても。


マグロの漬けで「マグロ丼」


2786-9マグロの漬け丼

材料


・マグロの漬け  適量
・ご飯      適量
・大葉      3~4枚(千切り)
・刻み海苔    適量
・ゆずごしょう  適量
・いりごま    適量


作り方


1.丼にご飯をよそい、マグロの漬けをたっぷりのせます。


2.お好みでいりゴマをひねりごまで散らし、漬けタレを上から回しかけ、千切りにした大葉と刻み海苔をトッピングします。


3.ゆずごしょうを添えれば「マグロ丼」のできあがり!




マグロの漬けで「竜田揚げ」


2786-10マグロの竜田揚げ

材料


・マグロの漬け  適量
・片栗粉     適量
・油       適量


作り方


1.マグロの漬けに片栗粉をまぶします。
ポイント
ビニール袋の中に片栗粉とマグロの漬けを入れてシャカシャカすれば簡単です。


2.余分な粉を落とし、170~180℃の油でカラッと揚げれば「マグロの竜田揚げ」のできあがり!
ポイント
マグロの漬けはそのままでも食べられるので、周りが揚がっていればOKです。



マグロの漬けに味がついているので油で揚げるだけで美味しい竜田揚げに。まわりはサクサク、中はしっとりジューシーな竜田揚げが味わえます。お好みでレモンやかぼす、すだちなどを搾ってさっぱりと。


写真に緑っぽいものが写っているのは大葉や海苔です。海苔や大葉を混ぜたマグロの漬けにそのまま片栗粉をまぶして揚げちゃいました。のりや大葉の香りも加わって美味しかったですよ。


今回お試しさせていただいた本鮪は、まぐろ屋新鮮組の冷凍マグロ。不揃いの切り落としとはいえ、本鮪の中トロがたっぷり500gも入ってこのお値段はお買い得。


味はかなり満足!500gあればいろんなマグロ料理が楽しめるし、贅沢気分も味わえました。


冷凍本マグロを美味しく食べるには、上手に解凍することが大前提。通販ページにも詳しく書かれているのでチェックしてみてくださいね。
賞味期限は冷凍保存で2週間、解凍後は2日です。


まぐろ屋新鮮組「本鮪中トロ切落し」のお取り寄せ、解凍方法はこちらから
まぐろ屋新鮮組 楽天市場店
関連記事