122稲庭うどん
*画像はイメージです



料理上手なピーターさんがパパッと作る絶品つけだれ!


ピーターさん直伝!「五島手延べうどん&つけだれ」と「ジンジャーエール」を作ってみよう!

スポンサード リンク



2013年3月16日のメレンゲの気持ちでピーターさんが紹介。


簡単!美味しい!ピーターさん直伝
五島手延うどん「つけだれ」の作り方(レシピ)




【つけだれの材料】

・生卵   1個
・麺つゆ  大さじ1
・ごま油  小さじ1
・しそ
・みょうが
・生姜
・ねぎ


【作り方】

★生卵と麺つゆをよく溶き混ぜ、ゴマ油を加え、しそ、みょうが、しょうが、ねぎを好きなだけ入れたらできあがり!


釜茹でした五島手延うどんを、このつけだれで食べると、薬味の香り、ゴマ油の香りとともに、コシのある五島うどんがツルツルと入っていくのだそう。


スタジオのみなさんは「止まらないー!」と言ってパクパクツルツル食べていました。



ピーターさん直伝
「ジンジャーエール」の作り方(レシピ)


自家製ジンジャーエール仕込み中
photo by dreamcat115


【材料】

・生姜
・水
・三温糖  1㎏
・シナモンパウダー


【作り方】

①生姜を皮ごと2~3ミリの厚さにスライスします。


②耐熱皿に並べて、ラップなしで電子レンジで5分加熱します。

*お天気が良ければ天日干しが良いそうです。


③片手鍋に水を入れ、沸騰したところで三温糖を1袋(1㎏)入れ溶かします。


④②のショウガを鍋に加え、弱火で3時間煮込みます。


⑤シナモンパウダーを入れてひと煮立ちさせ、香りが立ったら保存容器(ビン)に入れて冷まします。
保存は冷蔵庫で。



できあがったジンジャーシロップは、かなりトローッとしていました。


飲むときは、ジンジャーエールの素とクラブソーダ(甘くないソーダ水)を3:7の割合で割っていただきます。
濃さはお好みで調整してください。




生姜や水の分量表示はありませんでしたが、三温糖を1㎏入れていたので、水も1リットル、しょうがも1㎏くらいかな?
クックパッドでジンジャーエールのレシピを検索してみたのですが、だいたい同量で作っている方が多いようなので、まずはその分量で試してみてください。


かなりフレッシュで美味しそうなジンジャーエールでしたよ。

関連記事