2665牛乳



骨を鍛えると若返る!
骨粗しょう症の予防に『乳和食(にゅうわしょく)』
骨にも良い、牛乳をつかった乳和食とは!?
乳和食定食を食べて健康に!「ミルクとん汁」「かぼちゃのミルク煮」「乳清ごはん」「さばのミルク味噌煮」の作り方(レシピ)!


カルシウムを補って、骨を強くし、肌を若返らせる乳和食。
「ミルクとん汁」「かぼちゃのミルク煮」「乳清ごはん」「さばのミルク味噌煮」で、乳和食御膳を作ってみよう!

スポンサード リンク



2014年5月11日放送、駆け込みドクター!運命を変える健康診断 | TBSテレビで紹介。


日本人が1日に必要とする栄養素のうち唯一足りていないのが『カルシウム』!(出典:平成24年国民健康・栄養調査)
そこで今、注目されているのが「ニュー和食」


ニュー和食とは、新しい和食という意味と、牛乳を使った「乳(にゅう)和食」の2つの意味をかけたネーミングだとのこと。


そんな乳和食のレシピを教えてくれたのは、「頭のいい子に育つ 育脳レシピ」の考案など、テレビや雑誌などで活躍されている管理栄養士・料理家の小山浩子さん。


【amazon】小山浩子
【楽天市場】小山浩子


和食はヘルシーで健康的なイメージがありますが、塩分が高くなりやすく、カルシウムが不足しがち。その和食に牛乳をとりいれることで、減塩ができ、カルシウムも摂れ、栄養バランスも良くなって、美肌効果も期待できるとのこと。


乳和食は、牛乳のコクや旨味がダシの代わりとなって、塩分を抑制、さらにカルシウム不足を補い、肌の若返りも期待できるといういいコトづくめにも思えるお料理です。


乳和食レシピ(その1)
『ミルクとん汁』の作り方(レシピ)



材料(2人分)


・熱湯     250ml
・かつおパック 1袋
・しゃがいも  1/2個(薄切り)
・にんじん   1/3本(半月切り
・玉ねぎ    1/4個(薄切り)
・豚バラ肉   50g
・牛乳     100ml
・みそ     大さじ1
・あさつき   適量


作り方


1.かつおぶしで取っただし汁に、切っておいたじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、豚バラ肉を入れ、10分ほど煮込みます。


2.牛乳を加えて軽く混ぜ、お味噌を溶かし入れたら「ミルクとん汁」のできあがり!


3.器に注いで、あさつきを散らしていただきます。



お味噌の量は通常の半分。牛乳を加えることで味にコクと深みを生み出します。
見た目は薄いシチューのような仕上がりですが、しっかりお出汁の効いた美味しい豚汁に。


ポイント
通常の豚汁の塩分は2.4g、カルシウムは39㎎に対し、
ミルクとん汁の塩分は1.3g、カルシウムは85㎎!


スタジオで「ミルクとん汁」を食べた感想は…
・すごく白い
・めちゃくちゃ美味しい!
・(お味噌が)通常の半分でこのコクが出るんですね



乳和食レシピ(その2)
『かぼちゃのミルク煮』の作り方(レシピ)



材料(2人分)


・かぼちゃ  200g
・牛乳    200ml


作り方


1.フライパンにかぼちゃと牛乳を入れ、牛乳の水分がなくなるまで煮込めば「かぼちゃのミルク煮」のできあがり!



調味料を使わずに煮込むミルク煮は、素材の味が感じられる一品。


ポイント
通常のかぼちゃの煮物の塩分は0.5g、カルシウムは19㎎に対し、
かぼちゃのミルク煮の塩分は0.1g、カルシウムは128㎎!



