2081生姜
photo by KNOW MALTA by Peter Grima
*画像はイメージです



室井滋(むろいしげる)さんの今朝のおめざ
ぷるんつるん!夏限定の涼やか和菓子


<和菓子処 大角玉屋(おおすみたまや)>「笹生姜(ささしょうが)」を食べてみたい!

スポンサード リンク



2013年7月8日、室井滋(むろいしげる)さんがTBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」で【おめざ】として紹介


<和菓子処 大角玉屋(おおすみたまや)>の「笹生姜(ささしょうが)」 190円


<和菓子処 大角玉屋>は、1912年(大正元年)創業、東京都新宿区住吉町に本店を構える和菓子店。
「いちご豆大福」の元祖のお店です。


「笹生姜」は、味のアクセントに、京都丹波産の大納言小豆を入れている、葛のプリプリとした食感と、生姜のさっぱりとした風味が特徴の和菓子。
笹の葉に包まれた笹生姜は、これからの季節にピッタリの、夏季限定の生菓子です。


生姜がとにかく大好きだという室井滋さん。
「(大角玉屋は)いちご大福の元祖のお店で、いつもは大福を買いに行くんですけど、夏限定でこれが出てたので、何か涼しそうで美味しそう!と思っていただいたら、ビックリするくらい美味しかったので」と。


見た目にも涼しげな和菓子「笹生姜」。
一口食べてみると…
「生姜が効いてる!美味しい!!いいですね!」と岡江さん。
「美味しいー、コレ!食感がプルップルで」と春香クリスティーンさん。


「朝いただくには、小豆も入ってるし、すごくいいと思うんです、元気出る!」と室井さん。
薬丸さんは「大人の甘味って感じですね。美味しいですね」と。


美味しいお店を見つけるのに『鼻がきく』という言葉がありますが、室井さんは『首がきく』のだそう。
何だか首が動いて惹きつけられたお店に、数日後に行くことになるのだそうで、よくわかりませんが、『お店に呼ばれることもある』とも言っていました。


今朝のおめざで紹介した笹生姜は、甘さ控えめ、プルンとした食感でツルンと入っていくそうです。
消費期限は常温で4日間。
ちょっと冷やして食べると、さらに涼しげでヒンヤリとした触感が楽しめる夏の和菓子です。


大角玉屋にはこのほかにも、どら焼きなどお取り寄せ可能な和菓子があるので、詳しくはお店のHPをご確認ください。


【お店紹介】

店名 : 和菓子処 大角玉屋(わがしどころ おおすみたまや)

住所 : 東京都新宿区住吉町8-25
   
電話番号 : 03-3351-7735

FAX番号 : 03-3356-5280

営業時間 : 9:00~19:30

定休日 : 年中無休

駐車場 : なし

お店のHP : 元祖 いちご(苺)大福 - 和菓子製造、和菓子販売の大角玉屋

*上記本店以外にも、銀座店(東京都中央区銀座西3-1)、四谷店(東京都新宿区四谷3-6)に店舗があります。


<和菓子処 大角玉屋>「笹生姜」はお取り寄せ可能です。

お店情報はこちらから
和菓子処 玉屋 本店 - 曙橋/和菓子 [食べログ]


大きな地図で見る
関連記事