2666れんこん
*画像はイメージです



今日の旬食材は「レンコン」
レシピ本が大人気!SHIORIさんの『ダンナさんが喜ぶ!旬の野菜ごはん』
「レンコンとサバの韓国風炒め」の作り方(レシピ)!


レンコンはシャキシャキ!
サバは外はカリッと、中はふっくら
フードコーディネーターSHIORI(しおり)さん直伝の「レンコンとサバの韓国風炒め」を作ってみよう!

スポンサード リンク


2013年11月29日、TBS『はなまるマーケット』コレおいしい!で、レシピ本が大人気のフードコーディネーター・SHIORIさんの『ダンナさんが喜ぶ!旬の野菜ごはん』レシピを紹介。



【amazon】SHIORI
【楽天市場】SHIORI 彼ごはん


フードコーディネーター・SHIORIさんのコレおいしい!


今日の旬食材は「レンコン」
ビタミンCをはじめ、栄養素を豊富に含んでいるレンコンは、免疫力を高めてくれるので、これからの季節、風邪予防にもピッタリな食材です。


れんこんシャキシャキ!サバはカリッふわっ
食感の違いも楽しめるおかず!
『レンコンとサバの韓国風炒め』の作り方



材料(2人分)


・レンコン     150g
・サバ(切り身)  2切れ(半身1切れ)
・しょう油     小さじ1
・酒        小さじ1
・ショウガの絞り汁 小さじ1
・片栗粉      適量
・サラダ油     大さじ4
・白ゴマ      大さじ1

タレの材料


・コチュジャン     大さじ1/2
・砂糖         大さじ1/2
・にんにく(すりおろし)少々
・しょう油       大さじ1
・酒          大さじ1


作り方


1.レンコンの皮を剥き、7~8ミリ厚さの半月切りにして、すぐに水にさらしてアク抜きをしておきます。



2.サバは食べやすい大きさ(1切れを3等分くらい、半身だと6等分くらい)に切り、水気を拭き取って皿に並べ、酒、ショウガの絞り汁、しょう油を加えてサバの身全体に馴染ませます。そのまま10分ほど置いて下味をつけます。



3.タレを作ります。ボウルに、しょう油、酒、砂糖、コチュジャン、すりおろしにんにくを入れてよく混ぜ合わせます。
ポイント
・コチュジャンベースの甘辛ダレでご飯がすすむ!



4.1.のレンコンの水気をよく切っておきます。2.のサバの余分な汁気もキッチンタオルなどで吸い取っておきます。



5.サバにたっぷり片栗粉をまぶし、少し多めに油をひいたフライパンで揚げ焼きにします。
ポイント
・外側をカリッと、中をふっくらと仕上げたいので、片栗粉ははらい落とさず、まず皮面を下にして焼き色がついたら裏返します。
・衣がはげやすいので、あまり触らないように!



6.サバを裏返したらフライパンの端に寄せ、開いたスペースにレンコンを入れて焼きます。



7.サバの両面、側面がこんがり焼けたら、フライパンに残っている余分な油を拭き取り、一度火を止めてフライパンの温度を落ち着けます。
ポイント
・余分な油が残っていると、タレをはじいてしまって絡みづらいので必ず拭き取りましょう。
・フライパンが高温だとタレが一瞬で蒸発してしまうので、タレを加える時は一度火を止めて温度を下げてから!



8.フライパンの温度が落ち着いたところで再び火をつけて、コチュジャンベースの甘辛ダレを回しかけ、まんべんなく全体に絡ませます。



9.仕上げに白ゴマをたっぷりふったら「レンコンとサバの韓国風炒め」のできあがり!




スタジオで「レンコンとサバの韓国風炒め」を食べた感想は…

勝俣さん「うん、美味しい!レンコン、シャキシャキなんだね」
山内あゆアナウンサー「照りがいいですねー」
薬丸さん「これはホント、ご飯にもお酒にも合いそう。韓国風といってもそんなに辛くないですね。程よい辛さで食べやすい」


れんこんはシャキシャキで、サバはカリッふわっとした食感。
食感のメリハリが出て、満足感もUP!!


さらに、サバに含まれる「EPA」が、痩せるホルモンの「GLP-1」を刺激してくれるのでダイエット効果も期待できます。
特に食物繊維と一緒に摂るのが効果的だということで、レンコンとの組み合わせはgood!!
ただし食べ過ぎたらダメですけどね。


来週のコレおいしい!は、陳建一さんの『オレん家スピード料理』レシピです。


はなまるマーケットで紹介された『フードコーディネーター・SHIORIさんのコレおいしい!レシピ』はこちらからどうぞ

関連記事