2120ご飯
*画像はイメージです



滋賀名物の小あゆの佃煮
これはご飯が止まらない!


本上まなみ(ほんじょうまなみ)さんの今朝のおめざは、
<鳥善(とりぜん)>「小あゆ煮(こあゆに)」
お取り寄せも可能です。


スポンサード リンク


2014年3月5日、本上まなみ(ほんじょうまなみ)さんがTBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」で【おめざ】として紹介。


<鳥善(とりぜん)>の「小あゆ煮(こあゆに)」(甘露煮) 100g 580円


<鳥善>は、滋賀県東近江市に店舗を構える、食料品・和洋酒小売、仕出しお料理のお店。琵琶湖でとれた湖魚を使って作った佃煮が自慢のお店です。
Google Mapsで見ると<リカー&フードショップ 鳥善>という看板が確認できます。


「小あゆ煮」は、今の時期しか獲れないあゆの稚魚を、代々引き継がれた製法と甘い煮汁でじっくりとやわらかく炊き上げた絶品ご飯のおとも。
スタジオには本上まなみさんオススメの食べ方ということで、炊きたてのご飯も一緒に用意されていました。


「これはぜひみなさんに食べていただきたいなと思ったんですけど。こちら(鳥善)の佃煮はどれも絶品で、特に私は小あゆ煮が大好きなんです。滋賀の名物です」と本上まなみさん。


本上さんの旦那さまの実家が滋賀で、結婚してから小あゆ煮をずっと食べているのだそう。


鳥善の「小あゆ煮」をご飯と一緒に食べた感想は…

いとうあさこさん「いい香りー。美味しい!あゆの味もちゃんとして!やわらかく炊いてますね。おいしいー」
岡江さん「美味しいよ、コレ!!味がいいですね!」
薬丸さん「美味しいー!これは小さいお子さんもいいですよね、うん!」


産後は義理のお母さんが「カルシウム取られるし、いっぱい食べなー」と言って送ってくれて食べていたのだとか。
今は本上さんが京都に住んでいるので、しょっちゅう食べているそうです。


鳥善には、ほかにも琵琶湖の本諸子(ホンモロコ)とか、鯉の飴炊きとかがあって、川魚(湖魚)を煮た佃煮がすごく美味しいとのことです。


鳥善の小あゆ煮、かなり美味しそう!!
岡江さんもニコニコしながら「止まらない」と言ってずっと食べていましたし、薬丸さんも質問をしながらずっと口に運んでいました。
本当に美味しいものを食べた時の光景でしたよ♪


【会社紹介(お店紹介)】(*商品に関する問い合わせ先)

店名 : 有限会社 鳥善(とりぜん)

住所 : 滋賀県東近江市佐生町164-5
   
電話番号 : 0748-42-0238

FAX番号 : 0748-42-6083

駐車場 : あり

会社情報 : 有限会社 鳥善


<鳥善>「小あゆ煮」はお取り寄せ可能です。
お取り寄せはお電話、FAXで。


大きな地図で見る
関連記事