iris
photo by ku_ma
*画像はイメージです



いつやるか?今でしょ!
予備校講師 林修(はやしおさむ)さんの今朝のおめざ
かきつばたをモチーフにした上生菓子!


<川口屋(かわぐちや)>「唐衣(からごろも)」はお取り寄せ可能です。
*但し、名古屋から発送して翌日に到着可能な地域のみです。

スポンサード リンク



2013年4月29日、「いつやるか?今でしょ!」でおなじみの予備校講師、林修(はやしおさむ)さんがTBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」で【おめざ】として紹介


<川口屋(かわぐちや)>の「唐衣(からごろも)」 1個 310円


<川口屋>は、愛知県名古屋市中区錦に店舗を構える和菓子店。


「唐衣(からごろも)」は、粒あんとこしあんの2種類を、薄くのばした「ういろう」で包んだ和菓子。
燕子花(かきつばた)をイメージして作られた上品なお菓子です。


カキツバタってこんな花です。川口屋さんの唐衣も、薄紫のキレイな色でした。

Iris laevigata / 杜若(カキツバタ)
photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)


名古屋は和菓子のレベルが非常に高くて、その中でも林先生が一番大好きなのが川口屋さんの和菓子。
「唐衣」は、上品な甘さで美味しいのだそう。


小さいころからいろんな和菓子を食べてきたという林先生。
今でも和菓子屋さんを見つけると、お店に入って何かしら買って帰るのだそうです。


上生菓子は目で見て楽しんで、舌で味わいを楽しんで、季節の移ろいも楽しめる日本らしい和菓子。
おいしいお茶を淹れて、ゆったりとした気分で楽しみたいものです。


「唐衣」は、名古屋から発送して翌日に到着可能な地域には発送可能だそうです。
お住まいの地域が発送可能な地域なのか不明な場合は、お店に直接お問い合わせください。


東大に入るよりジャニーズに入りたかったという林修先生、「今からでもジャニーズシニア作ってほしいですよ」と饒舌トークを繰り広げていましたよ。


余談ですが…


「かきつばた」を模したお菓子の名前が「唐衣(からごろも)」。
唐衣って、かきつばたの別名なのかしら?
その名の由来について触れられていなかったので、気になって調べてみました。


すると、古今和歌集の中に「かきつばた」を詠んだという、こんな在原業平の歌があるそうです。

『唐衣(からころも)きつつなれにし 妻しあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ』

この歌をひらがなで表記してみると、

らころも つつなれにし ましあれば るばるきぬる びをしぞおもふ』

となり、赤字の部分を取り出して読むと、『かきつはた』となり、杜若(かきつばた)が現れます。


カキツバタは愛知県の県花でもあるのですが、お菓子のネーミングはこの歌との関わりもありそうですよね。
和菓子は奥が深い!!そんなところも大好きっ♪


【お店紹介】

店名 : 川口屋(かわぐちや)

住所 : 愛知県名古屋市中区錦3-13-12
   
電話番号 : 052-971-3389

営業時間 : 9:30~17:30

定休日 : 日祝・第4土曜日

駐車場 : なし


< 川口屋>「唐衣」はお取り寄せ可能です。
*配送地域限定!

お店情報はこちらから
川口屋 - 栄/和菓子 [食べログ]


大きな地図で見る
関連記事