946餅文総本店の水ういろ
*画像はイメージです



発掘!ご当地スイーツの旅in愛知!
名古屋名物の進化系や変化形が登場


<餅文総本店(もちぶんそうほんてん)餅屋文蔵の店>「わらびういろ」<加藤珈琲店>「珈琲ぜんざい」<梅花堂>「鬼まんじゅう」

スポンサード リンク



2014年8月12日、スッキリ!!のうまいッス!!で『発掘!全国ご当地スイーツの旅~愛知編~』愛知県でみつけた絶品ご当地スイーツとして紹介。



進化した名古屋名物!
黒蜜&きな粉でぷるんぷるんの名古屋ういろ



<餅文総本店(もちぶんそうほんてん)餅屋文蔵の店>の「わらびういろ」 5個入り 648円(税込)


<餅文総本店>は、1659年(万治2年)創業、愛知県名古屋市南区豊に本店を構える名古屋ういろの老舗。


「わらびういろ」は、わらび餅のプルプル感とういろうのモッチリねっとり感を組み合わせた和菓子。


もちっとしているけれども歯切れの良い心地よい食感で、上品な甘さが口の中に広がる「わらびういろ」。
その秘密は、ういろうの元となる粉とわらび粉の比率にあるそうですが、そこは企業秘密!


とあるお湯の温度のときに2種類の粉を加えて2分以内に素早く混ぜ合わせなければ、このもっちりの食感は出ないとのこと。
1日に約9000個分の生地を職人さんが毎日手づくりしています。


こうして作られた生地は機械で1つずつ包装紙に入れられ、60分間蒸すことで、このモッチリ食感が作られています。


この見た目と新しい食感が評価され、「わらびういろ」は『なごや土産品デザイン優秀賞』を受賞。


わらびういろは、付属のきなこと黒蜜をかけまると、また違った味わいを楽しむことができます。


わらびもちと名古屋名物ういろを融合させた、餅屋文蔵の店の「わらびういろ」を食べた感想は…?

加藤浩次さん「わらび餅より切りやすい感じはあるね」
ロバート・キャンベルさん「わらびもちの頼りなさがないですね。しっかりしてる」
テリー伊藤さん「これは間違いないわ。ホントに美味しい」
杉野真実アナウンサー「もっちりモチモチ」
加藤浩次さん「ホント中間だぁ」
はるな愛さん「クセになるこれー。冷やして家で食べたーい」
ロバート・キャンベルさん「夏に最高!」


「わらびういろ」の賞味期限は製造日より常温で14日。
冷やして食べるとより一層おいしくいただけるようですよ。


【お店紹介】

店名 : 餅文総本店 餅屋文蔵の店(もちぶんそうほんてん)

住所 : 愛知県名古屋市熱田区池内町5-12
   
電話番号 : 052-884-0080

FAX番号 : 052-884-8334

営業時間 : 9:00~18:00

定休日 : 元旦のみ

駐車場 : あり

お店のHP : 名古屋ういろの元祖「餅文総本店」オフィシャルホームページ

*上記店舗以外では、本店(愛知県名古屋市南区豊2丁目36-24)、桃山店(愛知県名古屋市緑区桃山1-4)、元八事店(愛知県名古屋市天白区元八事4丁目153番地)に店舗があります。

<餅文総本店>「わらびういろ」はお取り寄せ可能です。

お店情報はこちらから
餅文総本店 餅屋文蔵の店 - 西高蔵/和菓子 [食べログ]

お取り寄せはこちらから
わらびういろ・黒ごまわらびういろ|名古屋ういろの餅文総本店ホームページ




やみつき必至!
グルメコーヒーが香るぜんざい



<加藤珈琲店>の「珈琲ぜんざい」 1人前 594円


加藤珈琲店の「珈琲ぜんざい」は、厳選したあんこのまわりに白玉と栗をトッピングし、贅沢にも金粉をふんだんにふりかけたスイーツ。
この状態で器に盛られて出てくるのですが、そこに、あんこに合うようにブレンドされたコーヒーをかけて混ぜて食べるのが加藤珈琲店の珈琲ぜんざい。