乳和食レシピ(その3)
『乳清ごはん』の作り方(レシピ)



ご飯を炊くのに牛乳を一度形を変化させて作ったお汁「乳清(にゅうせい)」で炊きます。

「乳清」の作り方


1.お鍋に牛乳を入れて80~90度に温め、少量の米酢を加えます。


2.米酢を加えると化学変化を起こして分離するので、それをクッキングペーパーなどをひいたザルなどで漉します。


3.乳成分を濾してできた透明な水分が「乳清」です。


ポイント
乳清にはビタミンやミネラルがたっぷり含まれています。


「乳清ごはん」の材料(2人分)


・乳清  200ml
・米   2合
・水   適量


作り方


1.お米1合に対し、100mlの乳清を注ぎ、炊飯器のメモリに合わせて足りない水分は水を加えます。


2.普通に炊飯すると「乳清ご飯」のできあがり!



乳清で炊いたご飯は、お米が輝いて旨みが引き立ちます。


ポイント
乳清で炊いたご飯は、甘みもさることながら、栄養価抜群のご飯になります。


スタジオで「乳清ごはんのおにぎり」を食べた感想は…
・もちもちしてる
・かすかに甘みがある
・牛乳の臭みがない



乳和食レシピ(その4)
『さばのミルク味噌煮』の作り方(レシピ)



材料(2人分)


・さば   2切れ
・酒    大さじ2
・みそ   大さじ1
・砂糖   大さじ1
・赤唐辛子 1本(半分に切って種を取っておく)
・牛乳   100ml


作り方


1.お鍋にサバを入れ、その上に赤唐辛子を置き、酒、砂糖、味噌、牛乳を加えます。


2.落し蓋をして10分煮込めば「さばのミルク味噌煮」のできあがり!



牛乳が青魚特有の臭いを取り除き、魚の旨みを全面に引き出してくれます。


ポイント
通常のさばの味噌煮の塩分は2.5g、カルシウムは25㎎に対し、
さばのミルク味噌煮の塩分は1.4g、カルシウムは71㎎!



骨が若返って、塩分は控えめ、しかも美肌効果も期待できるという乳和食御膳。
「ミルクとん汁」「かぼちゃのミルク煮」「乳清ごはん」「さばのミルク味噌煮」の4品を通常の味付けで作った場合と比較すると、塩分は大幅に抑えられて、カルシウムは2倍以上!

通常 ⇒ エネルギー:692カロリー、塩分:4.9g、カルシウム:79㎎
乳和食⇒ エネルギー:625カロリー、塩分:2.8g、カルシウム:170㎎


この乳和食について、先生方の見解は…

循環器科の池谷敏郎先生「塩分を摂り過ぎると血圧が上がって不安定になる方もいますし、血管の壁にダメージを与えて動脈硬化を起こしてしまうことも言われています。ダシをとることで塩分を控えられる食品は非常に高血圧の管理にも役に立つんじゃないかなと思います」

内科・皮膚科の友利新先生「カルシウムは骨だけというイメージがありますけど、実は肌にいいんです。肌のバランスを整える、正常に保つというはたらきもあるので、女性には摂ってほしい栄養素のひとつです」

とのこと。


美味しくて健康にも美容にも良いという乳和食。
試してみたくなりますね。



【amazon】小山浩子
【楽天市場】小山浩子



強くてしなやかな骨に大切なのはコラーゲン!



骨の柔軟性を生みだしているのはコラーゲンで、骨の体積の約50%を占めています。
強い骨には、カルシウムの摂取だけでなく、コラーゲンも大事なのです!


加齢とともにコラーゲンの代謝機能が衰えて骨が弱くなってきます。
コラーゲンが老化すると、骨が弱くなるだけでなく、保湿力が衰えてお肌のシワやたるみの原因のひとつになってきます。


コラーゲンの老化を抑える食べ物



レバーや唐辛子、バナナ、のり、貝類、チーズなど、ビタミンBが豊富に含まれている食材を摂ることを心がけましょう。


コラーゲンはカルシウムの吸収を助けるはたらきがあるので、バランスよく摂取することで体の芯から若返る!
カルシウムとコラーゲンで丈夫な骨を作りましょう♪


糖分の過剰摂取は、糖化現象によってお肌の老化にもつながるそうです。
スイーツの食べ過ぎには注意が必要ですね…

関連記事