83明太子
*画像はイメージです



本日の極上食材は「かわはぎ」と「辛子明太子」!
からすみみたいな美味しいめんたい!


<辛子めんたいこ 海千(かいせん)>「乾熟明太(かんじゅくめんたい)」「匠明太子」はお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク



2013年10月5日、日テレ満天☆青空レストランで、宮川大輔さんとゲストのチャンカワイさん(Wエンジン)が紹介。



『海千』乾熟明太・匠明太子詰め合わせ


福岡県<辛子めんたいこ 海千(かいせん)>
「乾熟明太・匠明太子詰め合わせ」 3,150円

*乾熟明太(1本25g)×2パック、匠明太子(200g)×1パック


<辛子めんたいこ海千>は、1995年創業、福岡県宗像市王丸に本店を構える辛子明太子のお店。


以前、はなまるマーケットで東貴博さんが海千の味噌辛子明太子をおめざで紹介して、2011年のおめざランキングで8位に選ばれた明太子屋さんです。
・辛子めんたいこ海千「味噌辛子明太子」東貴博さんのおめざ



一見「からすみ」のように見える「乾熟明太(かんじゅくめんたい)」は、福岡名物・明太子を乾燥させて、旨味成分をギューっと詰め込んだ新感覚の明太子。


通常の明太子よりも40%減塩で、鰹や昆布のダシを効かせた風味豊かな明太子を、遠赤外線乾燥機で15時間以上かけて乾燥させています。
じっくりと内側から水分を抜くことで、凝縮した旨みだけが残るとのこと。


そこからさらに2~3日熟成させれば「乾熟明太」のできあがり!


明太子を乾燥熟成させた「乾熟明太」は、辛味と塩辛さを抑え、旨みを際立たせた極上の一品です。


「乾熟明太」をひと口食べた宮川大輔さんは「これはアカン!反則!(明太子の)つぶつぶ感はしっとり感に変わってますが、旨みは倍増してます。これはたまりませんねぇ」と。


すりおろした乾熟明太とクリームチーズを混ぜ合わせたものを春巻きの皮で包んで揚げた「乾熟明太とチーズの春巻」もかなり美味しそうでした。


乾熟明太だけを食べる時は、薄くスライスして食べてくださいね。
御飯のお供にも、お酒のおつまみにも最高の一品です。





【お店紹介】
店名 : 辛子めんたいこ 海千(かいせん)宗像本店
住所 : 〒811-3422 福岡県宗像市王丸770番地4
電話番号 : 0940-36-5375
(フリーダイヤル:0120-94-5356 *受付時間10~19:00)
FAX番号 : 0940-36-5326
(フリーダイヤル:0120-60-5356 *受付時間24時間)
営業時間 : 10:00~19:00
定休日 : 無休
お店のHP : 福岡県宗像の辛子明太子 海千

*上記本店以外では、八幡店(福岡県北九州市八幡西区萩原3丁目4-27)、ゆめタウン宗像店(宗像市田久2丁目1-1)に直営店があります。
また、福岡空港 国内線第ターミナル2F売店「菊ひら」、イオンモール福津(福岡県福津市793 イオンモール福津1F 古じょう庵)、JR大分駅 豊後にわさき市場「古じょう庵」、京塚本店「古じょう庵」(熊本県熊本市東区京塚本町7-3)、芽来里(福岡県福岡市中央区平尾2-21-21 平尾MⅡビル3F)で商品のお取り扱いがあります。
なお、取扱商品は店舗によって異なります。


福岡県<辛子明太子 海千>「乾熟明太・匠明太子」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
【楽天市場】乾熟明太
辛子めんたいこ 海千



関連記事