2844あべのポテト



氷砂糖で溶かした蜜に、揚げた芋を漬け込む名物ポテト!
発掘!ご当地スイーツの旅in大阪!


<嶋屋(しまや)>「あべのポテト」はお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク



2013年1月16日、スッキリ!!のうまいッス!!で『発掘!ご当地スイーツの旅~大阪編~』大阪でみつけた絶品ご当地スイーツとして、関西NO.1グルメリポーターのタージンさんが紹介。




<嶋屋(しまや)>の「あべのポテト」 310g 525円


<嶋屋>は、大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋に本店を構える、行列のできる芋菓子のお店。


お店の一番人気「あべのポテト」は、「大学芋」に近い、似て非なる名物ポテト。
一見、大学芋に見えますが、作り方が違うのだとか。


あべのポテトは以前、ごきげんようで地方の銘菓として紹介されていました。
嶋屋「あべのポテト」ライオンのごきげんようで今日のおやつとして紹介


どうやって作っているのか
気になる「あべのポテト」の作り方は?



使用するのは鹿児島県産のサツマイモ。
これを約180℃の油で、20~30分間、時々空気に触れさせながらふっくらと揚げていきます。

揚げたさつまいもを、氷砂糖を溶かした特製の蜜に2分ほど漬け込みます。


これで、表面にしっとりと蜜を吸いこんだ「あべのポテト」の完成です。


水飴を使う大学芋と違い、やわらかくてしっとりとした食感。
氷砂糖の甘さで、あっさりと食べられる大阪のご当地ポテトです。


食べるとほっこり♪


スタジオ試食の感想は…?

加藤浩次さん「お、大学芋よりそんなに嫌な甘みがない感じ。ちょうどいい。美味しい」
大沢あかねさん「あ、しっとりしてますね~やわらかい」
宮崎哲弥さん「中に甘みが浸透している感じがしますね」
テリー伊藤さん「このくらいの(甘みの)方がたくさん食べられますね」


「あべのポテト」は、氷砂糖を溶かした蜜ならではのやさしい甘みが特徴の、ホクホクふっくら芋スイーツです。




お取り寄せのあべのポテトは、冷凍で約1ヶ月日持ちするので、食べたい時に少しずつ解凍して食べられるのもいいですね。


【お店紹介】
店名 : 嶋屋(しまや)本店
住所 : 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-37
電話番号 : 06-6621-7167
FAX番号 : 06-6623-7569
営業時間 : 9:30~20:00
定休日 : 年中無休
駐車場 : なし

*上記本店以外では、天王寺MIOプラザ館店(大阪市天王寺区悲田院町10-48 天王寺MIOプラザ館B1F)、天下茶屋店(大阪市西成区岸里1-1-95 デイリーカナートイズミヤ1F)に店舗があります。


<嶋屋>「あべのポテト」はお取り寄せ可能です。

お店情報はこちらから
嶋屋 本店 しまや - 阿倍野/和菓子 [食べログ]

お取り寄せはこちらから
行列のできるお芋やさん嶋屋の名物
【楽天市場】嶋屋 あべのポテト



大きな地図で見る
関連記事