2678讃岐うどん



向井亜紀さんおすすめの本場さぬきうどん
地元の人が教えてくれた絶品讃岐うどん!


<さぬき麺業>「手さげ半生うどん」
お取り寄せも可能です。

スポンサード リンク


2014年5月24日放送の旅サラダ『日本全国 コレ!うまかろう!!』で、向井亜紀(むかいあき)さんが紹介。


向井亜紀さんは、仕事で香川に行った時に「うどん県でうどんを食べよう!」と思っていたのに、忙しくてなかなかうどんが食べられなかったのだそう。
そしたら仕事先のスタッフが「これがおススメです!これを持って帰って、おうちで家族で召し上がってください」と、このうどんをいただいたとのこと。


その地元の方がおすすめしてくれたさぬきうどんがすごく美味しかったので、それから箱でお取り寄せしている…というさぬきうどんがこちらっ!


<さぬき麺業>の「手さげ 半生うどん」 300g×2袋(6人前) 755円(税込)
*めんつゆ付き


<さぬき麺業>は、1964年(昭和39年)設立、香川県高松市松並町に本社を構える製麺業者。
昭和39年当時の高松市周辺の製麺業者30数店が出資して設立した会社で、さぬきうどんの製造や手打ちうどん店の運営を手がけています。


さぬき麺業のうどん店は、地元のみならず観光客にも大人気の讃岐うどんの名店。


向井亜紀さんおすすめの「手さげ半生うどん」は、老舗うどん店がお土産用に開発した、讃岐うどん独特ののど越しともちもち感がたまらない逸品。


さぬきうどんは何と言っても「うどんのコシ!」
「手さげ半生うどん」は、昔ながらのさぬきうどんの製法を忠実に守りながら作ったうどんだとのこと。


「手さげ 半生うどん」こだわりの製法とは…

香り豊かなオーストラリア産の小麦粉を使用。
水と合わせるのは良質な瀬戸内海の塩。
その日の温度などによって量を細かく調整し、小麦粉に混ぜ合わせていきます。

そしてうどん作りに欠かせないのが、全体重をかけて生地を踏む工程。
昔ながらの足踏み製法でさまざまな方向から圧力をかけて踏むことで、コシの強い麺に。
職人さんは、うどんの生地との対話をしながら、自分の足で感じながら、1日に5時間も踏み続けているのだそう。

その後機械でゆっくりと生地を伸ばし、カットしていきます。

麺の美味しさを逃がさないように、約2時間半じっくり低温乾燥させればできあがり!


冷水で締めたうどんに、かつおぶしの風味豊かなオリジナルのつゆをかければ、弾力とのど越しのバランスが絶妙な本格さぬきうどんが楽しめます。


つやっつやの「手さげ 半生うどん」を食べた感想は…

神田正輝さん「うん!いい歯ごたえ」
勝俣州和さん「うまーい!」
ヨネスケさん「コシがあるねー、コレ!(しゃもじ)5つですよ!ダシがウマいですね」
三船美佳さん「最高ー!うどんの風味もすごくいいですね、コシも」


手さげ半生うどんにはお出汁(めんつゆ)も付いているので、うどんをゆがいてネギを刻むだけで、コシのある美味しい本場の讃岐うどんが味わえますよ。




【会社紹介】(*商品に関する問い合わせ先)
社名 : さぬき麺業株式会社
住所 : 香川県高松市松並町933-1    
電話番号 : 087-867-7893
FAX番号 : 087-866-5259
会社のHP : 手打免許 さぬき麺業

*さぬき麺業の店舗情報は店舗案内 | 手打免許 さぬき麺業をご確認ください。


<さぬき麺業>「手さげ半生うどん」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
さぬき麺業インターネット店
関連記事