2373ご飯
*画像はイメージです



2013年、今年も新米の季節がやってきた!
絶品ご飯のお供とともに、年に一度の新米祭り


五ツ星お米マイスター西島豊造さんの2013年おススメの新米は、秋田県鹿角産「かづの 淡雪こまち」
そのほかおススメの新米も続々登場


「かづの 淡雪こまち」にぴったりの、ご飯のお供も全国からお取り寄せ!

スポンサード リンク


2013年10月26日、日テレ『満天☆青空レストラン』で宮川大輔さんとゲストのクリス松村さんが紹介したのは毎年恒例新米スペシャル!


東京都目黒区で<スズノブ>というお米屋さんを営む西島豊造(にしじまとよぞう)さんは、実際にそのお米の産地に出向き、自らの目と舌でお米の出来を確かめているお米のスペシャリスト。


五ツ星お米マイスター西島豊造(にしじまとよぞう)さんイチ押しの2013年度の新米は…


秋田 特別栽培米「かづの 淡雪こまち」



特別栽培米『かづの 淡雪こまち』5kg


秋田県鹿角産「かづの 淡雪こまち(あわゆきこまち)」 5㎏ 3,000円

 
西島さんが2013年イチオシの新米だと太鼓判を押す「かづの 淡雪こまち」は、もち米とうるち米の真ん中の存在で、低アミロース米というお米。
淡雪のように真っ白で、炊きたても冷めてもふっくらモッチモチの美味しいお米。


今はまだ知人ぞ知る「淡雪こまち」ですが、今後全国に轟くこと間違いなしのお米だとのこと。


ここで、西島さん直伝!おいしく炊くお米の研ぎ方!

・まずはお米を入れた炊飯釜にたっぷりの水を注ぎ、力を入れずお米の表面の汚れをサッと流す程度で2~3回かき回したらすぐに捨てます。
  ↓
・ほとんど水が入っていない状態のまま、20回程度軽くかき回します。
  ↓
・もう一度水を入れて10回ほどかき回し、数回すすぎます。
*ここまでの所要時間は1分半程度!
 お水が澄むまで研ぐと、お米にダメージが…!
  ↓
・炊くときの水加減は目盛り通りでOK。
 お好みで少し控えめにしてもOK。
  ↓
・あとは普通に炊くだけ!
*浸水時間は1時間は取ったほうが良いそうです。


炊き上がったご飯はピッカピカのツッヤツヤ!!


ご飯を混ぜる時は、十字に切ってから、1/4ずつ底からすくって返して広げ、すくって返して広げ…をしてご飯をほぐします。


炊きたての「淡雪こまち」を食べたクリス松村さんは「美味しい!弾力がすごくあって、甘くって、これね、溶けるね!でもしっかりしてるのよ」と。



秋田県産 淡雪こまち 白米 5Kg 平成25年産


「淡雪こまち」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
スズノブ(五ツ星お米マイスター「西島豊造」のこだわり米専門店)
【amazon】淡雪こまち
【Yahoo!ショッピング】淡雪こまち
【楽天市場】淡雪こまち



「淡雪こまち」以外の
西島さん特選!今 大注目の新米!





北海道「きたくりん」




島根県「島の香り 隠岐 藻塩米(もしおまい)」


【粘りのあるやわらかいお米】が好きな方へ紹介したのが、北海道の「きたくりん」と島根県の「藻塩米」。


特に藻塩米は、海藻と塩を煮詰めたものを薄めて水田に撒いているお米。
隠岐の島独特のミネラルとかマグネシウムがお米の粒に影響して美味しさもアップ。


炊いてから時間が経つとお米が張ってくるので、おにぎりとかにするとすっごく味が出るそうです。


西島豊造さんは月曜から夜ふかしで、この「藻塩米」を紹介していました。
・2013新米の季節です!「隠岐藻塩米」「金胡麻おかか」「辛子明太子 金印」月曜から夜ふかしで紹介


北海道「きたくりん」のお取り寄せはこちらから
【楽天市場】きたくりん
【amazon】きたくりん
【Yahoo!ショッピング】きたくりん


島根県「隠岐藻塩米」のお取り寄せはこちらから
スズノブ(五ツ星お米マイスター「西島豊造」のこだわり米専門店)



【固めのさっぱりしたお米】がお好みの方や、【おかずがおいしくなるお米】がお好みの方へ紹介したのが、新潟県の「こしいぶき」と茨城県の「一番星」。




新潟県「こしいぶき」


茨城県「一番星」


「一番星」は茨城県で生まれた新しい品種で、どんな料理でも合うというのがひとつの魅力。


特に、唐揚げやハンバーグなど、お子さんが好きな料理との相性が良いそうです。


新潟県「こしいぶき」のお取り寄せはこちらから
【amazon】こしいぶき
【楽天市場】こしいぶき
【Yahoo!ショッピング】こしいぶき


茨城県「一番星」のお取り寄せはこちらから
スズノブ(五ツ星お米マイスター「西島豊造」のこだわり米専門店)



「かづの 淡雪こまち」にぴったり!
日本全国!ご飯のおともをお取り寄せ



大阪から取り寄せた御飯のお供はローストビーフ!



