2286サラダ
Photo by saaleha
*画像はイメージです



サラダのレシピ本が今大人気!
1週間保存できる!作り置きサラダの作り方(レシピ)


作りたてもおいしいけど、寝かせるとさらに美味しくなる
野菜たっぷり!アレンジ楽々!!
「ニンジンのラペ(細切り)サラダ」「たたきごぼうサラダ」「長いもとキャベツの作り置きサラダ」を作ってみよう!

スポンサード リンク



2013年9月11日、TBS『はなまるマーケット』「きょうの目玉」で『1週間保存可能!話題の作り置きサラダ』として紹介


今、サラダのレシピ本が大人気!
料理本のコーナーには、たくさんのサラダ専門レシピ本が並んでいます。



サラダ好きのシェフが考えた サラダ好きのための131のサラダ


3行レシピでつくるデパ地下サラダ


毎日作りたいごちそうサラダ―おもてなしから定番レシピまで


そのサラダのレシピ本の中でも、ブックファースト自由が丘店のレシピ本売り上げNo.1なのが(2013年9月7日現在)「作りおきサラダ」!



【amazon】作りおきサラダ


作りたてはもちろん、置くことによってさらにおいしくなるという「作り置きサラダ」の本。
ポテトサラダやマリネ、コールスローなど、野菜がたっぷりとれるサラダが123レシピ収録されています。


そこで、料理研究家・浜内千波さんに、おススメの『1週間保存できる!作り置きサラダ』の作り方を教えてもらいました。


1週間保存可能なサラダ!
『ニンジンのラペ(細切り)サラダ』の作り方(レシピ)



【材料】(作りやすい分量)

・にんじん   3本
・塩      小さじ1

・塩      小さじ1/3
・粒マスタード 小さじ2
・酢      大さじ2
・コショウ   少々
・オリーブオイル 大さじ2


【作り方】

①ニンジンを食べやすい長さに切って千切りにします。

②千切りにしたニンジンをボウルに入れて、塩小さじ1を入れて揉み、余分な水分を出すために5分ほど置いておきます。

③ジップロックなど、チャック付きの保存袋に、塩、粒マスタード、酢を入れて混ぜておきます。
【ポイント
長持ちさせるような調味料を入れることが大事!
防腐効果のある、酢・塩・粒マスタードを入れる。

④保存袋の中に、コショウ、オリーブオイルを加えたら合わせ調味液の完成。

⑤5分経ったら、ニンジンをギュッと絞って余分な水気を切ります。
【ポイント
水分が多いと傷みやすくなるので、余分な水分はしっかり切っておきましょう。

⑥調味液の入った保存袋の中に、水分を切ったニンジンを入れて、全体をもみ、味をなじませれば「ニンジンのラペサラダ」のできあがり!


作ったばかりのものを食べてみると、シャキシャキっとした歯ごたえが心地よいサラダに。
3日前に作ったラペサラダと食べ比べてみると、そのシャキシャキ感は残したまま、味がまろやかになっているとのこと。


作ったニンジンのラペサラダは冷蔵庫で1週間保存可能ですが、味を変えてアレンジサラダを楽しみたい時は、ヨーグルトを入れて「ニンジンのラペと紫キャベツのヨーグルトサラダ」にしたり、バジルや生ハムを加えて「ニンジンのラペサラダのバジル添え」にしたりしても相性バツグンです。


さらに、玉子焼きの具として使うことで「ニンジンのラペサラダの卵焼き」が味わえます。


今が旬のごぼうのサラダ!
『たたきごぼうサラダ』の作り方(レシピ)



【材料】(作りやすい分量)

・ゴボウ       3~4本
・ピーナッツ(無塩) 180g
・すりゴマ(白)   70g
・砂糖        大さじ6
・酢         180cc
・しょう油      90cc


【作り方】

①よく洗ったゴボウを瓶の底などを使って叩いていきます。
 たたくことによってゴボウの繊維がやわらかくなり、味がよくなじみます。

②たたいたゴボウは、食べやすい長さに手でちぎって水にさらしておきます。

③味のアクセントを加えるピーナッツは、フキンなどに包んで瓶の底を使って細かく砕いておきます。
【ポイント
ピーナッツは、生活習慣病を予防する効果が期待できます。

④味をしみ込ませるため、保存容器は底の広い容器(フタ付きのバットのようなものか、底の広いタッパー)を準備します。
 耐熱性容器は、2~3分煮沸、または熱湯をかけてしっかり消毒し、自然乾燥させておきます。
 雑菌がつく可能性があるので、フキンなどで拭かないように!

⑤保存容器に、細かく砕いたピーナッツ、すりごま、砂糖、酢、しょう油を加え、よく混ぜておきます。
【ポイント
塩分、糖分、酸を混ぜ入れることによって、より保存期間が長くなります。
塩分、糖分、酸は「保存トリオ」!

⑥ゴボウを5分ほど茹で、しっかり水気を切ってから、熱いうちに⑤の調味液の中で和えて30分ほど置いたら「たたきごぼうサラダ」のできあがり!


漬けて30分経てば食べられますが、1日置くと味がすごくまろやかになって、2晩、3晩、4晩と、どんどん味が変わっていくそうです。


この「たたきごぼうサラダ」を豚肉と一緒に炒めると、ボリュームたっぷりのおかず「たたきごぼうサラダの豚肉炒め」ができます。


10分置くだけ!
『長いもとキャベツの作り置きサラダ』の作り方(レシピ)



【材料】(作りやすい分量)

・長芋    150g
・キャベツ  5~6枚
・ショウガ  50g
・酢     150cc
・砂糖    大さじ6
・塩     小さじ1と1/2


【作り方】

①ショウガは薄くスライス、キャベツは食べやすい大きさにカットし、長芋はヒゲを取って皮のまま厚さ3ミリ程度の半月切りにします。

②チャック付きの保存袋に、酢、砂糖、塩を入れ、①を加えて10分置いたら「長いもとキャベツの作り置きサラダ」のできあがり!


食べる時にゴマ油をちょっとかけると、また風味が変わって美味しいそうです。


長芋とキャベツの作り置きサラダのアレンジレシピ
『長いもとキャベツの作り置きサラダ 粒マスタード炒め』の作り方(レシピ)



【材料】(作りやすい分量)

・長いもとキャベツの作り置きサラダ 適量 
・ベーコン     適量
・粒マスタード   適量
・オリーブオイル  適量


【作り方】

①フライパンにオリーブオイルをひき、ベーコンと粒マスタード、長いもとキャベツの作り置きサラダを炒め合わせれば「長いもとキャベツの作り置きサラダ 粒マスタード炒め」のできあがり!


岡江さんは「あっ!コクが出て美味しいー!」
薬丸さんは「おかずです。もう作り置きサラダではないですね」
いとうあさこさんは「ご飯ともいいですし、おつまみにもいいですね。美味しい」と。


作ったら1週間冷蔵庫で保存できるなんて嬉しいですよね。
しかもアレンジレシピも簡単!
「作りおきサラダ」、さっそく作ってみますかぁー!


サラダのレシピ本のお取り寄せはこちらからどうぞ
【amazon】サラダ レシピ
関連記事