1956味芳斎 牛肉飯
photo by Phreddie
*画像はイメージです



さかなクンの今朝のおめざ
辛い!ウマい!新陳代謝がギョギョッと上がる!?
さかなクンおススメのお肉料理


<中華料理 味芳斎(みほうさい)>「牛肉飯(ぎゅうにくはん)」を食べてみたい!


EXILEのMAKIDAIも大絶賛!?ヨーグルトにもかけちゃう鰹節!!
さかなクンがいつも持ち歩いてる鰹節<マルサヤ>「本枯本節二年物」はお取り寄せ可能です。


今日もレッツギョー!となるサプリメント
<銀座上符メディカルクリニック>「DHEA」を飲むと、朝の目覚めがギョギョッとなる!?

スポンサード リンク



2013年4月2日、さかなクンがTBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」で【おめざ】として紹介


<中華料理 味芳斎(みほうさい)>の「牛肉飯(ぎゅうにくはん)」 昼:1,000円 / 夜:1,200円


<中華料理 味芳斎>は、東京都港区芝大門に本店・支店を構える人気中華料理店。


「牛肉飯」は、和牛のホホ肉を、鷹の爪など3種類の香辛料を使って煮込み、一晩寝かせたお店の人気メニュー。
辛みと香辛料の味が口いっぱいに広がる一品です。


「そーとー辛いです。美味しい辛さです!」と、さかなクン。

お肉はやわらかいようなのですが…
「辛ーい!でも美味しい!!」と岡江さん。


「この辛さは『おめざ』ですね!」とさかなクンが言うと、薬丸さんは「目覚めますけど、違う目覚めですね、これは。かーらーい!!」と、かなり辛そうに顔をしかめていました。


「牛肉飯」はお持ち帰り用にお土産パックにしてもらえるので、さかなクンのお兄さんも喜んで食べているそうです。
新陳代謝がギョギョッと上がる「牛肉飯」、辛いのが得意な方は試してみては。


さかなクンのカバンの中の必需品として紹介された鰹節(かつおパック)は、マルサヤの「本枯本節二年物うす削り」。



「牛肉飯」にかけたり、ヨーグルトにもポテトチップスにもかけて食べてるのだそう。


えっ!?ヨーグルトに鰹節??と驚いてたら、さかなクンは「EXILEのみなさんにも大絶賛していただきました!ぜひ『ギョためしください』!MAKIDAIさ~ん!」と。


昨年体調を崩した時に社長さんから勧められて飲み始めたサプリメントは、銀座上符メディカルクリニックの「DHEA」。
これを飲むと、「朝の目覚めが最高!」「今日もレッツギョー!」なのだそうですよ。


【お店紹介】

店名 : 中華料理 味芳斎(みほうさい)本店

住所 : 東京都港区芝大門1-4-13
   
電話番号 : 03-3431-6543

営業時間 : 11:00~15:00 / 17:00~22:00(21:30LO)

定休日 : 土・日・祝日

駐車場 : なし

*上記本店以外にも、味芳斎 支店(東京都港区芝大門1-10-1 全国たばこビル1F)に店舗があります。


<中華料理 味芳斉>「牛肉飯」はお取り寄せできません。

お店情報はこちらから
味芳斎 本店 ミホウサイ - 大門/中華料理 [食べログ]

味芳斎 支店 ミホウサイ - 大門/中華料理 [食べログ]


マルサヤ「本枯本節二年物うす削り」のお取り寄せはこちらから
【楽天市場】本枯本節二年物うす削り

【Yahoo!ショッピング】本枯本節二年物うす削り

鰹節問屋マルサヤ 楽天市場店


鰹節問屋マルサヤ Yahoo!ショッピング店
関連記事