991干し柿
Photo by kzhk
*画像はイメージです



お取り寄せ№1スイーツ!
儲かる!ご当地お菓子!バカ売れのヒミツ


長野県のご当地お菓子、<マツザワ>「市田柿ミルフィーユ(いちだがきミルフィーユ)」はお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク



2012年12月2日放送のTBS「がっちりマンデー!!」で『儲かるご当地お菓子 第5弾』として紹介。




<マツザワ>の「市田柿ミルフィーユ(いちだがきミルフィーユ)」(燻蒸タイプ) 1個(110g:約40㎜×100㎜×25㎜) 1,050円




<マツザワ>の「市田柿ミルフィーユ(いちだがきミルフィーユ)」(無燻蒸タイプ) 1個(110g:約40㎜×100㎜×25㎜) 1,575円
(*楽天市場、2011年に行われたO-1グランプリ(お取り寄せグルメ決定戦)において『スイーツ部門 大賞』を受賞した「市田柿ミルフィーユ」は、こちらの『無燻蒸』タイプです)


「市田柿ミルフィーユ」は、2008年発売、将軍の歯固め菓子として江戸時代から知られている高級和菓子、市田柿(いちだがき)の干し柿を使った高級干し柿スイーツ。


以前、黄金伝説で、スイーツ好きの女性1000人が選んだ「食べてみたい変り種スイーツ」の第24位として紹介されていました。

マツザワ「市田柿ミルフィーユ」いきなり!黄金伝説。で紹介(第24位)


市田柿(干し柿)の種とヘタを取り除き、国産のバターをサンドして柿のミルフィーユのように何層にも重ねたスイーツが「市田柿ミルフィーユ」。


この地域では昔から、市田柿の干し柿にチーズやバター、くるみや柚子を挟んだりと、家庭ごとに独自の美味しい干し柿の食べ方があったという、まさにご当地お菓子。


市田柿ミルフィーユを開発した森本さんの家では、代々干し柿にバターを挟んで食べていたとのこと。
バターをサンドすることで、バターが干し柿の独特のクセを消してくれるのだそう。


市田柿のとろりとした濃厚な甘さは感じられながらも、干し柿の自然な甘みとバターの味がほどよくマッチした絶妙な味わいが楽しめる「市田柿ミルフィーユ」。


スタジオで試食した石塚英彦さんは一口食べて「あ、あのー、出会ってすぐ大ファンになるってこういうことですね。レーズンバターが大好きなんですけど、それの親戚にいる感じ」、加藤浩次さんは「えー!大人のスイーツです。全部が自然の甘さですね。これはホントにウマいわ」と。


「市田柿ミルフィーユ」は、年間売り上げ1万個の大ヒット商品になっている、干し柿が苦手な人でも食べやすく仕上げた上品な柿スイーツです。





無燻蒸、燻蒸、どちらのタイプも、今注文すると2013年3月下旬以降の商品発送となっています。


干し柿の自然な甘さとバターが溶け合う市田柿ミルフィーユ。
少しずつカットして大事に食べたいスイーツですね。
(*賞味期限は冷蔵で約60日間、開封後は冷蔵で3日以内です)



2012年12月2日放送のがっちりマンデーで儲かるご当地お菓子として紹介されたのは、
の6つでした。


【会社紹介】

社名 : 株式会社 マツザワ(愛情宣言)

住所 : 〒399-3192 長野県下伊那郡高森町下市田3123

電話番号 : 0265-35-2333

FAX番号 : 0265-35-2939

電話受付時間 : 9:00~17:00(水・日は休み)

会社のHP : 株式会社マツザワ-おみやげ卸・企画


<マツザワ>「市田柿ミルフィーユ」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
愛情宣言

【楽天市場】市田柿ミルフィーユ

【Yahoo!ショッピング】市田柿ミルフィーユ
関連記事