2526チョコレート効果
*画像はイメージです



知らないと損!!
血圧を下げる意外な食べ物


常識を覆す最新の医療
高血圧の改善にはチョコレート!?


ただし、種類と食べ方に注意が必要ですよ♪

スポンサード リンク



2014年2月6日、TBS『はなまるマーケット』の特集で『知らないと損!常識を覆す最新の医療』として紹介。


血圧を下げる意外な食べ物
高血圧低下に効果的な食べ物はチョコレート!?



【楽天市場】ゴディバ タブレット 72%ダーク
【amazon】ゴディバ タブレット 72%ダーク


30代以上の3人に1人が問題を抱え、国民病のひとつと考えられている『高血圧』


医療法人社団 池谷医院 内科・循環器科・小児科 池谷敏郎院長によれば、女性の高血圧は、特に危険性が高い!!
女性は更年期があるので、そこで大きくホルモンバランスが変わり、いわゆる体質が変わってくるので、急に血圧が上がってくることがある、とのこと。



ここ10年で、これだけ変わった!最新医学常識99


女性は若い時に低血圧の方が圧倒的に多く、いつまでも自分が低血圧だと信じて疑わなくなり、血圧を測らなくなります。
そうするといつの間にか血圧が上がっていて、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞を起こす危険性が高まるのです。


そんな高血圧の改善に、世界中で期待されている食べ物が「チョコレート」!


ケルン大学病院 心臓病センターのステファン・バルデス所長によると、研究で、血圧を下げて血管を拡張させる効果が「ダークチョコレート」にあることがわかった!とのこと。
56才から73才までの血圧が高めの男女を対象に18週間、ダークチョコレートを毎日一定量食べてもらったところ、血圧が低下したことが確認できたのだそうです。


ダークチョコレートとは、カカオマスを70%以上含むチョコレートのこと。
日本でもいろんな種類のダークチョコが販売されています。

【楽天市場】カレドショコラ カカオ70
【amazon】カレドショコラ カカオ70


なぜダークチョコレートが血圧を低下させるのか



ステファン・バルデス所長によると、ダークチョコレートに含まれるポリフェノールの一種『エピカテキン』の効果だと考えられるとのこと。
エピカテキンが血管の内側に働きかけ、血管を広げることにより、血圧を下げる作用があることがわかったのだそう。


エピカテキンは、リンゴやブドウ、緑茶などにも含まれているポリフェノールですが、圧倒的にカカオに多く含まれています。
【エピカテキンを含む食べ物】
・リンゴ 6.1mg / 100g
・ブドウ 8.7mg / 100g
・緑茶 8.3mg / 100g
・ダークチョコレート 41.5mg / 100g


高血圧の専門家である東京医科大学病院 循環器内科の椎名一紀助教によると、ドイツの研究では、上の血圧が3mmHgぐらい下がっているので、脳卒中や心筋梗塞が全体で5~10%低下することが考えられ、これはかなり大きなことだと思う、とのこと。
 

1日に食べる量は?


血圧低下に効果が期待できる目安は、
1日に約6g(板チョコ1~2かけらくらい)のダークチョコレートを毎日食べること!


毎日少量のダークチョコレートを食べることで、高血圧をはじめとした生活習慣病の予防ができたり、ポリフェノールがアンチエイジングにも役に立ちます。
でも、カロリーが高いので、食べ過ぎないことが大事です!!


スタジオにはいろんなメーカーのダークチョコレートが並んでいましたが、その中でもカカオ含有量がダントツだったのがコレ。



なーんとカカオ95%!
うちにはチョコレート効果のカカオ86%があって、たまに食べてはいるんですけど、結構苦ーいですよー。だから、少量しか食べられないっていうのがメリット!?


【楽天市場】チョコレート効果
【amazon】チョコレート効果


薬丸さんは「義理チョコはダークチョコレートで!」と言っていましたが、健康を考えると意外といいかもね♪


カカオ70%以上のダークチョコレートは、明治や森永製菓などのお菓子メーカーからも出ているので、普通のスーパーでも購入可能ですよ。
関連記事