2634地引き網
*画像はイメージです



地引き網で獲れた「コノシロ」でクッキング!
ホントは「サバ」で「スパイシー サバフライ・トルコ風」だったんだけど、急遽メニュー変更


とれたて魚で激ウマ時短クッキング
5分で簡単!「スパイシー コノシロフライ」を作ってみよう!

スポンサード リンク



2014年4月21日放送の笑いと情報をとりホーダイ!バイキング - フジテレビ、サンドウィッチマンの日本全国地引網中継『とれたて魚で激ウマ時短クッキング』で紹介。


神奈川県藤沢市片瀬海岸西浜(湘南)で地引網!
今回のターゲットは「サバ」!
でも獲れなかったんで、「コノシロ」でクッキング♪


今回お料理を教えてくれるのは、世界の塩に精通した料理研究家・山田英季(やまだひですえ)先生。なかなかのイケメン先生です。


山田英季のおうちで塩レシピ


サバが地引網に入っていなかったので、急遽メニュー変更。
「スパイシー サバフライ・トルコ風」改め、「スパイシー コノシロフライ」!


5分でできる!魔法の塩レシピ!
『スパイシー コノシロフライ』の作り方



材料


・コノシロ      1匹
・卵         1個(溶き卵)
・小麦粉       100g
・パン粉       80g
・クミン       小さじ2
・チリパウダー    小さじ2
・塩(シチリア産岩塩)2つまみ
・黒コショウ     少々
・白コショウ     少々
・イタリアンパセリ  適量
・サラダ油(揚げる用)

サラダと付け合せ材料


・レモン       1個
・赤玉ねぎ      1/4個
・レタス       4枚
・プチトマト     6個
*レモン以外はサラダの材料なので、お好みの野菜でOKです。


作り方


1.コノシロの頭、ウロコ、内臓を取って3枚におろし、身を半分くらいの大きさに切っておきます。


2.コノシロの身の両面に、岩塩と白コショウをふりかけて下味をつけます。
ポイント
・シチリア産の岩塩を使うと素材に馴染みやすい。(普通の塩でも大丈夫ですが、多少味は変わるとのこと)


どこのメーカーの塩を使ったのか紹介はありませんでしたが、ギャバンのシチリア産岩塩だったらスーパーにもあるのでは。



3.パン粉にクミン、チリパウダー、黒コショウを混ぜます。
ポイント
・パン粉にスパイスを混ぜておくことで魚の生臭さがなくなります。
・チリパウダーはそんなに辛くないのでお子さんでも大丈夫ですが、気になる場合は量を調整してください。


4.下味をつけた2.のコノシロの身に小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせて、スパイスを混ぜた3.のパン粉をまんべんなくつけます。


5.180℃に熱した油で約1分半揚げます。


6.お皿にサラダを盛り付け、その上に揚がったコノシロフライをのせ、刻んだイタリアンパセリをふりかけたら「スパイシー コノシロフライ」のできあがり!


7.レモンをたっぷり1個分搾っていただきます。
ポイント
・レモンをたっぷり搾ると、さっぱり爽やかな味わいが楽しめます。



できあがりはこんな感じ
2634-1コノシロフライ


味つけは岩塩とスパイス類、そしてレモン。
下味がしっかりついているので、お醤油やソースをつけなくても美味しくいただけます。


今回は完成までに5分10秒位かかってて坂上忍さんが「時間!!」って言ってたけど、料理工程を説明するボードを映している間、料理をする手を止めて待ってくれているので少しくらいのオーバーは仕方ないですよね。
しかもサンドウィッチマンの二人がおふざけをするし。
そこが面白いんだからー


先週の記事に「2週続けて晴れてたから良かったけど、雨の日はどうするんだろ??」って書いたら、今週雨になりましたね。
今週は料理コーナーを早めに始めて、料理が出来上がった頃に降りだしたからギリギリセーフ。


番組最後の呼びかけで映されるサンドウィッチマンも、いつもメッチャ面白い!!
マツコ・デラックスさんもホラン千秋さんも、地引網クッキングのコーナーが好きだそうですよ。
来週は鹿児島で地引網!またまた楽しみですね♪
関連記事