2447皿うどん
*画像はイメージです



中華の鉄人・陳建一さんの『オレん家スピード料理』
「オレのチャーメン」の作り方(レシピ)!


揚げそばにかける美味しい餡
陳建一(ちんけんいち)さんが家で作っているオレ流簡単家庭料理
「オレのチャーメン」を作ってみよう!

スポンサード リンク


2013年12月3日、TBS『はなまるマーケット』コレおいしい!で、四川飯店オーナーシェフ・陳建一さんが家で作っているオレ流簡単家庭料理レシピを紹介。



【amazon】陳建一
【楽天市場】陳建一


揚げソバは焼きそばでもOK!
フライパンでもできちゃうレシピ


陳建一(ちんけんいち)さんのコレおいしい!


とろーり餡が美味しいレシピ!
『オレのチャーメン』の作り方(レシピ)



材料(2人分)


・ホタテの貝柱缶    1缶(70g)
・さつま揚げ      1枚
・にんじん       1/3本
・白菜         1/8個(200g)
・かに風味かまぼこ   4本
・長ネギ        1本
・ショウガ       10g
・チャーメン(揚げそば)1玉

調味料の材料


・サラダ油     大さじ1
・牛乳       1カップ
・鶏がらスープ   適量
・砂糖       小さじ1/2
・酒        大さじ1
・塩        少々
・コショウ     少々
・オイスターソース 少々
・水溶き片栗粉   大さじ3
・ネギ油      適量(サラダ油でもOK)


作り方


1.さつまあげは小さく、カニカマはほぐしてカット、白菜は繊維を断ち切るように1㎝幅にカット、ニンジンは細切り、生姜は薄切りにしてから細切りに。長ネギは縦にサッと包丁を入れて広げ、半分に折ってから繊維を断ち切るように斜め薄切り(細切り)にします。


ポイント
・細かく切っておくことで、ひとくち食べた時に全部の食材が口に入り、バランスが良い。


2.中華鍋に大さじ1のサラダ油を入れ、ネギと生姜を焦がさないように強火で炒めます。



3.香りが立ってきたら、ニンジンを入れて炒め、ツヤが出てきたらさつま揚げとカニかまをサッと炒め、さらに白菜を加えて軽く炒めたら鍋の中央に寄せておきます。



4.3.にほぐした貝柱を缶の汁ごと加え、牛乳を加え、さらに真ん中に寄せた食材が浸るくらいまで鶏ガラスープを加えます。


ポイント
・牛乳を入れるとコクが増します。
・鶏がらスープは分量が決まっていませんが、とにかく材料が浸るくらいまで加えます。タプタプではなく、食材の表面は出ているヒタヒタくらい。


5.ひとつまみの砂糖、酒を加えたら強火にしてボウルで蓋をします。


ポイント
・ボウルをかぶせて蒸気を循環させることで、煮る・蒸すを同時進行させることができ、素材の旨みが凝縮されます。
・一番いいのはボウルですが、フライパンの蓋でもOKです。


6.ボウルが熱くなってきたら弱火にして4~5分蒸します。コトコトと音がし始めたらOK。



7.蒸気を逃がしながらボウル(蓋)をはずし、味をみて、塩、コショウ、オイスターソースで足りない分の味を足して味を調えます。



8.火を止めてから水溶き片栗粉を回し入れ、火をつけて強火で混ぜながらしっかり火を通します。



9.仕上げにネギ油(ない場合はサラダ油でもOK)をたらしたら、あん(タレ)のできあがり。



10.お皿にチャーメン(揚げソバ)を手でほぐしながら盛り、9.の餡をかけたら「オレのチャーメン」のできあがり!




スタジオで「オレのチャーメン」を食べた感想は…

東尾理子さん「おいしいー」
岡江さん「素材の旨味が」
薬丸さん「美味しいー。貝柱っていい味が出ますね」


中華鍋がなくても、フライパンと蓋で代用OK
揚げソバは、普通の焼きそばでも代用可能だそうです。
チャーメンって、「皿うどん」や「あんかけ焼きそば」のことなんですね。




はなまるマーケットで紹介された『陳建一さんのコレおいしい!レシピ』はこちらからどうぞ

関連記事