715くるみ
*画像はイメージです



八嶋智人(やしまのりと)さん&作家・岩下尚史(いわしたひさふみ)さんの今朝のおめざ
パン焼き釜で焼き上げた甘ーい和菓子!


<御菓子匠 霊岸島 梅花亭(おかししょう れいがんじま ばいかてい)>「亜墨利加饅頭(あめりかまんじゅう)」はお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク



2013年7月23日、八嶋智人(やしまのりと)さんと作家の岩下尚史(いわしたひさふみ)さんがTBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」で【おめざ】として紹介


<御菓子匠 霊岸島 梅花亭(おかししょう れいがんじま ばいかてい)>の「亜墨利加饅頭(あめりかまんじゅう)」 1個 158円


<御菓子匠 霊岸島 梅花亭>は、1850年(嘉永3年)に大伝馬町で創業した和菓子の老舗。


「亜墨利加饅頭」は、職人によって、ひとつひとつ手作りされた白あんを独特の薄い皮で包み、パン釜で焼き上げた昔ながらの栗饅頭。


おまんじゅうにトッピングされたクルミの食感もクセになる老舗の和菓子です。


梅花亭のあめりか饅頭(亜墨利加万頭)は岩下尚史さんのご紹介。
「梅花亭さんは江戸時代から続く老舗なんですけど、あんまり宣伝なさらないので知らなかったんですけど、ある方に紹介されていただいたら美味しくてね。浦賀にペリーが来た時からあるんですよ」と。
ペリーが浦賀に来た時に、長崎帰りの蘭学者に教わって、パン焼き釜で焼いたおまんじゅうなので「亜墨利加(アメリカ)饅頭」というのだそう。


「亜墨利加饅頭」はクルミののった、見た目はハイカラな甘いおまんじゅう。
「最近は甘さ控えめとか言ってるけど、お菓子は甘くないと何食ってるかわからないじゃない?」と岩下尚史さん。
これはしっかりと甘みを感じるお饅頭だそうですよ。


梅花亭には「佛蘭西饅頭(フランスまんじゅう)」(1個:158円)というお菓子もあって、こちらは黒餡をビスケット風の生地で包んで、その上にメレンゲをかけて焼き上げたもの。
オレンジピールがトッピングされていて、ハイカラなお味がするそうです。
そしてこの「仏蘭西饅頭」も、甘ーいお菓子だそうです。


ちょっと濃い目に入れた熱いお茶と一緒に食べたくなる、そんな和菓子ですね。
「亜墨利加饅頭」も「仏蘭西饅頭」もお取り寄せ可能ですよ。


【お店紹介】

店名 : 御菓子匠 梅花亭 本店 霊岸島

住所 : 東京都中央区新川2-1-4(旧霊岸島)
   
電話番号 : 03-3551-4660

FAX番号 : 03-3551-4684

営業時間 : (月~金)9:00~17:00
       (土)9:00~15:00

定休日 : 日曜・祝日

お店のHP : 梅花亭

*上記本店以外にも、深川不動尊仲見世店(東京都江東区富岡1丁目13番10号)、日本橋小伝馬町店(東京都中央区日本橋小伝馬町12番5号)に店舗があります。


<御菓子匠 霊岸島 梅花亭>「亜墨利加饅頭」はお取り寄せ可能です。

お店情報はこちらから
・梅花亭 本店 - 茅場町/和菓子 [食べログ]
・各店のご案内(梅花亭):東都のれん会

お取り寄せはこちらから
【公式通販】和菓子の老舗梅花亭
関連記事