2009ボロネーゼ
photo by sun_summer
*画像はイメージです



8人家族でも1ヶ月の食費は3万円!
大家族、吉澤家秘伝の節約レシピは『腐らないミートソース』?
使い回しがきいて食費の節約にもなる「ミートソース」の作り方(レシピ)!


いろんな料理に使えて便利な常備菜!
「吉澤家秘伝!冷蔵で長期間腐らないミートソース」を作ってみよう!

スポンサード リンク



2014年4月4日、笑いと情報をとりホーダイ!バイキング - フジテレビ『小林麻耶が大家族に学ぶ、ちょい知恵生活バイキング』で紹介。


今回おじゃましたのはご夫婦とお子さん6人の計8人という大家族、吉澤家。
食べ盛りのお子さんがいるにも関わらず、1ヶ月の食費はなんと3万円!


それにはご主人のお父さまから教わった秘伝のメニューがある、ということで教えてくれたのが「腐らないミートソース」。
冷凍しなくても、作ってタッパーに入れて冷蔵保存で、普通に2ヶ月くらいはもつというのです。


ミートソースなので、パスタにはもちろんのこと、ピザやグラタン、煮込み、餃子など、20種類以上の料理に使い回せる万能ソース!


でも、本当に腐らないの???と思いましたが、そこには秘密があったのです。
それは…
『セロリ』!


セロリは元々食用としてではなく、薬用や防腐剤として栽培・利用されていた野菜。栄養もたっぷりで、子どもたちにとっても嬉しい野菜だとのこと。
そう!冷凍しなくても長期間腐らない秘密の食材は『セロリ』だったのです。


ということで、教えてくれたレシピがこちら。

吉澤家秘伝レシピ!
『冷蔵で長期間腐らないミートソース』の作り方



材料


・ひき肉     1.2kg(1200円)
・セロリ     1本(葉もすべて使用)(150円)
・タマネギ    8個(300円)
・にんじん    6本(200円)
・トマトホール缶 7個(800円)
・ケチャップ   5本(700円)
*()内の金額は、番組内で紹介されたものなのでご参考まで。


作り方


1.タマネギ、にんじん、セロリをみじん切りにします。セロリは茎の部分だけでなく、葉の部分もすべてみじん切りにして使います。


2.大きな寸胴でひき肉を炒め、そこにみじん切りにした1.の野菜をすべて加え炒め合わせます。


3.トマトホール缶7個分を加えて煮込み、ケチャップ5本分も加えて味付けし、さらに煮込みます。


4.これを丸2日間じっくり煮込めば「冷蔵で長期間腐らないミートソース」のできあがり!




一気に大量に作るので、一度にかかる費用は3350円(上記価格で計算)ですが、長期間、いろんなメニューに活用できるので経済的。ベースの味が決まっているのでアレンジも簡単ですよね。


取材に行った日のメニューは、このミートソースを使った「ミートソースのチキン煮込みとリゾット」。
食べてみた小林麻耶さんは「うーん!美味しい!おいしいー!!お店屋さんみたいですね!しかも全然セロリの風味もないし、味も全くないです」と。


私はセロリがどうしてもダメで、どんなに細かく切っててもダメなんですが、お肉やほかの野菜と一緒に丸二日間もじっくり煮込んでいれば風味も味も残っていないのでしょうか。それだったら食べられるかもしれないんだけど。


でも、冷蔵で2ヶ月保存可能ってスゴいですよね。
消費税も上がったことだし、常備菜、節約レシピとして必須アイテムになってくるかも!?


上記レシピの分量だと、一般のお宅ではさすがに多すぎますよね。
半分くらいの分量で作ってみてもいいかもしれませんが、防腐効果を発揮してくれる『セロリ』は忘れずに入れましょう!茎の部分よりも葉の部分のほうが栄養も防腐効果も高いそうです。


最後に…
渡辺えりさんがちょっとキレ気味で小林麻耶さんに言ってたことば。
「なんでミニスカートに白っぽい格好で行ったの?最初から手伝う気がないっていうような格好で。普通ジーンズかジャージでしょ?謙虚さがないでしょ。それが気になっちゃって」
「あなたはブリっ子の度を越してるからお嫁に行けないと思います!」


小林麻耶さんも必死に言い訳してましたが、どうなんでしょ。
確かに遊びに行ってる感じではありましたね。
女性からだけでなく、スタジオの男性陣からも「イラッとする」と言われていた小林さんでした。
関連記事