2401ブリの照り焼き
Photo by pelican
*画像はイメージです



お味噌とマヨネーズでコクを出す
人気ブロガー魚屋三代目・柳田昇さんの『旬の魚でアイデアレシピ』
「ブリの味噌マヨ照り焼き」の作り方(レシピ)!


これから旬を迎えるブリを使ったおいしいレシピ!
人気ブロガー魚屋三代目・柳田昇さん直伝の「ブリのみそマヨ照り焼き」を作ってみよう!

スポンサード リンク


2013年11月7日、TBS『はなまるマーケット』コレおいしい!で、魚屋三代目・柳田昇さんが、これから旬を迎えるブリを使ったレシピを紹介。


柳田昇さんは、神奈川県で50年以上続く鮮魚店<魚武>の三代目。
旬の魚を使った簡単料理を紹介したブログが大人気!
魚屋三代目オフィシャルブログ「魚屋三代目日記」Powered by Ameba



魚屋三代目


人気ブロガー魚屋三代目・柳田昇さんのコレおいしい!


これから旬を迎えるブリを使ったレシピ!
『ブリのみそマヨ照り焼き』の作り方(レシピ)



ブリの目利き


・養殖のブリは安ければ1切れ100円~200円くらい。
・冬は脂がのっています。
・血合いの部分が黒く変色していないものを選びましょう。
・身の部分がピンク色のものを選びましょう。


材料(2人分)


・ブリ     2切れ
・マイタケ   1パック
・ししとう   10個
・小麦粉    適量
・塩      少々
・サラダ油   大さじ1+炒め用油

「みそマヨ」の材料


・白みそ       大さじ1
・みりん       小さじ2
・酒         大さじ1
・マヨネーズ     大さじ4
・すりおろしニンニク 少々


作り方


1.ブリの身を皮付きのまま1㎝~1.5㎝くらいの幅で一口大に切ります。
ポイント
小さく切りすぎると、身が崩れてしまいます。



2.切ったブリに塩を振って10分おきます。
ポイント
塩を振ることで、ぶりの臭みが抜け、下味もつきます。
常温で10分間。室温が高い時は冷蔵庫で。



3.10分経ったら、ブリの表面に出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取ります。
ポイント
この水分が臭みの原因なのでしっかり拭き取りましょう。



4.ブリに小麦粉をまぶします。
ポイント
小麦粉をまぶすことによって、ぶりの旨味を閉じ込めて、みそマヨも絡みやすくなります。



5.シシトウは、炒めている時に破裂しないように爪楊枝などで数ヶ所穴を開け、マイタケは食べやすい大きさに切ります。



6.フライパンに薄くサラダ油をひき、マイタケとシシトウを軽く焼き色がつくまで強火で炒め、取り出しておきます。
ポイント
あとでオーブンに入れるので、しっかり火が通ってなくても大丈夫です。



7.フライパンに大さじ1のサラダ油をひき、4.のブリを中火で2~3分ほど焼きます。表面は強火でパリっと焼き、取り出しておきます。



8.ボウルに白みそ、みりん、酒、マヨネーズ、すりおろしニンニクの順に材料を混ぜ合わせ、「みそマヨ」を作ります。
ポイント
「味噌マヨ」が味の決め手!
普通の白身魚や鶏肉にも使える調味料です。



9.7.のブリと6.の野菜を耐熱皿に彩り良く並べ、その上に8.の味噌マヨをかけます。



9.予熱したオーブントースター(1200w)で約5分間加熱したら「ブリの味噌マヨ照り焼き」のできあがり!
ポイント
焼き色をみながら時間は調整してください。





スタジオで「ブリのみそマヨ照り焼き」を食べた感想は…

薬丸さん「一回焼いたのにまた焼いたからパサパサ感を心配したんですが、全然ないですね」
熊谷真実さん「むしろジューシー!」


本日のおさらいポイント

ブリを小麦粉でコーティングすると、焼く時に旨味が逃げない。


衣をまとうことで、合わせ調味料が絡みやすくなります。


味噌マヨは、白身魚や鶏肉にも使えます。


魚の臭みは塩で取ろう!


作り方の2.3.の行程が大事なポイントです。


「ブリの味噌マヨ照り焼き」は、青魚が苦手な方でも、小さなお子さんでも美味しく食べられるおススメのお魚料理とのこと。
お味噌とマヨネーズでコクもアップするので、普通のブリの照焼とは違った美味しさが楽しめそうですね。


はなまるマーケットで紹介された『魚屋三代目・柳田昇さんのコレおいしい!レシピ』はこちらからどうぞ


関連記事