2732プリン
*画像はイメージです



秋田県の人気ご当地スイーツ!


露天販売で大人気の「ババヘラ」<SHIKISAI>「ハチ公プリン」<お菓子のくらた>「醤油ろうる」
お取り寄せも可能です。

スポンサード リンク



2014年7月15日、笑いと情報をとりホーダイ!バイキング - フジテレビで『秋田県の人気ご当地スイーツ』として紹介。


ゲストが秋田県出身の柳葉敏郎(やなぎばとしろう)さんということで、秋田のご当地スイーツを3つ紹介していました。


秋田県民なら誰もが知ってるアイス!




「ババヘラ・アイス」 1個 200円(税込)


「ババヘラ・アイス」は、秋田県民なら誰もが知っているという露天販売のシャーベット。
国道沿いや公園、道の駅など、人が集まる場所に出没するご当地アイスです。


カラフルなビーチパラソルが目印で、そこでは年配のおばちゃん(ババ)がヘラを使って上手にアイスをコーンに盛りつけてくれます。
その様子を昭和50年頃の女子高生が「ババヘラ」と呼び始めたのがきっかけで、この名称が定着したといわれているそうです。


ババヘラは2色のジェラート盛りが一般的ですが、バラの花のように盛りつけてくれるババヘラ達人も。


ピンクはイチゴ味、黄色はバナナ味のシャーベット。
さっぱりとした味のシャーベットなので、夏の暑い日にはもってこい!
ババヘラは、小さなお子さんから大人まで大好きな秋田のソウルフードです。


調べてみると、ババヘラ味のミルキーなんてものまであるんですね。
ババヘラ、愛されてるなぁー。



「ババヘラ」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
【楽天市場】ババヘラ
【Yahoo!ショッピング】ババヘラ




秋田生まれで渋谷育ちの…
濃厚さとコクが自慢のご当地プリン!




<四季菜(しきさい)>の「ハチ公プリン」 6個入り 1,296円(税込)


忠犬ハチ公といえば渋谷駅前の…?と思いますが、実は秋田県出身。


「ハチ公プリン」は、平成18年度の秋田県特産品コンクールで最優秀県知事賞を受賞した秋田のご当地スイーツ。


その美味しさの秘訣は…
日本三大地鶏・比内地鶏(ひないじどり)の卵を贅沢に使用し濃厚に。
そして、こだわりの牛乳、生クリームでまろやかなコクを生み出しています。


秋田生まれのハチ公プリン、賞味期限は常温で製造日より90日と日持ちもするのでお土産にもぴったり。
秋田空港や大館空港のほか、東京・有楽町の東京交通会館や渋谷でも購入できますよ。





【お店紹介(会社紹介)】

店名 : 株式会社 四季菜(しきさい)

住所 : 秋田県秋田市太平八田字和岱58-1
   
電話番号 : 018-838-2570(0120-38-4531)

FAX番号 : 018-838-2988

お店のHP : 秋田の銘菓・お土産通販サイト【秋田 四季菜】

<四季菜(SHIKISAI)>「ハチ公プリン」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
【楽天市場】ハチ公プリン
【amazon】ハチ公プリン
【Yahoo!ショッピング】ハチ公プリン




意外な組み合わせ!
お醤油を使ったロールケーキ




<お菓子のくらた>の「醤油ろうる」 1本 1,350円(税込)


<お菓子のくらた>は、1853年(嘉永6年)創業、秋田県湯沢市黄金原に本社工場を構えるお菓子の老舗。


「醤油ろうる」は、スポンジ生地とクリームに醤油を混ぜ込んだロールケーキ。
1日に400個売れることもあるという、お菓子のくらたの一番人気商品。


スタジオゲストの柳葉敏郎さんも食べたことがあるようで「ウマいよー、コレ」と。


あきたこまちの米粉を加えたスポンジ生地は、モチモチっとした独特の食感。
濃口醤油がスポンジ生地にも生クリームにも入った、和と洋が融合した醤油味のロールケーキ。


「お醤油は発酵食品なので。いろんな物質の中にバニリンがあって、バニラと融合して美味しくなるんです」とお店の方。


生クリームの主な成分であるバニリンが醤油にも入っているため、実はとっても相性が良い!とのこと。


お取り寄せは冷凍便。
もちもちの醤油ロールケーキ、飲み物は日本茶が合うのかな。


【お店紹介(会社紹介)】

店名 : お菓子のくらた(株式会社くらた)本社工場

住所 : 秋田県湯沢市黄金原1番地
   
電話番号 : 0183-73-5185

FAX番号 : 0183-73-5187

お店のHP : お菓子の通販サイト お菓子のくらた

<お菓子のくらた>「醤油ろうる」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
【楽天市場】お菓子のくらた
【Yahoo!ショッピング】醤油ろうる
関連記事