1957マールブランシュ 茶の菓
*画像はイメージです



假屋崎省吾(かりやざきしょうご)さんの今朝のおめざ
パリっ子にも大人気の京都のお菓子!


<京都北山マールブランシュ 北山本店>「四季のマカロンとムラング 春」はお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク



2013年4月3日、假屋崎省吾(かりやざきしょうご)さんが、TBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」で【おめざ】として紹介。


<京都 北山 マールブランシュ 北山本店>の「四季のマカロンとムラング 春」 1箱(マカロン・ムラング各8個入り)2,100円


<マールブランシュ>は、京都府京都市北区に本店を構える菓子店。


「四季のマカロンとムラング」は、その四季それぞれの季節をモチーフにしたマカロンと、空気をたっぷりと含ませて焼いたメレンゲのお菓子 ムラングの詰め合わせ。


「四季のマカロンとムラング 春」には、外側はカリッと、中はもっちりとした生地に、濃厚なガナッシュをはさんだ春限定の桜風味のマカロン。
夏は紫陽花(あじさい)、秋は桔梗(ききょう)、冬は椿のマカロンがセットに入ります。


見た目にもとてもかわいらしく春らしいお菓子の詰め合わせ。
「まぁーかわいい!假屋崎さんらしいですね」と岡江さん。


「まだまだ桜の季節だから。まずこのマカロン召し上がってください。見てまず美しい。マールブランシュが和テイストで作ったマカロンなので」と假屋崎省吾さん。


パリで行われる個展の時は、マールブランシュの「茶の菓(ちゃのか)」をプレゼントしているそうで、パリッ子にも大人気だとのこと。



マールブランシュ お濃茶ラングドシャ 茶の菓(20枚入)


桜風味のマカロンを食べた感想は…
「鼻から抜ける桜の感じがいいですね」と薬丸さん。


假屋崎省吾さんは「サクサク感と、中のしっとりとしている感じが、ひとつひとつ丁寧に作ってくださってる素晴らしいところなんですよ」と。
四季によって、桜、あじさい、桔梗、椿と、お花の種類が変わるところも、マールブランシュのマカロンがお気に入りのポイントのようです。


ラングドシャの「茶の菓」や「お濃茶クランチ」(バレンタイン限定?)という抹茶チョコを食べたことがありますが、間違いなく美味しいお菓子です。
京都みやげとしても有名ですよね。
パッケージもかわいいので、お土産やプレゼントにも喜ばれますよ。


【お店紹介】
店名 : 京都北山 マールブランシュ 北山本店
住所 : 京都府京都市北区北山通植物園前
電話番号 : 075-722-3399
FAX番号 : 075-702-9440
営業時間 : 9:00~20:00
      サロン 10:00~20:00
定休日 : 無休
駐車場 : あり
お店のHP : 京都 北山 マールブランシュの公式サイト

*上記本店以外にも多数店舗がありますので、詳しくは、店舗情報/京都 北山 マールブランシュをご確認ください。

<マールブランシュ>「四季のマカロンとムラング」はお取り寄せ可能です。

お店情報はこちらから
マールブランシュ 北山本店 - 北山/ケーキ [食べログ]

お取り寄せはこちらから
マールブランシュオンラインショップ

茶の菓など<マールブランシュ>スイーツのお取り寄せはこちらからも
【高島屋オンラインストア】MALEBRANCHE(マールブランシュ)
【大丸松坂屋オンラインショッピング】マールブランシュ
【楽天市場】マールブランシュ


大きな地図で見る
関連記事