1618チョコクランチ
*画像はイメージです



600年の歴史に大革命!
南部せんべいが驚きの進化


<小松製菓(巖手屋)>「チョコ南部(ちょこなんぶ)」はお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク



2012年11月25日、朝日放送|大同生命presents ヒットの泉~ニッポンの夢ヂカラ!~で『老舗のお菓子』として紹介。


【研究課題②】
600年の歴史に大革命!
南部せんべいがこんな姿に



東北地方のお土産といえば、「かもめの玉子」、「ずんだ餅」、「ままどおる」など銘菓が目白押し。








その中でも特に歴史の古いのが、岩手県が誇る伝統菓子「南部せんべい」(13枚入:525円)。


様々な具材をのせた中心部分と、パリッと香ばしい薄い耳が特徴のお煎餅。
お土産としてだけでなく、地元のスーパーでは普通のお煎餅とは別に南部せんべい専用のコーナーがあるほど、岩手県では特別なお菓子。


特に、甘さのあるピーナッツ入りの「落花生」と、塩味のきいた「胡麻」が大人気。





また、B-1グランプリでは南部せんべいを入れた「せんべい汁」が大注目!


南部せんべいには、様々な味がありますが、2009年に新感覚の南部せんべいが登場!
特に若い女性の間でヒットし、年間売り上げ400万個を記録。


「サクサクしてて食べやすい」、「新しいですね」と評判の新感覚南部せんべいとは…
<巖手屋(いわてや)>の「チョコ南部(ちょこなんぶ)」 10粒入 525円




1947年創業の<小松製菓>は、南部せんべい市場の約半分のシェアを占めている老舗。


「チョコ南部」は、砕いた落花生せんべいをピュアチョコレートでコーティングした新感覚の南部せんべい。


壊れてしまったお煎餅を砕くのではなく、普通に焼き上がった落花生の南部せんべいをバリバリとクラッシュしていきます。
これが最大のこだわりであり、ポイントだとのこと。


伝統そのものを壊すということではなく、継承しながら南部せんべいを新しい形にするという意味もあるそうです。


砕いた南部せんべいをコーティングするチョコレートは、国際基準を満たしたクーベルチュールと呼ばれるチョコレート。


チョコと南部せんべいを混ぜ合わせたものをシリコン製の方に入れ、専用の冷凍機で3分間冷やせば「チョコ南部」のできあがり!


「チョコ南部」は、南部せんべいのサクサクっとした食感と、甘い口どけのミルクチョコレートが味わえるチョコクランチです。


「チョコ南部」は、素材にこだわり、溶けやすいチョコレートを使用しているため、夏の間(6月~9月)は販売休止。


秋冬限定、今の季節だけ味わえる期間限定のお菓子「チョコ南部」。
気になる場合は、すぐにチェックしてくださいね!


以前シルシルミシルのK-1グランプリで紹介された「生南部サブレ」もチョコレートを使ったお菓子です。
こちらも美味しそうですよ♪
巖手屋「生南部サブレ」シルシルミシル さんデーK-1グランプリで紹介




【会社紹介】
社名 : 株式会社 小松製菓(こまつせいか)
店名 : 南部せんべいの巖手屋(いわてや)
住所 : 岩手県二戸市石切所字前田41-1
電話番号 : 0195-23-4315
FAX番号 : 0195-23-6312
会社のHP : 株式会社小松製菓・南部せんべいの巖手屋


<巖手屋>「チョコ南部」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
【楽天市場】チョコ南部
【amazon】チョコ南部


巖手屋「南部せんべい」のお取り寄せはこちらからも
【楽天市場】巖手屋
【Yahoo!ショッピング】巖手屋
【amazon】巖手屋
関連記事