2373ご飯
*画像はイメージです



独特の辛さと甘さがクセになる!
山形のご飯のおとも


仕込み芥子糀に麻の実をあしらった無添加調味料
<山一醤油製造所>「あけがらし」
お取り寄せも可能です。

スポンサード リンク


2014年8月29日放送のTBS「ひるおび!」『ご飯のおともシリーズ』で紹介。


不思議な風味と味わいがクセになる!




<山一醤油製造所>の「あけがらし」 1瓶(140g) 702円(税込)


山一醤油の「あけがらし」は、独特の辛味と甘さが特徴の無添加調味料。和がらし、米こうじ、しょうゆ、三温糖、麻の実などを原料に、門外不出の製法で調合し、発酵、熟成させています。


現在は大女将と若女将の2人で完全手作りしているため、1回で作ることのできる量は400個分くらい。
そのため過去には予約が8ヶ月待ちになったこともあるのだそう。


その不思議な風味と味わいから「あけがらし」を調味料として使いたい東京や大阪のプロの料理人さんからの注文も多いそうですが、一番美味しくて贅沢な食べ方は、アツアツご飯にあけがらしをのせて食べること。


ということで、山一醤油の「あけがらし」をご飯にのせて食べた感想は…

八代英輝さん「おーっ!美味しい。コレおにぎりの中に入れても美味しいでしょうね」
江藤愛アナウンサー「おいしいー!」
宮崎哲弥さん「絶妙の配合ですよ」
三田寛子さん「子どもにあげたくない、こっそり食べたいような上等な美味しさ」
宮崎哲弥さん「女将さんと若女将さんがお二人で、女性が伝統を継承しているっていう、そういう温かみを感じます」
江藤愛アナウンサー「本当に美味しいです。麹の柔らかさの中に、所々麻の実のプチッとした食感がまたいいんですよね。コレ買いたーい、美味しい!」


あけがらしはあつあつご飯にのせて食べるのが一番オススメで美味しい食べ方だそうですが、納豆に混ぜたり、おひたしなどの和え物に使うのもおすすめの食べ方。


「あけがらし」の賞味期限は、未開封常温にて6ヶ月。
全国的にも人気のご飯のおともということで品薄状態が続いてなかなか手に入りづらいようですが、一度食べたら忘れられなくなるみたいですよ。


【会社紹介】(*商品に関する問い合わせ先)
社名 : 山一醤油製造所
住所 : 山形県長井市あら町6-57
電話番号 : 0238-88-2068
FAX番号 : 0238-88-2068
会社のHP : あけがらし本舗:山一醤油

*「あけがらし」は、山一醤油製造所のほか、日本橋三越本店や山形県内の観光施設、百貨店などでも購入できます。


<山一醤油>「あけがらし」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
山一醤油通販ページ
【楽天市場】あけがらし


ひるおび!で『ごはんのおともシリーズ』として同週に紹介されたご飯のお供は
・8/25(月)放送:餃子をかける!?「ご飯にかけるギョーザ」
・8/27(水)放送:コガヤ「旨唐佐賀牛」
・8/28(木)放送:上町池澤本店「土佐の赤かつお」
・8/29(金)放送:山一醤油「あけがらし」
でした。
*8/26(火)放送分は観ていないので分かりませんー。
関連記事