85餃子
*画像はイメージです



ウマい手づくり餃子を食わしてやろう!


芸能界でも料理上手として知られる、哀川翔さん直伝のこだわり餃子レシピ!
ポイントは具材を潰さず○○の皮を使うこと!



哀川翔さん特製の絶品ひとくち餃子、「哀川流アニキ餃子」を作ってみよう!

スポンサード リンク


2013年8月22日放送『今、この顔がスゴい!』の「手づくり食材にこだわる芸能人スペシャル!」で紹介。


「手づくり食材」にこだわるというスペシャルだったのですが、哀川翔さんがこだわっているのは食材ではなく、その作り方。


芸能界でも料理上手として知られる哀川翔さんが教える、絶品餃子の作り方は○○が普通と違ってた!


ウマい手づくり餃子を食わしてやろう!


哀川翔さんの絶品餃子レシピ!
『哀川流アニキ餃子』の作り方(レシピ)



【材料】(150個分)

・シューマイの皮    150枚 
・春雨         70g
・白菜         1/4株
・ニラ         1束
・豚ひき肉 500g(鹿児島産の黒豚を使用していました)
・ニンニク(おろす)  3片(お好みで)
・しょうが(おろす)  1個(お好みで)
・オイスターソース   大さじ3程度
・塩          小さじ1/2
・コショウ       小さじ1/4
・砂糖         大さじ1/2
・花椒塩(かしょうえん)小さじ3/4
・ゴマ油(焼き油として)適量
・水(蒸らし用)    適量


*「花椒塩(かしょうえん)」とは、山椒風味の中華スパイスで、揚げ物などに使われています。
いろんなメーカーから出ていますが、こういうスパイスです。


哀川翔さんがどのメーカーの「花椒塩」を使っているかは不明です。


【作り方】

【ポイント
とにかく混ぜる時はすべて菜箸を使用!
具材を潰さないように!!


①ボウルに豚挽き肉(哀川さんは鹿児島産の黒豚を使用)を入れ、お肉を潰さないように菜箸で切るようにして混ぜます。(ほぐす感じです)
【ポイント
哀川翔さんはお肉が潰れるのがあまり好きでないということで、お肉が潰れないように菜箸で混ぜる!
ひとつひとつの食材が、口の中で感じられるように。


②挽き肉がほぐれたら、しょうが、ニンニク、塩、コショウ、砂糖を入れ、さらに花椒塩(山椒風味のスパイス)とオイスターソースを加えて菜箸で混ぜます。


③刻んだニラ、白菜を②に加えて、菜箸で混ぜ合わせます。


④半分くらい水で戻した春雨を3㎝くらいの長さにカットし、菜箸で具材に混ぜ込みます。
【ポイント
旨味を吸い込ませるために、春雨は全部戻してしまわないこと。

【ポイント
春雨がいい食感を醸し出します。


⑤シューマイの皮で具材を包みます。
 スプーンを使ってシューマイの皮の中央に具材をのせ、そのままペタンと三角折りに。
 通常の餃子みたいにヒダを作らなくてもキュッキュッと押さえるだけでくっつきます。
【ポイント
具材を包むのにシューマイの皮だと水も折り目もいらず簡単にできます。
包む具材は少なめでOK!
具材が多いとシューマイの皮に入りきれません。
ペタンと三角折りにすることで、全体的に平たくなり、火も均等に通りやすくなります。


⑥ホットプレートにゴマ油をひきます。火は強火で。


⑦餃子をホットプレートにきれいに並べていきます。
 三角形なので、交互に置くことで隙間なく並べることができます。
 この時、ホットプレートがあったまってなくても大丈夫!どんどんのせちゃってください。


⑧適量の水を餃子全体に回しかけ、蓋をして強火の状態で蒸し焼きにます。


⑨3分ほど経ったら、蓋を取って水蒸気を飛ばし、また蓋をします。
 蓋についた水分はそのままホットプレートに戻してOK。
 

⑩⑨の作業を何度か繰り返して、完全に水分がなくなるまで焼き上げたら「アニキ餃子」のできあがり!


焼きあがった「哀川翔特製アニキ餃子」は、ポン酢とお好みでゆずこしょうをつけていただきます。


「アニキ餃子」を食べた感想は…
有吉弘行さん「あ、ウメぇ!皮も軽くてスゲエいい!」
櫻井翔さん「サイズがいいですよ。皮の」
西村和彦さん「最高!!」


「アニキ餃子」は、一口サイズでとても食べやすいと大好評!
春雨の食感も面白くて、とてもジューシー。


有吉さんは「これホントウマいよ!最高です!」
櫻井さんはまだ焼いていない具材の入ったボウルを持って「これ持って帰っていいですか?最高に美味しかったです!」と、かなり美味しかった様子。


哀川翔さんは「雑に作ってるようだけど、美味しいもの食べさせてやるよっていう愛情ね。絶対ウマいもの食わしてやろうって、その気持ちが入ると食べ物ってスゴく美味しくなる」と。


いつも適当にしか料理していない私には、少々耳が痛いお話でしたがごもっとも!!
愛情ね、愛情!!


スタジオではゲスト全員で餃子を包んで楽しそうでした。
みんなでワイワイ言いながら作れるっていうのも美味しく食べるためのスパイスになるのかも。
「哀川翔特製アニキ餃子」、めっちゃ美味しそうでした!
関連記事