1835玉ねぎ
*画像はイメージです



今話題!たまねぎ氷で健康UP!
ポンッと入れるだけで、お料理の旨味&甘味がUP!


「えのき氷」は知ってるけど、「タマネギ氷」って何?
こんなにすごい、玉ねぎ氷健康法!


症状別のレシピも公開です♪

スポンサード リンク



2013年1月14日、L4YOU!(エル・フォー・ユー)/L4Net : テレビ東京で、今話題の『たまねぎ氷』として紹介。
2013年2月13日放送のTBS『はなまるマーケット』でも紹介。

・糖尿病・高血圧予防に!「たまねぎ氷」はなまるマーケットで紹介


本屋さんに行くと、目立つ場所に平積みされているほど大人気の本が、管理栄養士・料理研究家の村上祥子(むらかみさちこ)さんの著書「病気にならない! たまねぎ氷健康法」と「たまねぎ氷が血糖値を下げる! おいしい糖尿病レシピ」など、「たまねぎ氷」関連のもの。





「たまねぎ氷」のココがすごい!


☆甘味・旨味が氷に凝縮されている!

☆調味料がわりになって、減塩効果も期待できる!

☆料理がラク+健康アップ!



「たまねぎ氷」の驚きの健康パワー!
生活習慣病の予防や改善に効果的!


生活習慣病の代表的なものといえば、糖尿病高血圧
特に、糖尿病は、近年日本人に増え続けている生活習慣病。


玉ネギを切ると、玉ネギの細胞から、目にしみる物質「イソアリイン」という成分が出てきます。
実はこの成分「イソアリイン」が体に良くて、血糖を下げる効果があるのだそう。


また、玉ネギが持つ黄色い成分「ケルセチン」を毎日習慣的に摂取すると、血管を傷つける活性酸素が除去されて血栓や動脈硬化になりにくくなるため、結果、高血圧の予防にもつながります。


血流がスムーズになると血圧も下がり、さらに血流が良くなることで、女性に多いお悩み「冷え性」の予防改善にも!


ということで、玉ネギを手軽に摂取できる「タマネギ氷」、血管年齢が気になってくる40~50代以上の方は常食すると良いそうです。



村上祥子さん直伝!
「たまねぎ氷」の作り方(レシピ)



たまねぎ氷(空飛ぶ料理研究家、村上祥子推奨)

【用意するもの】

・ポリ袋
・ミキサー
・製氷皿(2~3枚)


【材料】(1㎏分)

・玉ネギ 4~5個(正味1kg相当)
・水   200㎖


【作り方】

① 玉ねぎの上側と根を切り落として皮をむき、硬い芯の部分を取り除きます。


② 玉ねぎを丸ごとポリ袋に入れ、口は閉じずに耐熱皿などにのせて電子レンジにかけます。(加熱時間は、600Wで20分/500Wで24分が目安です)

*たまねぎを加熱すると大量のエキスが染み出てきます。ポリ袋に入れて、そのエキスをこぼさないようにします。

*ポリ袋の口は縛らないこと!口を開けておくことで、程よい風味が残ります。

*電子レンジでゆっくりと加熱することで、玉ねぎの細胞が壊れて、中に含まれているオリゴ糖(甘み)が増してきます。


③レンジにかけてやわらかくなった玉ねぎと、ポリ袋に溜まったタマネギエキス、水をミキサーに入れ、10秒ほど回してトロトロにします。

*ポリ袋内に溜まったエキスには、栄養成分が豊富に含まれています。

*加熱によって蒸発した水分を補給するために、玉ねぎ1㎏分なら約200㎖の水を加えます。


④粗熱が取れたら製氷皿に流し入れ、水分が飛ばないようにフタをし、冷凍します。

*大さじを使って製氷皿に入れていけば、玉ねぎ氷の大きさを一定にできます。(1個25gが目安です)


玉ねぎを氷にしておくことによって、日々のお料理にも手軽に使うことができます。
ポンッと入れるだけで、お料理の旨味&甘味がUP!


例えば、カレーにポンッと入れるだけで、コクとまろやかさが引き立ち、一味もふた味も美味しさがアップします。


できあがったタマネギ氷は、冷凍庫で2か月の長期保存が可能なので、1㎏くらい大量に作り置きしておくと便利です。



タマネギ氷を使ったレシピ①
「タマみそスープ」の作り方(レシピ)


japanese miso soup
photo by iandeth


【材料】(2人分)

・だし   300㎖
・みそ   大さじ1
・わかめ、豆腐  適量
・たまねぎ氷 2個
・万能ねぎ(お好みで)


【作り方】

①いつも通りにお味噌汁を作ります。


②煮立ってきたら、たまねぎ氷を入れて、溶けたらできあがり!


