香炉庵
photo by jun560
*画像はイメージです



今週末に行きたい穴場スポット!
クリスマスにもおススメ!横浜元町グルメ&ショップ巡り


横浜元町の大人気スイーツ!
<香炉庵(こうろあん)>「黒糖どらやき」「林檎のどらやき」「黒糖 あんプリン」を食べてみたい!

スポンサード リンク



2012年12月21日、日本テレビ ヒルナンデス!「今週末に行きたいンデス!~横浜・元町編~」で紹介。


<香炉庵>は、神奈川県横浜市中区元町に本店を構える創作和菓子のお店。
作りたて、焼き立ての和菓子が揃うお店には、四季折々の食材を使ったかわいらしいデザインの和菓子が並びます。


看板商品の「黒糖どらやき」は、沖縄の黒糖と北海道産の小豆の素朴な甘さが楽しめる上品な一品。


甘みとコクがある新鮮な卵(神奈川県産 長壽卵)と、香り高い沖縄県産の黒糖を練り込んだ生地は、焼き上がりがしっとりとしてふわっふわ!
3時間炊き上げた北海道産小豆のあんこをサンドしたら「黒糖どらやき」のできあがり。


<香炉庵(こうろあん)>の「黒糖どらやき」 1個 168円




「林檎(りんご)のどらやき」は、12月と1月、季節限定で販売されているどらやき。
蜜漬けされたリンゴを、そのままざく切りにして白あんの中に入れています。


やわらかく口どけのよい生地と白あん、そしてシャキシャキとした食感のりんご。
甘さと酸味のバランスがちょうどよい、人気の一品です。


<香炉庵(こうろあん)>の「林檎のどらやき」 1個 210円
(*12月、1月の限定販売商品)




「黒糖 あんプリン」は、通常のプリンのカラメル部分に小豆と黒みつをゼリー状にしたものが入った和洋折衷スイーツ。


水ようかんの製法で制作されたなめらかな口どけの濃厚な和風プリンに、あんこと黒蜜のゼリーが良く合います。


試食した久本雅美さんは、幸せをかみしめるように「大好き、これ。美味しいー。プリンが洋なのに、あんこが絡まって和と洋が一緒になった国際結婚的なね、ハッピーウェディングです、ホントに!」と大絶賛!


ライセンスの藤原さんも「うわー、ウマっ!今までのカラメルで食べるプリンよりも、こっちの方がウマく感じる」と。


このプリンは、コーヒー、紅茶はもちろんのこと、日本茶にも合う!とのことでした。


スタジオでは男性陣がプレーンを、女性陣が抹茶味のあんプリンを試食。
有吉さんは「ウマーっ!」と言ってあっという間に完食!
ゲストの安達祐実(あだちゆみ)さんは「すごい美味しい!!」と叫んでいました。
抹茶味は「苦味もあるし、カラメルよりも餡の方が合うような気がする」とのことでした。


黒糖あんプリン 抹茶は以前、萩原健一さんがはなまるマーケットで紹介していましたね。

香炉庵「黒糖あんプリン(抹茶)」萩原健一さんのおめざ


<香炉庵(こうろあん)>の「黒糖あんプリン(プレーン・ 抹茶)」 1個 各250円


黒糖あんプリンは元町本店とそごう横浜店で販売されている通年商品(グランスタ店では販売されていません)


プリンに関しては生菓子で日持ちが2日しかないため、店頭販売のみで配送は行っていません。


香炉庵の黒糖どらやきやお菓子の詰め合わせなどは配送が可能だったのですが、今のHPを見ると記載がないですね…?
《おつかい菓子》というページができていて、そこに掲載されているお菓子はお日持ちのするお菓子のようですが。


もともとネット販売はなく、電話注文及びFAX注文だったので、詳しくはお店にお問い合わせしてみてくださいね。


【お店紹介】

店名 : 香炉庵(こうろあん)元町本店

住所 : 神奈川県横浜市中区元町1-40

電話番号 : 045-663-8866

FAX番号 : 045-663-8866

営業時間 : 10:00~19:00

定休日 : 不定休

駐車場 : なし

お店のHP : 元町和菓子の香炉庵です

*上記本店以外には、グランスタ店(東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅グランスタB1F)、そごう横浜店(神奈川県横浜市西区高島2-18-1 B2F)などに店舗があります。


<香炉庵>「あんプリン」はお取り寄せできません。


お店情報はこちらから
元町 香炉庵 元町本店 こうろあん - 元町・中華街/和菓子 [食べログ]



大きな地図で見る
関連記事