2567いちご大福



食べると恋する人気の和菓子!


岡田将生さんが食べて、そのお菓子の由来を尋ねた
<秩父庵 玉木家(たまきや)>「恋するいちご大福」「満願饅頭(まんがんまんじゅう)」
お取り寄せも可能です。

スポンサード リンク



2014年3月7日、ぴったんこカン★カン|TBSテレビ『濱田岳さん&岡田将生さんが、絶品秩父グルメを食べ歩き!』で紹介。


昔、秩父神社の表参道だったという番場通りの番場商店街は、今でも昭和の風情が色濃く残っている通り。


まず安住アナウンサーと立ち寄ったお菓子屋さんが、1937年(昭和12年)創業の<玉木家>。
秩父の地元素材を使った商品を扱う和菓子店です。





そこで3人が食べたのが「恋するいちご大福」。



<秩父庵 玉木家>の「恋するいちご大福」 1個 137円


「恋するいちご大福」は、秩父産の大粒いちごをモチモチのお餅と北海道産小豆の餡でサンドしたいちご大福。
餡は、こしあん、つぶあん、抹茶あんの3種類から選ぶことができます。


濱田岳さんと岡田将生さんが「せーの!」で選んだのは、こしあんの恋するいちご大福。


食べた感想は…
濱田岳さんは笑顔で「うーん、美味しい!」
岡田将生さんは顎関節症なのか、なかなか口を大きく開けられずに苦戦しながらも美味しそうに食べていました。


そんな岡田将生さんの姿を見た安住アナウンサーは「小学校の女の子みたいにかわいいですね」と笑いながら「こしあんは甘さ控え目なんですね」と食レポも忘れません。


「恋するいちご大福」の名前の由来を岡田将生さんがお店の方に聞くことに。
岡田将生さん「恋するいちご大福って、いちご大福に恋しちゃうぞってことなんですか?」
店員さん(お母さん?)「そうですね」
岡田将生さん「恋しちゃいました」


その後、濱田岳さんと安住アナの指令通り、お母さんの恋愛話も聞き出していた岡田将生さん。


そしてお母さんから「これも美味しいんですよ。名前がいいでしょ?」とオススメされたのが「満願まんじゅう」。



<秩父庵 玉木家>の「満願饅頭(まんがんまんじゅう)」 1個 105円


「満願饅頭」は、秩父の札所34番の近くの『満願の湯』の温泉水を皮と餡に練り込んだ黒糖まんじゅう。こしあんたっぷり、ミネラルたっぷりのやさしい甘さのおまんじゅうです。


2人にイジられてる超天然っぽい岡田将生がかわいすぎる!
濱田岳さんに「好きでいてくれてありがとね」と言ってた顔もとってもキュートでした♪
って私ったら珍しく、食べ物よりも岡田将生くんに釘付けになっちゃってたよ!


【お店紹介】

店名 : 秩父庵 玉木家(ちちぶあん たまきや)

住所 : 埼玉県秩父市番場町9-5  
   
電話番号 : 0494-22-0810

FAX番号 : 0494-24-8821

営業時間 : 11:00~19:00

駐車場 : なし

<秩父庵玉木家>「恋するいちご大福」「満願饅頭」はお取り寄せ可能です。

お店情報はこちらから
秩父庵玉木家 (ちちぶあんたまきや) - 御花畑/和菓子 [食べログ]

お取り寄せはこちらから
秩父庵玉木家
【楽天市場】玉木家
関連記事