2120ご飯



これさえあれば、ご飯がすすむ!
お米の収穫量全国第1位から第5位までの
米どころアンテナショップのおススメご飯のお供!


おいしい新米と一緒に食べたい!
山形県の「塩納豆」、茨城県の「めしどろぼうさん」、秋田県の「まんまけぇ」、北海道の「ねこぶまんま」、新潟県の「鮭のしぐれ煮」


勝俣さんおススメのご飯の友は、
静岡県の「わさび三杯酢漬け」
お取り寄せも可能です。

スポンサード リンク



2013年10月4日、TBS『はなまるマーケット』「とくまる」のコーナーで「美味しいご飯を極める!米どころアンテナショップのおすすめご飯のお供」として紹介


そろそろ新米の季節です。


通販サイトのアマゾンでは、日本最大級の品揃えを誇る新米の専門ストア、新米ストアをオープン!


全国から50種類以上の新米を取り揃え、2㎏から販売しています。
甘さや粘り気など食べ比べをして、自分の好みに合ったお米を選ぶことができますね。


さて、新米といえば、やっぱり気になるご飯のおとも。
お米の収穫量が全国上位5県のアンテナショップで聞いた、ご飯が進む、おススメご飯のお供をご紹介!


順位はご飯のお供のランキング順位ではなく、お米の収穫量の順位です。(*平成24年度 農林水産省調べ)


第1位 新潟県
日本一の米どころのご飯のお供は鮭のしぐれ煮!



新潟県は、米の食味ランキング(日本穀物検定協会)で4品種が『特A』に選ばれた日本一の米どころ。


新潟県のアンテナショップ<表参道・新潟館ネスパス>のおすすめご飯のお供は、三面川(みおもてがわ)の鮭を使った「鮭のしぐれ煮」(630円)


「鮭のしぐれ煮」は、越後村上、三面川産の鮭と千切りにしたショウガを合わせて、しょう油ベースの味で煮付けた絶品ご飯のお供。


スタジオで試食した勝俣さん「ショウガがいっぱい入ってるんだね。うわっ!しぐれ煮スゴい美味しい!」
薬丸さんも「本当にご飯が進みますね」と言っていました。


お取り寄せサイトは見つかりませんでしたが、アンテナショップに行けない場合は、新潟館ネスパスに問い合わせをしてみるか、製造元の村上こがね(下記お店情報を確認)にお問い合わせをしてみては?


村上こがねのお店情報はこちらからどうぞ
・村上こがね|村上市観光協会 -鮭・酒・人情 むらかみ-



第2位 北海道
貴重な猫足昆布を使ったご飯の友!

 

北海道のご飯のおともといえば「いくらの醤油漬け」や「鮭のルイベ」など、美味しいものがいっぱい!





北海道のアンテナショップ<北海道どさんこプラザ>有楽町店イチオシのおススメご飯のお供は、「ねこぶまんま」(630円)




「ねこぶまんま」は、北海道の東部でしか採れない非常に珍しい猫足昆布を使ったご飯のおとも。


貴重な猫足昆布に風味豊かなかつお節と白ごまを混ぜた、風味豊かな一品です。


「ねこぶまんま」のお取り寄せはこちらからどうぞ
【amazon】ねこぶまんま

【楽天市場】ねこぶまんま


【Yahoo!ショッピング】ねこぶまんま



第3位 秋田県
いぶりがっこの生ふりかけ!



秋田県は、米の食味ランキング(日本穀物検定協会)で『特A』を獲得した「あきたこまち」が有名な米どころ。


秋田のご飯のお供で有名なのは「いぶりがっこ」という名のお漬物。




秋田県のアンテナショップ<秋田ふるさと館>のおすすめご飯のお供は、その秋田名物いぶりがっこを使った「まんまけぇ」(250円)




「まんまけぇ」とは、秋田県の方言で「ご飯を食べて」という意味。


「まんまけぇ」は、いぶりがっこを刻んだ生ふりかけ。
カリカリとした食感で、ゴマの香りといぶりがっこの燻製の香りも食欲をそそる一品です。


ゆめ企画 須藤健太郎商店「まんまけぇ」のお取り寄せはこちらからどうぞ
【楽天市場】まんまけぇ


【amazon】まんまけぇ

【Yahoo!ショッピング】まんまけぇ



第4位 茨城県
美味しすぎてご飯を盗みたくなるおかず!?



茨城県のご飯のお供といえば、やっぱり「納豆」
定番の納豆はもちろん、切り干し大根を混ぜた「そぼろ納豆」も人気の一品。




茨城県のアンテナショップ<茨城マルシェ>のおススメご飯のお供は、<たつご味噌>の「めしどろぼうさん」(460円)


「めしどろぼうさん」は、ご飯を盗みたくなるくらい美味しいおかず味噌。
味噌、大葉、青唐辛子の絶妙な甘辛さがクセになる味。


一度食べると忘れられなくなるらしく、一度に10個くらいまとめ買いする方もいるそうです。


スタジオの勝俣さんも「めしどろぼう美味しい!これはおいしいね」と絶賛していました。


たつご味噌「めしどろぼうさん」のお取り寄せ詳細はこちらからどうぞ
庭園味噌蔵 たつご味噌



第5位 山形県
とろんとした食感と旨みでご飯がススム!


*関連商品です。


山形県は、米の食味ランキング(日本穀物検定協会)で3年連続『特A』を獲得した「つや姫」が有名な米どころ。





山形県のご飯のお供といえば、きゅうりやナスを刻んで漬けた「だし」が人気ですよね。




山形県のアンテナショップ<おいしい山形プラザ>のおススメご飯のお供は、三角形のテトラパックに入った加藤敬太郎商店の「塩納豆」(350円)


「塩納豆」は、納豆に麹と昆布、塩を混ぜて漬けた山形県庄内地方のご当地グルメ。


山形県庄内地方の保存食として作られたもので、秋から冬にかけてシーズンを迎えます。


あったかいご飯に「塩納豆」をのせて食べると、納豆と昆布のとろみと旨みが口いっぱいに広がります。


加藤敬太郎商店のお店情報はこちらからどうぞ
・加藤敬太郎商店/特選塩納豆-[穀類加工品その他お取り寄せグルメ]
・加藤敬太郎商店 - 納豆 - Seesaa Wiki(ウィキ)


山形の「だし」のおとりよせはこちらから
【amazon】山形 だし

【楽天市場】山形 だし


【Yahoo!ショッピング】山形 だし



勝俣州和さんおススメ!静岡県のご飯のお供



<わさび園かどや>の「わさび三杯酢漬け」 525円


「わさび三杯酢漬け」は、わさびの新茎を三杯酢に漬けた一品。


スタジオで試食した岡江さんは「あ、このツーンとくるところが、うーん!!」と美味しそうに食べていました。


勝俣さんは「これは酢飯にも合うんで、ちらし(寿司)にのっけても美味しいですよ」と言っていました。


わさび園かどや「わさび三杯酢漬け」のお取り寄せはこちらからどうぞ
わさび園かどや.生わさび、わさび漬けの通販
関連記事