336りんご
*画像はイメージです



りんごと牛乳が朝ごはん!
櫻井流、具だくさんおみおつけも


櫻井よしこ(さくらいよしこ)さんの今朝のおめざは、
新潟県産の「ふじ」と牛乳

スポンサード リンク



2014年1月28日、櫻井よしこ(さくらいよしこ)さんがTBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」で【おめざ】として紹介。


櫻井よしこさんの今朝のおめざは、新潟県産の「ふじ」と牛乳


新潟県産のリンゴ「ふじ」はしっかりとした果肉で、噛めば噛むほど甘みと旨みが出てくるのが特徴。
スタジオには、櫻井よしこさんが「リンゴには欠かせない」という牛乳も一緒に用意されていました。


「朝、大きな「ふじ」リンゴを1つペロッと食べちゃって。足りない時はもう半分食べちゃうくらい。牛乳はゴクゴク飲んじゃう」と櫻井よしこさん。


お父さまがかかっていたお医者さまから「牛乳とリンゴはどれほど食べても大丈夫」と言われて、それからリンゴと牛乳を一緒に食べるようになったのだそう。


リンゴはいろんな種類がありますが、櫻井よしこさんは、歯を入れたらパリンというくらい硬くて、ちょっと酸味のあるリンゴがお好きだそうです。


はなまるアルバムでは「菜色健美(さいしょくけんび)」というキャプションのついた、根菜類がたっぷり入った櫻井よしこさん流の「具だくさんおみおつけ」も紹介されていました。

だしの材料


・昆布
・干しシイタケ 5個
・煮干し    15匹
・かつお節

具材


・ニンジン
・大根
・ゴボウ
・かぼちゃ
・長芋
・エノキタケ
・シメジ
・コンニャク
・豆腐
・ほうれん草  など
*季節の根菜類を中心に、7~8種類入れます。


大きな鍋でだしを取って具材を煮ます。
1週間分一気に作るのですが、半煮えくらいで火を止めて、粗熱をとって冷蔵庫で保存。
1日分ずつ具材を小鍋にとって、その日の気分で味付けを変えて楽しみます。


味のバリエーションも様々。
お味噌で味付けするときは、だいたい2、3種類くらいのお味噌をブレンド。
豚汁にしたいときはお肉を加えて、お醤油味、お塩味。
中華風がいい時はちょっとゴマ油を垂らしてみたり。


とにかくたくさん作って置いておくことで、仕上げの味付けをするだけで具だくさんおみおつけが味わえるのでとっても便利。


ダシをとった昆布やシイタケは刻んで中に入れ、煮干しは取り出してお醤油を垂らしてビールのおつまみに。


たっぷり具材が入ったおみおつけ。
おかずと言ってもいいくらいのボリュームでしたよ。

関連記事