いつものお味噌汁よりも少しお味噌を少なめにしたものに、たまねぎ氷を入れるだけ。


*お味噌を控えめにしておかないと、辛く感じてしまいます。味噌を控えることで、減塩にもなります。



血液サラサラ血管元気!魚+たまねぎ氷料理
タマネギ氷を使ったレシピ②
「鮭のホイル焼き」の作り方(レシピ)


Smothered salmon with vegetables
photo by pelican


【材料】(2人分)

・鮭  2切れ(200g)
・塩、コショウ、ガーリック(粉) 各少々
・たまねぎ氷  2個(50g)
・プチトマト(へたを取って半分にカット)10個
・パセリ(みじん切り) 少々    
・オリーブ油  小さじ2


【作り方】

①鮭は骨を除き、塩、こしょう、ガーリックを軽くふる。


②25×25cmのアルミホイル2枚を用意し、内側の中央にサラダ油を塗る。


③アルミホイルに①の鮭をのせてパセリを散らし、オリーブ油をかけ、その上にたまねぎ氷を1個のせて、プチトマトを周りにおきます。


④向こう側と手前のホイルを中央に寄せて二重折りにして、両サイドも内側に折って包みます。


⑤オーブントースターやグリルで14~15分、サケに火が通って、いい香りが漂うまで焼いたらできあがり!


*塩・コショウは控えめにしておかないと辛く感じます。



タマネギ氷を使ったレシピ③
「マグロのブツ・たまねぎ氷のつけダレ」の作り方(レシピ)


slices of raw tuna
photo by [puamelia]


【材料】(2人分)

・マグロのぶつ切り 150g
・たまねぎ氷   2個(50g)
・ポン酢しょうゆ 小さじ1
・柚子こしょう  適量


【作り方】

たまねぎ氷を溶かしたものに、ポン酢しょうゆと柚子胡椒を加えて混ぜたつけダレに、マグロのぶつ切りをつけていただきます。


*マグロだけでなく、他のお刺身にも合うそうです。



冷え性対策のたまねぎ氷料理
タマネギ氷を使ったレシピ④
「鶏レバーときくらげのたまねぎ氷あえ」」の作り方(レシピ)


【材料】(2人分)

・鶏レバー  60g(茹でてザルにあげ、1㎝角に切っておく)
・乾燥きくらげ  大さじ2(水で戻して1㎝角に切っておく)
・玉ネギ氷  1個(25g)
・オイスターソース  小さじ1
・いりゴマ  少々


【作り方】

①解凍しておいた玉ねぎ氷にオイスターソースを合わせ、あらかじめ加熱&カットしておいた鶏レバーときくらげを和えます。


②お皿に盛って、仕上げにいりゴマをかければできあがり!


*レバーに含まれる鉄分とビタミンB2で冷え対策!



疲労回復!たまねぎ氷ドリンク
タマネギ氷を使ったレシピ⑤
「作り置きたまねぎ氷バーモント」の作り方(レシピ)


Cold Day Hot Drink
photo by Dennis Dalton


【材料】(450㎖のフタ付ガラス瓶1本分)

・玉ネギ氷   4個(100g)
・はちみつ   100g
・りんご酢   200㎖


【作り方】

①解凍したたまねぎ氷を入れた耐熱容器に はちみつ、リンゴ酢を入れ、ラップをかけずに電子レンジ600Wで1分(500Wで1分20秒)加熱します。


②乾いたお箸などで全体を混ぜ、ふたをして一晩おいたらできあがり!


③そのまま飲むときは、1回に大さじ1杯ずつ。
お湯や炭酸水で3~4倍に薄めてもOK。
牛乳や豆乳に混ぜると、ヨーグルトドリンク風に楽しめます。


*「たまねぎ氷バーモント」は、冷蔵で1年間保存可能です。



いろんなレシピが紹介された「タマネギ氷」ですが、玉ねぎ特有の辛さはほとんど感じられず、甘さがググッと際立つ調味料になるようです。


まだまだ人気の「えのき氷」、そして新たな「たまねぎ氷」。
作るのが面倒な場合は、どちらも手軽に通販で( *´艸`)♪






「たまねぎ氷」のお取り寄せはこちらからどうぞ
【amazon】たまねぎ氷

【楽天市場】たまねぎ氷
関連記事