2307満天の星大福



ほうじ茶の苦味と生クリームの甘さが絶妙にマッチ!


奥田瑛二(おくだえいじ)さんの今朝のおめざは、
<満天の星(まんてんのほし)>「満天の星大福(まんてんのほしだいふく)」
お取り寄せも可能です。

スポンサード リンク



2013年9月25日、奥田瑛二(おくだえいじ)さんがTBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」で【おめざ】として紹介。




<満天の星(まんてんのほし)>の「満天の星大福(まんてんのほしだいふく)」 8個入 1,050円


<満天の星>は、高知県高岡郡津野町船戸に本社・加工所を構え、高知県高岡郡津野町の野菜や津野山牛を使用したお惣菜や、ほうじ茶スイーツを中心としたお菓子などを開発・加工している会社。


高知県高知市南川添にアンテナショップを構え、高知県高岡郡津野町の農産品やほうじ茶スイーツなどを販売しています。


「満天の星大福」は、高知県のお茶処・津野町で採れた茶葉を焙煎し、生クリームと餡がたっぷり入った大福をほうじ茶の香りと苦味で包んだ大福餅。


ほうじ茶の苦味と、餡と生クリームの甘さが絶妙なバランスの大福です。


満天の星大福の断面を見て、
「星形にクリームがなってるんですね」と岡江さん。
オンラインショップの商品写真を見ると星形になってないから、スタジオで用意したものがたまたまキレイに星形になっただけなのかも(?)


「一口いくと、『アレレ?オヨヨ!』と。擬音ばっかりで申し訳ないけど、そうなりますよ。僕もそうなりましたから」と奥田瑛二さん。


「アレレ、オヨヨ、いただきましょうか」という薬丸さんの合図でいざ実食!
「ほうじ茶だぁー。うん、オヨヨですねー。お茶がスゴい。ほろ苦いけど中が甘くて。美味しいー!」と岡江さん。
「オヨヨ!」と薬丸さん。


最初のお茶のほろ苦さから、徐々に甘みにいくので、食べやすくてちょうどいいのだそう。


満天の星大福がロケ現場に差し入れで届いてて、食べたらメチャクチャ美味しくて、スタッフも盛り上がったとのこと。


薬丸さん、岡江さん、初めて食べたようなリアクションでしたが、「満天の星大福」は昨年、浅野ゆう子さんが今朝のおめざとして紹介しています。
・満天の星「満天の星大福」浅野ゆう子さんのおめざ


岡江さんは夏休み中だったかしら?
その時薬丸さんは、ひとくち食べて「おいしいですねー!これをいただいたらテンション上がりますね!」と大絶賛していました。


満天の星大福を食べた実食レポはこちら
・ほうじ茶香る!満天の星「満天の星大福」を食べてみました!


「おめざランキング2013」第9位に選ばれました!


【お店紹介】
店名 : 満天の星(まんてんのほし)アンテナショップ
住所 : 高知県高知市南川添24-15
電話番号 : 088-883-5039(通販:0889-62-3335)
営業時間 : (販売部)9:30~17:00
      (レストラン)11:00~17:00
駐車場 : あり
お店のHP : 満天の星 ~四万十源流点のまち 高知県津野町アンテナショップ~

*「満天の星大福」は、満天の星(高知県高岡郡津野町船戸4939)、満天の星アンテナショップ(高知県高知市南川添24-15)、高知駅1F売店キヨスク(高知県高知市栄田町2丁目1-10)、高知龍馬空港 2F売店ビックサン、津野町ふるさとセンター 風車の駅(高知県高岡郡津野町永野553)、道の駅・四万十川源流点の駅 布施ケ坂(高知県高岡郡津野町船戸654-1)、高原ふれあいの家 天狗荘(高知県高岡郡津野町芳生野乙4921-22:四国カルスト)で購入できます。


<満天の星>「満天の星大福」はお取り寄せ可能です。

お店情報はこちらから
満天の星 - 薊野/和菓子 [食べログ]

お取り寄せはこちらから
【楽天市場】満天の星大福
婦人画報のおかいもの(*「満天の星」で検索!)


大きな地図で見る
関連記事