27生もみじ



広島銘菓もみじ饅頭も進化中!
発掘!ご当地スイーツの旅in広島!


<にしき堂>「生もみじ」<紅葉堂>「揚げもみじ」
生もみじはお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク



2013年10月30日、スッキリ!!のうまいッス!!で『発掘!全国ご当地スイーツの旅~広島編~』広島県でみつけた絶品ご当地スイーツとして紹介。


触感も食感ももっちもち
生のもみじまんじゅう



にしき堂 生もみじ

<にしき堂>の「生もみじ」 8個セット 1,000円


<にしき堂>は、1951年(昭和26年)創業、広島県広島市東区光町に本店を構える広島名物もみじまんじゅうの有名店。


「生もみじ」は、生地に餅米を使用している、触感も食感ももっちもち!のもみじまんじゅう。
噛むたびに程よい弾力と、すっきりと甘い餡が絡みあう新食感。


お客様の声から生まれたという生もみじの昨年の年間売上は2000万個!
今では「もみじ饅頭」を凌ぐ人気商品になっています。


スタジオでにしき堂の「生もみじ」を試食した感想は…?

加藤浩次さん「弾力があってモチモチ感が。おいしいー。しっとりしてて」
テリー伊藤さん「なるほどなー。進化してるね」
大沢あかねさん「もちもちー」


私も生もみじを食べたことがありますが、普通のもみじまんじゅうとは全く違うお菓子です。
京都の阿闍梨餅ほどモッチリ感はないものの、十分な歯ごたえとあんこの美味しさを味わうことができます。


生もみじは、粒あん、こしあん、抹茶あんなどがありますが、私のおススメは粒あんですね。
3つの味がセットになった詰め合わせもあるし、こしあんと粒あんだけの箱詰めもあるので、気になったものを食べてみてくださいね。


*関連記事
にしき堂「生もみじ」谷村美月さんのおめざ
にしき堂「もみじ饅頭」「生もみじ」シルシルミシル さんデーでもみじ饅頭王として紹介
にしき堂「生もみじ」ヒットの泉で紹介


【お店紹介】
店名 : にしき堂 光町本店
住所 : 広島県広島市東区光町1丁目13-23   
電話番号 : 082-262-3131(0120-979-161)
FAX番号 : 082-263-3121
営業時間 : 8:00~20:00
定休日 : 年中無休
お店のHP : にしき堂

*上記本店以外にも多数、直営店舗や商品のお取扱店があります。


<にしき堂>「生もみじ」はお取り寄せ可能です。

お店情報はこちらから
にしき堂 光町本店 にしきどう - 矢賀/和菓子 [食べログ]

お取り寄せはこちらから
生もみじ もみじ饅頭 にしき堂 47CLUB店
【楽天市場】にしき堂 生もみじ



宮島で大人気!
揚げたてアツアツもみじまんじゅう



<紅葉堂>の「揚げもみじ」 1個 150円


<紅葉堂>は、1912年(明治45年)創業、広島県廿日市市宮島町に本店を構える、宮島名物もみじまんじゅうや、揚げもみじを販売するお店。


「揚げもみじ」は、その名の通り、衣をつけてカラッと揚げたもみじまんじゅう。


揚げたての揚げもみじは、まわりはサクサク、中はふんわりもっちり。
あんこの甘い香りがふんわりと広がって、甘めのカステラ生地と絶妙に溶け合います。


揚げもみじは串に刺して販売されているので、食べ歩きにもピッタリ!
多い時には1日に1万個も売れるという大人気スイーツです。


揚げもみじはお取り寄せができない、宮島でしか味わえないご当地スイーツ。
宮島に行った時にはぜひ食べたいですね。


【お店紹介】
店名 : 紅葉堂 本店
住所 : 広島県廿日市市宮島町448-1    
電話番号 : 0829-44-2241
FAX番号 : 0829-44-0108
営業時間 : 9:00~18:00頃 *季節によって変動あり
定休日 : 不定休
駐車場 : なし

お店のHP : もみじまんじゅう・揚げもみじ、宮島の紅葉堂

*上記本店以外では、弐番屋(広島県廿日市市宮島町512-1)に店舗があります。


<紅葉堂>「揚げもみじ」はお取り寄せできません。

お店情報はこちらから
紅葉堂 本店 - 宮島/和菓子 [食べログ]


2013年10月30日放送のスッキリ!!うまいッス!!『全国ご当地スイーツの旅~広島編~』で紹介された、広島県のご当地スイーツは、
もみじ饅頭が進化!「生もみじ」「揚げもみじ」
やまだ屋「宮島アントチーズ」
でした。
関連記事