287甘酒
*画像はイメージです



飲む点滴「甘酒」を豆乳で割ってさらに栄養アップ!
疲労回復、冷え性にも、ダイエットにも
美味しい「豆乳甘酒」の作り方(レシピ)!


永作博美(ながさくひろみ)さんおススメの「甘酒豆乳」を作ってみよう!

スポンサード リンク



2013年11月6日、TBS『はなまるマーケット』はなまるカフェで、永作博美(ながさくひろみ)さんが紹介。


健康のために毎日飲んでいるという「甘酒豆乳」。
甘酒は飲む点滴ともいわれるほど栄養価の高い飲み物。


その甘酒に豆乳をプラスすることで、さらに栄養価がアップして嬉しい効能も期待できるとのこと。


『甘酒』と『豆乳』の組み合わせ


(*食物学博士・佐藤秀美さん監修)

疲労回復


冷え性予防・改善


ダイエット効果(空腹感を抑える)



甘酒の糖分と豆乳のビタミンB1が合わさることによって、疲労回復、冷え性予防や改善、また、空腹感を抑えるのでダイエット効果も期待できるとのこと。


永作さんは、これに加えて「整腸作用」もありますよね、と言っていました。
確かにお腹の調子も良くなりそう。
ということは、お肌の調子も良くなりそう!!


しかも美味しいから続けられる!ということで…

永作博美さんが毎日飲んでる
『豆乳甘酒』の作り方(レシピ)



国菊 甘酒
(*この甘酒はレビューの評価が高いので参考まで)

材料


・無調整豆乳
・甘酒(米麹タイプ)


作り方


1.無調整豆乳と甘酒を、1:1の割合で混ぜるだけ!



ポイント
甘酒が甘いので、豆乳は無調整タイプの甘くないものを選びましょう。



永作さんはおちょこで飲んでいるとのことでしたが、スタジオにはグラスに注がれた甘酒豆乳が用意されていました。


「豆乳甘酒」を飲んでみた感想は…
甘みもほんのりで、サラっとしていて美味しいそうです。
薬丸さん、岡江さん、いとうあさこさんは「美味しいね!」と言って飲み干してました。


豆乳が苦手、甘酒が苦手、という人でも、混ぜると意外と飲めると思います、と永作博美さん。
もし苦手でも、健康のため!と思えばちょこっとだから飲めちゃうかもね♪


豆乳もいろんな種類がありますが、以前、平原綾香さんがおめざで紹介した甘酒も、サラっとしていて美味しそうでしたよ。
SAKE SHOP 福光屋「酒蔵仕込み 純米甘酒」平原綾香さんのおめざ


永作博美さんの今朝のおめざはこちら。
フードムード「クッキーBOX」永作博美さんのおめざ
関連記事