2471ビーフストロガノフ
Photo by indi.ca
*画像はイメージです



世界の三國シェフ直伝!
簡単!絶品!フワッととろける「ビーフストロガノフ」の作り方(レシピ)!


切り落とし肉でOK!
市販のデミグラスソースを使って。
10分で作れる「ビーフストロガノフ」を作ってみよう!
ビーフストロガノフに合う、炊飯器で作る三國流「簡単バターライス」の作り方も。

スポンサード リンク


2013年12月23日、TBS『はなまるマーケット』コレ知ってQで、『フレンチの2大巨匠に教わるクリスマス料理』として、日本フレンチの重鎮、オテル・ドゥ・ミクニの三國清三シェフが、市販のデミグラスソースを使って簡単に作れる「ビーフストロガノフ」の作り方を紹介。



【amazon】三國清三


安い切り落とし肉を使って作る絶品ビーフストロガノフ。
安い肉でもくるくる巻くと火が通りにくくなり、フワッとやわらかく作ることができるとのこと。


簡単!絶品!フワッととろけるレシピ!
『ビーフストロガノフ』の作り方(レシピ)



材料(4人分)


・牛肉薄切り   400g
・タマネギ    2/3個(1㎝幅のくし切り)
・ニンニク    小1(みじん切り)
・マッシュルーム 4個(1㎝幅にスライス)
・エリンギ    4本(1㎝幅の輪切り)
・しめじ     1パック(小房に分けて)
・バター     大さじ2
・ヨーグルト   140g
・パセリ     少々
・塩       少々
・コショウ    少々
・薄力粉     適量
・オリーブオイル 大さじ2


ソースの材料


・デミグラスソース缶 360g
・ケチャップ     大さじ5
・しょう油      大さじ2
・牛乳        100cc
・水         270cc


作り方


1.牛肉の薄切り肉を広げて重ねるように並べたら、塩、コショウで下味をつけ、端から丁寧にクルクルと棒状に巻いていきます。
*棒状に8個できてましたので、お肉を8等分して巻くといいと思います。


ポイント
・バラバラのお肉をひとつにまとめるように丁寧に巻いていくのが、ふんわりやわらかく仕上げるポイントです。


2.棒状に巻いた牛肉に小麦粉をまぶします。


ポイント
・小麦粉は牛肉の接着剤の役割と、香ばしさを出す役割、そしてソースにとろみをつける役割があります。


3.フライパンにオリーブオイルを入れ、強火でお肉の表面に焼き色がつくまで焼き、一旦取り出します。


ポイント
・牛肉はあとで煮込むので、ここでは牛肉にまぶした小麦粉をカリッと焼くイメージで。


4.お肉を取り出したフライパンで、1㎝幅に切ったタマネギを炒め、時間差でキノコを、エリンギ、マッシュルーム、シメジと硬い順から炒めます。


ポイント
・キノコを入れる時間をちょっとズラすだけで焼き上がりが全然違ってきます。
・基本的にはマッシュルームだけでも良いのですが、3種類のキノコを使うことでより豪華になります。


5.バターとみじん切りのニンニクを加え、具材に火が通ったら、市販のデミグラスソース、ケチャップ、牛乳、しょう油、水を入れて、中火で一度沸騰するまで煮込みます。


ポイント
・しょう油を使うと「深みが出る」&「ご飯に合う」


6.沸騰してとろみが出たら、3.のお肉をフライパンに戻し、中まで火を通します。



7.牛肉の中まで火が通ったら、バターライスと一緒にお皿に盛り付け、ヨーグルトをかけてパセリを散らせば「ビーフストロガノフ」のできあがり!


ポイント
・ヨーグルトは熱い中に入れると分離してしまうので、お皿に盛りつけてから最後にかけます。
・コクがあるのが好きな方は、ヨーグルトの代わりに生クリームでも。



ビーフストロガノフにぴったり!
簡単『バターライス』の作り方(レシピ)


材料


・米      2合
・タマネギ   1/4個
・ニンジン   1/4本
・セロリ    1/6本
・バター    大さじ2
・水      350cc

作り方


1.タマネギ、ニンジン、セロリをみじん切りにします。


2.材料をすべて炊飯器に入れてかき混ぜ、炊きあがったら「三國流 簡単バターライス」のできあがり!


*炊飯器によっては油分がダメなものもあるので、その場合はご飯が炊きあがってからバターを混ぜ込んでください。


スタジオで「とろけるビーフストロガノフ」を食べた感想は…

岡江さん「ヨーグルトをかけるだけですごくオシャレ。うーん!旨味が出て美味しい。ホントおいしいですよ、コレ」
薬丸さん「美味しい!!」
春香クリスティーンさん「バターライスも合いますよ」


お肉をやわらかく仕上げるポイントは、クルクル巻くこと!
切り落としのお肉が巻きにくい場合は、しゃぶしゃぶ用のお肉やすき焼き用のお肉を使ってもOK。


お醤油がきいているのか、さっぱりとしたソースの味になっているようです。
岡江さんは「いい味ー。大人っぽい。甘ったるくなくて美味しい。すごくいい」と大絶賛していました。


豪華なおもてなし料理ビーフストロノガノフが、こんなに簡単にしかも10分でできちゃうなんてビックリです。
これは作ってみたくなりますね♪


はなまるマーケットで『フレンチの2大巨匠に教わるクリスマス料理』として紹介されたレシピはこちらもどうぞ。
・鶏肉をジューシーに焼く!「2つ星シェフのチキンソテー」の作り方(レシピ)|はなまるマーケット
関連記事