かっけ。(つつけとも言う)
photo by naruhide
*画像はイメージです



八戸の冬には欠かせない定番料理
八戸市周辺の激安鍋料理とは!?


青森県八戸市のヒミツのごちそう、「むぎかっけ」「そばかっけ」はお取り寄せ可能です。


「かっけ」って病気の名前じゃ…???

スポンサード リンク



2013年1月24日、カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOWで『青森県民の秘密のごちそう』として紹介。


八戸市周辺に住む青森県民は、粉物の鍋料理『かっけ』が大好き!?


青森県八戸市周辺のヒミツのごちそう
粉モノの鍋料理「かっけ」





青森県八戸市周辺のヒミツのごちそうとして『秘密のケンミンショー』で紹介された「むぎかっけ」とは、小麦粉でできたペラッペラの食べ物。


その「かっけ」をしゃぶしゃぶ風にしてニンニク味噌で食べるのが、冬の定番料理で大好きなのだそう。


「むぎかっけ」は見た目は餃子かワンタンの皮のように見えますが、裏面に書いてある名称は「なまうどん」。
うどんと同じように小麦粉やでんぷんを練り上げて熟成させたものを機械に通して、およそ2㎜の薄さまでのばしたものなのです。


青森県でお盆にきな粉をまぶして食べる「背中あて」とほぼ同じ作り方なのだそう。




その「かっけ」を三角形になるように4等分し、白菜とお豆腐が入った、ごく一般的な湯豆腐のような鍋の中に入れて食べるのですが、お鍋自体には味がありません。


青森名産の田子ニンニクをすりおろし、田舎味噌、砂糖、みりんを加えて作った「にんにく味噌」を絡めながら食べるのです。


お鍋に入れて3分くらい経つと、かっけが浮かんできます。
そこをすくい上げて、ニンニク味噌を絡めながら食べるのが最高に美味しいのだそう。


「かっけ」には小麦粉から作る「むぎかっけ」と蕎麦粉から作る「そばかっけ」があります。
「むぎかっけ」は麦の甘みとトロッとした舌触りが良く、ちょっと薄茶色い「そばかっけ」も定番だとのこと。




かっけはご飯のかわりになるので、40枚くらい食べるという方も。(むぎかっけ10枚分くらいですね)
青森県出身の田中義剛さんは、100枚くらい食べるそうです。


「むぎかっけ」も「そばかっけ」もスーパーのお鍋の具材コーナーに並べられていて、その横には専用の「かっけのたれ」と書かれたニンニク味噌ダレも。




居酒屋さんでのお酒の〆も「かっけ」。
本当に愛されているご当地グルメのようです。


「かっけ」の誕生秘話



江戸時代から食べられているという「かっけ」。


稲作がなかなかうまくいかないといったことから、そばとか小麦とか粉食文化が非常に栄えた地域。


小麦粉で作ったうどんを切る時に出る「切れ端」を利用したのが「かっけ」のルーツといわれているとのこと。


先祖の風習を大事にするこの地域では、質素な昔の食卓そのままに「かっけ」の時は他のおかずが並ばないとされているのだそう。


南部地方の方言で「かぁけ」とは「ほら、食べなさい」の意味。
「かぁ」は「さぁ」とか「ほら」の意味。
「け」は「食え」という意味。


「かっけ」は「ほら、食べなさい」という「かぁけ」からきているという説も。




「かっけ」を使ったレシピ



★かっけを揚げてから塩を振り、ポテトチップス風に。

★挽肉と味噌をかっけで包んで揚げる。


お鍋以外の食べ方もあるんですね♪


以前紹介された「背中あて」はネット販売がなかったのですが、「むぎかっけ」が大きくなったようなものだとのことでした。
ということは、これに青きな粉をまぶして食べたら「背中あて」とほぼ同じ味になるのかな?


青森県の「蕎麦かっけ」「麦かっけ」はお取り寄せ可能です。


お取り寄せはこちらから
【楽天市場】八戸 かっけ

【Yahoo!ショッピング】かっけ

関連記事