甘いものは食べないという作家の村上春樹さんも、加藤珈琲店のコーヒーぜんざいは「なかなかうまいんだ」と評価。


【amazon】地球のはぐれ方
【楽天市場】地球のはぐれ方


冷たい白玉栗ぜんざいに、あったかい珈琲をかけて食べるコーヒーぜんざい。
コーヒーの良い香りと苦み、そしてあんこの甘さが交互に来る感じと、冷熱の温度差も楽しみながら味わえるスイーツのようです。


加藤珈琲店の「珈琲ぜんざい」を食べた感想は…?

テリー伊藤さん「すごくよろしいと思います。すごく上品です」
加藤浩次さん「あ、おいしい」
はるな愛さん「おいしいコレ」
杉野真実アナウンサー「新しいー」
テリー伊藤さん「白玉がやわらかいでしょ。コーヒーと合うね。東京のお店でも出してほしいね」
加藤浩次さん「あんこに合うようにブレンドしてるコーヒーって感じですよね」


珈琲ぜんざいにかけるコーヒーは、普通に飲むコーヒーより色はちょっと薄く感じましたが、あんこに合わせてブレンドしたっていうのがすごく気になります。
名古屋には小倉トーストがあるから、あんこにコーヒーを組み合わせたっていう発想も面白いですね。


コーヒーぜんざいのお取り寄せはできませんが、白玉ぜんざいに加藤珈琲店のコーヒーをかけたら同じような味が楽しめるかも!?やってみたくなりますね。





【お店紹介】

店名 : 加藤珈琲店 栄店

住所 : 愛知県名古屋市東区東桜1-3-2 
   
電話番号 : 052-951-7676

FAX番号 : 052-951-7676

営業時間 :(平日)7:00~19:00(土日祝)8:00~17:00

定休日 : なし

駐車場 : なし

お店のHP : スペシャルティコーヒー専門商社honu加藤珈琲店

<加藤珈琲店>「珈琲ぜんざい」はお取り寄せできません。

お店情報はこちらから
加藤珈琲店 - 久屋大通/コーヒー専門店 [食べログ]

加藤珈琲店の珈琲のお取り寄せはこちらから
グルメコーヒー豆専門!加藤珈琲店
グルメコーヒー豆専門!加藤珈琲店 amazon店




ホクホクさつまいもの甘みたっぷり



<梅花堂(ばいかどう)>の「鬼まんじゅう」 1個 134円


<梅花堂>は、愛知県名古屋市千種区末盛通に店舗を構える和菓子店。


「鬼まんじゅう」は、梅花堂で一番人気のおまんじゅう。角切りにしたサツマイモがたっぷり入った黄色い蒸し芋饅頭。


昔は名古屋の家庭でよく作られていたという鬼まんじゅうですが、その名前の由来は、ゴツゴツとした鬼まんじゅうの形が鬼の金棒に似ているから、とも言われているのだそう。(*諸説あり)


角切りにしたサツマイモを小麦粉と砂糖で混ぜ合わせ、蒸して作った昔ながらの和スイーツ。ホクホクとした食感で、自然の風味たっぷりのサツマイモの甘みを感じる優しい味です。


梅花堂の鬼まんじゅうは、1日に約1000個も売れるという人気商品。


鬼まんじゅうの販売は朝9時15分から。
予約もできるそうなので、確実に手に入れるには前日までに電話予約をして行くといいみたいです。


【お店紹介】

店名 : 梅花堂(ばいかどう)

住所 : 愛知県名古屋市千種区末盛通1-6-2 
   
電話番号 : 052-751-8025

営業時間 : 8:00~17:00
     *鬼まんじゅうは9:15~

定休日 : 不定休

駐車場 : あり

<梅花堂>「鬼まんじゅう」はお取り寄せできません。

お店情報はこちらから
梅花堂 (ばいかどう) - 覚王山/和菓子 [食べログ]
関連記事