2716レモン
*画像はイメージです



江角マキコさんの『レモン塩レシピ
「鶏肉とアスパラ・パプリカの塩レモン炒め」の作り方(レシピ)!


基本的な「塩レモン」の作り方も!

スポンサード リンク



2014年7月1日、笑いと情報をとりホーダイ!バイキング - フジテレビで紹介。


最近話題沸騰中の新調味料といえば「塩レモン」。
塩麹を凌ぐ勢いだと言われている調味料ですが、その実態はいわゆるレモンの塩漬け。


レモンソルトとも呼ばれるモロッコなどで使われている伝統の調味料で、鶏肉の煮込み料理やタジン鍋、サラダなど様々なお料理に使うことができます。


レシピ検索サイト、クックパッドでもここ2ヶ月間で検索数が30倍に急増しているとか。


塩レモンのレシピ本も多数出版されていて、どれも人気のようです。




作り方は超簡単で、しかも長期保存可能とくれば、これは作るしかないでしょ♪
ということで、基本的な塩レモンの作り方と、江角マキコさんおすすめの塩レモンを使ったお手軽レシピが紹介されていました。


まずは基本の塩レモン!
お手軽!『塩レモン』の作り方(レシピ)



材料


・レモン
・塩


作り方


1.きれいに洗ったレモンを輪切りやくし切りなどお好みのサイズにカットします。


2.密閉できる容器を準備し、レモンに塩が染み込むようにレモンと塩を一定間隔で交互に入れて何層にもしていきます。


3.容器の蓋を閉め、冷蔵庫で1ヶ月ほど熟成させれば「塩レモン」のできあがり!




レモンの酸味と塩分がまろやかになったレモン塩は魔法の調味料!


レモンは皮ごと漬けて皮ごと食べるので、レモン塩に使うレモンはワックス無しのレモンを選んだ方が安心して食べられますね。





江角マキコさんおすすめレシピ!
さっぱりと鶏肉が食べられる
『鶏肉とアスパラ・パプリカの塩レモン炒め』の作り方



材料(2人分)


・鶏もも肉   200g
・アスパラガス 1束
・赤パプリカ  1/2個
・塩レモン   レモン1/2個分


作り方


1.鶏もも肉を一口大にカットし、パプリカ、アスパラガスは食べやすい大きさに、塩レモンはみじん切りにしておきます。


2.アスパラは軽く火を通しておきます。茹でてもレンジ加熱でもOKです。


3.フライパンで鶏もも肉をこんがり焼き色がつくまで炒め、火を通しておいたアスパラとパプリカを加えて炒め合わせます。


4.みじん切りにした塩レモンを加え、サッと炒め合わせれば「鶏肉とアスパラ・パプリカの塩レモン炒め」のできあがり!



できあがりはこんな感じ

2716-1鶏肉とアスパラ・パプリカの塩レモン炒め


あっという間にできて、さっぱり美味しい塩レモン炒め。
「鶏肉とアスパラ・パプリカの塩レモン炒め」を食べた感想は…

すみれさん「あ、おいしい!塩タン(タン塩)の味がする!」
板尾創路さん「ホンマや。さっぱりしてて。塩味とね、キューンって何かレモンに塩搾ったみたいな。美味しい」
小籔千豊さん「味付けが塩とレモンだけなので、カロリーオフにもなるんじゃないですか」


スタジオには塩レモンを使った料理が他にも登場。
エスニックっぽい味になるという「塩レモンチャーハン」に、くし切りにしたトマトにパセリのみじん切りと塩レモンのみじん切りをかけた「塩レモントマト」。


「塩レモントマト」を食べたEXILE・NAOTOさんは、
「爽やかな味しますね。僕そんなにトマト好きじゃないんですけど。まさかトマト回ってくるとは」
と、まさかの発言!


でも、トマトが好きじゃない人でもレモン塩を使うことで、美味しく爽やかに食べられるってことみたいですね。


塩レモンのレシピ本のお取り寄せはこちらから
【amazon】塩レモン
【楽天市場】塩レモン
関連記事