2856さつまいも
*画像はイメージです



白玉とお芋の新感覚ご当地スイーツ
発掘!ご当地スイーツの旅in熊本!


<白玉屋新三郎(しらたまやしんざぶろう)>「からいも白玉」はお取り寄せ可能です。(3月までの限定販売!)

スポンサード リンク



2013年3月6日、スッキリ!!のうまいッス!!で『発掘!ご当地スイーツの旅~熊本編~』熊本県でみつけた絶品ご当地スイーツとして紹介。


<白玉屋新三郎(しらたまやしんざぶろう)>の「からいも白玉(しらたま)」 1箱 525円


<白玉屋新三郎>は、1638年(寛永15年)創業、熊本県八代郡氷川町吉本に本店を構える白玉菓子専門店。


熊本県は、新潟県、埼玉県に並ぶ『日本三大白玉粉産地』と言われていて、<白玉屋新三郎>は江戸時代から続く、白玉を使ったお菓子を専門に製造販売しているお店なのです。


「からいも白玉」は、カラメルソースをかけて食べるスイートポテト。
スプーンを入れると、中には大きな白玉がコロンと入っています。


なめらかなスイートポテトと、もっちりとした白玉の食感のバランスは絶妙!



白玉屋新三郎の白玉レシピ


どうやって作っているのか
気になる「からいも白玉」の作り方は?


半分にカットした唐芋(からいも)をオーブンに入れて約50分焼きます。

できあがった焼き芋の中身をスプーンを使ってくり抜きます。

若干厚めに皮を残した状態の焼き芋の皮を器に見立て、そこに自家製白玉を4つ入れます。

先ほどくり抜いた焼き芋に、砂糖やバターを混ぜて作ったスイートポテトのペーストを、たっぷりとのせていきます。

さつまいもの形になるように整えて、冷凍庫で冷やし固めたら「からいも白玉」のできあがり!


食べる前にレンジであたためて、アツアツの「からいも白玉」に香ばしい蜜をたらしてからいただきます。


スタジオで試食した感想は…?

テリー伊藤さん「これね、甘いから(蜜を)かけなくても十分美味しい。これはね、贅沢!すごいね」

加藤浩次さん「白玉を食べる時にカラメルソースをかけた方がいいね。コレ、女性は好きだわー。これはあっためた方が美味しいですね」

大沢あかねさん「すごいコレ。かけなくても十分美味しい。ふわふわ~。あんまり味わったことのない食感」

宮崎哲弥さん「食べたことないですね」

と大好評!


「からいも白玉」は、この時期にしか食べられない、3月までの年間限定販売スイーツ。


白玉屋新三郎の「からいも白玉」は、『がんばる私にごほうびスイーツ』にも掲載されている絶品ご当地スイーツです。


がんばる私にごほうびスイーツ ~デパ地下から本店、お取りよせまで極上80品~


【お店紹介】
店名 : 白玉屋新三郎(しらたまやしんざぶろう)本店
住所 : 熊本県八代郡氷川町吉本72
電話番号 : 0964-43-0031
営業時間 : (9月~5月)8:00~18:00
      (6月~8月)8:00~20:00
定休日 : 元旦
駐車場 : あり
お店のHP : 白玉屋新三郎へようこそ

*上記本店以外では、大丸福岡天神店(福岡県福岡市中央区天神1-4-1 大丸福岡天神店 B2F)、大丸大阪梅田店(大阪府大阪市梅田3-1-1 大丸大阪梅田店 B1F)、熊本城 桜の小路店(熊本県熊本市中央区二の丸1-1-2)に店舗があります。


<白玉屋新三郎>「からいも白玉」はお取り寄せ可能です。

お店情報はこちらから
白玉屋新三郎 本店 しらたまやしんさぶろう - 小川/甘味処 [食べログ]

お取り寄せはこちらから
白玉スイーツ専門店 白玉屋新三郎


大きな地図で見る


2013年3月6日放送のスッキリ!!うまいッス!!『ご当地スイーツの旅~熊本編~』で紹介された、熊本県のご当地スイーツは、<どらどら>の「どらどらバーガー」と、<白玉屋新三郎>の「からいも白玉」の2つでした。
関連記事