2344小鯛ささ漬
Photo by ayustety
*画像はイメージです



福井・若狭の名産品!
杉の小樽に入った、塩と米酢のみのやさしい味付け


<若狭小浜 丸海(マルカイ)>「小鯛ささ漬」
お取り寄せも可能です。

スポンサード リンク



2013年10月12日放送の旅サラダ『日本全国 コレ!うまかろう!!』で紹介。




<若狭小浜 丸海(わかさおばま まるかい)>の「小鯛ささ漬(こだいささづけ)」 1樽(160g) 1,600円


<若狭小浜 丸海>は、1948年(昭和23年)創業、福井県小浜市大手町に本店を構える海産品加工販売店。


以前、青空レストランで「雲丹ひしお」が紹介されて、ネットでも売り切れ続出状態になっていたお店です。
・若狭小浜 丸海「雲丹醤」「鯛醤」満天☆青空レストランで紹介




旅サラダで紹介された「小鯛ささ漬」は、福井・若狭地方の名産品。
地元では、お盆やお正月など特別な日の食卓に欠かせないごちそうです。


マルカイの小鯛ささ漬けは、とにかく鮮度にこだわってつくられた一品で、程よく締まった身の食感と、杉の香り、魚の甘みが楽しめます。


使っているのは、日本海産のレンコダイ。
素早く3枚におろし、塩水に浸けて冷蔵庫で一晩寝かせ、翌日、地元で300年前から作られている老舗の米酢に漬け込みます。


米酢に漬け込んだレンコダイを詰める容器は、キメが細かく、香りが豊かな裏杉(うらすぎ)と呼ばれる日本海側の杉で作った樽。
樽にもお酢を吸わせて、魚の旨みが逃げないようにしています。


スタジオで食べた感想は…
「いい香り!」「甘ーい!」「身がやわらかーい」
勝俣さんは「ねっとりしてるんですね。なんか昆布締めみたいですね」
三船美佳さんは「軽々しく『美味しい』って言えない美味しさですね」
向井亜紀さんは「後から杉の香りがきますね!」
神田正輝さんは「これ、お酒欲しいよね。日本酒あう!」と。


若狭小浜 丸海の小鯛ささ漬は、塩と米酢のみで調味した、杉の香りが漂う風味豊かな笹漬け。


まずはそのまま食べるのが一番のおススメだそうですが、大葉にくるんで食べたり、酢飯にのせてお寿司にして食べたり、カルパッチョのようにして食べたりしても美味しくいただける、絶品の郷土料理です。


【お店紹介】

店名 : 若狭小浜 丸海 小浜本店(小浜海産物株式会社)

住所 : 福井県小浜市大手町9-21
   
電話番号 : 0770-52-3744(0120-52-3744)

FAX番号 : 0770-53-3740

営業時間 : 8:00~18:00

定休日 : 12/31・1/1

お店のHP : 小鯛ささ漬の小浜海産物株式会社

*上記本店以外では、若狭小浜 丸海 敦賀駅前店(福井県敦賀市白銀町4-6)、若狭小浜 丸海 日本橋三越店(東京都中央区日本橋室町1-4-1)、お魚工房売店(福井県小浜市川崎1-2-1)に店舗があります。


<若狭小浜 丸海>「小鯛ささ漬」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
小浜 丸海

【楽天市場】丸海 小鯛ささ漬

関連記事