『道頓堀 はり重』コールビーフ(400g)

大阪府<道頓堀 はり重(はりじゅう)>「コールビーフ」 400g 5,500円


大阪・道頓堀の老舗すき焼き店<はり重>の人気のお取り寄せは、国産黒毛和牛のもも肉を使用したローストビーフ。


使用するお肉は、やわらかく、旨みたっぷりのA4~A5ランクのメスのモモ肉のみ。
お肉に塩をふって表面をこんがり焼きあげた後、野菜だしの効いた醤油ベースのソースに浸し、冷蔵庫で7時間冷やしてから薄さ3ミリにスライスしたコールビーフ。


はり重のコールビーフは、口に入れた時にその脂が絶妙に溶けていく絶品ご飯の友。


クリス松村さんは「外国にはない味。意外と肉々しいの。だからおいしい」と言っていました。


<はり重>のお取り寄せはこちらから
はり重 - すき焼き・しゃぶしゃぶ・日本料理・洋食・精肉販売・通信販売

お店情報はこちらから
はり重 道頓堀本店 はりじゅう - 近鉄難波/すき焼き [食べログ]



北海道からのお取り寄せ御飯の友は枝豆納豆!



十勝めむろ枝豆納豆セット


北海道<中田園(なかたえん)>「十勝めむろ枝豆納豆セット」(3個入り×6パック) 1,680円


枝豆は大豆を若穫りしたものなので、納豆にすることができる!


使われているのは大粒の十勝産「大袖の舞大豆」。
高圧力で蒸しあげて、豆の味を濃縮し、納豆菌をかけて、室の中で約22時間かけて発酵させます。


こだわりは中田園独自の雪温熟成。
雪の温度帯である0℃からマイナス2℃で、じっくり3日間熟成させると臭みの少ない、糸引きの良い納豆になります。


大粒でふっくらやわらかい豆の食感が楽しめる、珍しいえだまめ納豆です。


えだまめ納豆を食べたクリス松村さんは「あまーい!何?この豆の甘さ」とビックリ!
宮川大輔さんは「僕、この枝豆納豆めっちゃ好きです。めっちゃ好きです…これ美味しい!」と噛みしめるように食べて、パッケージの確認までして「中田園すげぇ!」と言っていました。


<中田園>「十勝めむろ枝豆納豆」のお取り寄せはこちらから
通信販売 中田園



福岡県からのお取り寄せご飯のお供は鯛茶漬け



『博多 たつみ寿司』鯛茶漬け2本セット


福岡県<たつみ寿司>「鯛茶漬け」2本セット 3,500円
*鯛茶漬(250g)×2本、鯛茶漬のたれ×4個


福岡・博多の人気創作寿司店<たつみ寿司>で人気の手土産が「鯛茶漬」。


玄界灘でとれた真鯛は、皮のやわらかい、重さ1㎏までのものを使います。
もちもちとした身を一口大に切り、甘めに味付けた胡麻ダレに丸一日漬け込んでいます。


少し濃い目のたれの味が、お茶漬けにすると最高の一品に。


クリス松村さんは「鯛やわらかい!胡麻の風味とご飯の味が、ご飯が負けてない」
宮川大輔さんは「何この鯛茶漬。うまい!」と。
豊造さんはあっという間に完食していましたね。


<たつみ寿司>「鯛茶漬け」のお取り寄せはこちらから
たつみ寿司 博多あら・ふぐ料理

お店情報はこちらから
たつみ寿司 総本店 タツミズシ - 中洲川端/寿司 [食べログ]



地元秋田からは煮込みホルモン!



『モツホルモン奈良屋』 頑固オヤジの煮込みホルモン


秋田県<モツホルモン奈良屋>「頑固オヤジの煮込みホルモン」 3,200円
*煮込みホルモン白:240g×2袋、煮込みホルモン赤:240g×2袋


奈良さんが北秋田市で営むホルモン奈良屋(レストパークしらかみ)で35年前から人気のメニューが「煮込みホルモン」。


秋田県産豚の大腸を約7時間かけてじっくり茹でて余分な脂を抜き、手でちぎれるほどやわらかくなったら秘伝の赤味噌だれを加えて約2時間コトコト煮詰めると、頑固おやじがこだわり抜いた、ふわっふわの煮込みホルモンのできあがり。


サッと炒めてキャベツの千切りにのせていただきます。
「頑固オヤジの煮込みホルモン」を食べたクリスさん「美味しい!えっ?ホルモン、こんなやわらかいんですか?」
宮川大輔さんは「歯がいらないくらいのやわらかさですね。ホルモンの香り、辛味、最高ですね」と。


<ホルモン奈良屋>「頑固オヤジの煮込みホルモン」のお取り寄せはこちらから
きたとうほく.com◇◆奈良屋
関連記事