122稲庭うどん
*画像はイメージです



コシがあって喉越しバツグンの細うどん!
ざるうどんでも鍋焼きうどんでも美味しい


六平直政(むさかなおまさ)さんの今朝のおめざは、
<自家製麺はな>「井熊保子の生うどん(いくまやすこのなまうどん)」
お取り寄せも可能です。

スポンサード リンク



2013年9月11日、六平直政(むさかなおまさ)さんがTBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」で【おめざ】として紹介




<自家製麺はな>の「井熊保子の生うどん(いくまやすこのなまうどん)」 1パック(3人前) 650円


<自家製麺はな>は、静岡県浜松市で井熊保子さんが一人でうどん作りをしているお店。


「井熊保子の生うどん」は、瀬戸の塩を使って、その日のお天気で水の量を調節しながら、井熊保子さんが手づくりした、モチモチ食感の手打ち生うどん。


スタジオには自家製麺はなの井熊保子さんが持ってきた生うどんを、ざるうどんにして用意されていました。


「これは全国の方に食べてもらいたい!お取り寄せもできるんですけど、私もいつも送っていただいて。まぁちょっと食べてみてよ!」と六平直政さん。
浜松に演劇で行ってる時にお世話になった方を通じて、井熊保子さん(うどん屋さん)とお友だちになったのだそう。


食べた感想は…
「おいしいですねー!この細さでこのコシはスゴいですね」と薬丸さん。
「喉越しがいい!ずーっと噛んでたい。おいしいー」と いとうあさこさん。


コシがあって、喉越しのよい井熊保子さん手打ちの生うどん。
1回茹でて、鍋焼きうどんにしても全然煮崩れしないそうです。


おめざの紹介途中で「岡江さんとやっくんに食べさせたかったねー」と六平直政さんが話し始めたとき、豊田綾乃アナウンサーが「ちょっとご紹介させていただきますが」とちょっとキレ気味に制止したのが…。ちょっと言い方きつかったですね…。


スタジオに来てた井熊保子さんが映ってましたけど、おばあさんくらいの年代かと思ったら、結構若くてビックリ!
今は普通のお家で一人で作っているそうで、1日40食限定だそうです。


自家製麺はなの生うどんは、JA三方原開拓土の市(静岡県浜松市北区三幸町77-2)で毎日販売中。
・JA三方原開拓ホームページ:経済事業


お取り寄せは楽天市場でも購入可能。
【楽天市場】井熊保子



FAXで注文する場合は、
自家製麺はな 井熊保子さん宛(053-435-7477)に、
名前、住所、電話番号、個数、合計金額(*650円×個数+1000円(送料:クール便))、配送希望日時を記入して送ってください。
支払い方法は振り込みです。
口座番号など、詳しくは井熊保子 自家製麺はな 手打ちうどんランチ・販売をご確認ください。


【お店紹介】

店名 : 自家製麺はな

住所 : 静岡県浜松市東区積志町1565-6
   
電話番号 : 053-435-7477

FAX番号 : 053-435-7477


<自家製麺はな>「井熊保子の生うどん」はお取り寄せ可能です。

お店情報はこちらから
井熊保子 自家製麺はな 手打ちうどんランチ・販売:mama's Share Shop Soramame (そらまめ)

お取り寄せはこちらから
【楽天市場】井熊保子

関連記事