しょうが焼き(タモリ式)
photo by yoppy
*画像はイメージです



年商2億円の人気店の味をご家庭で!
安いお肉でも大変身♪
今日からあなたも『豚みそ漬け焼き名人』!?


達人直伝、達人のウラ技!
惣菜業界のカリスマ、林廣美さんが教える、
やわらかくて美味しい「豚みそ漬け」の作り方(レシピ)!

スポンサード リンク



2012年11月7日、TBS「ひるおび!」『荻原博子の家計仕分け人!』のコーナーで、総菜プロデュース歴30年の総菜コンサルタント 林廣美さんが「達人直伝!マル得激ウマ惣菜レシピ」として紹介。


里田まいさんが「すっごくジューシーでパサつかないし、本当にムネ肉!?ていうくらいやわらかい仕上がりになったよ!!美味しかったぁ~」とブログで報告していた「ジューシー鶏肉」の作り方(レシピ)はこちら。

惣菜のプロ 林廣美さんが教える「究極のムネ肉ステーキ」「ジューシーの素」の作り方 ひるおび!で紹介


東京都千代田区にある老舗精肉店<内野牛肉店>。ここは達人・林先生の元教え子のお店で、林先生のレシピのおかずやお弁当を販売するようになってから売り上げが倍増し、今では年商2億円!


そんな内野牛肉店の人気弁当ランキングは、

1位:トリ唐揚げ弁当
2位:豚みそ漬け弁当
3位:カルビ焼肉弁当
4位:メンチ弁当
5位:ロースカツ弁当


そこで、前回大好評だった「鶏ムネ肉がやわらかくなる方法」に続き、今回は2位にランクインした、やわらかくて美味しい「やわらか豚みそ漬け焼き」の達人レシピを大公開!


家庭で簡単、プロの味
林廣美先生直伝、やわらかくて美味しい
『やわらか豚みそ漬け焼き』の作り方!(レシピ)



【材料】(2人分)

・豚こま切れ肉    200g
・みそ        60g
・砂糖        30g
・鶏がらスープの素  小さじ1/2
・ごま油       小さじ1
・おろししょうが   小さじ1
・水         大さじ3
・サラダ油      適量


*味噌と砂糖の黄金比は、味噌:砂糖=2:1
豚こま肉200gに対して、味噌60g、砂糖30gです。


【作り方】

Kurobuta pork ginger 黒豚しょうが焼き定食
photo by jetalone


まず「絶品みそだれ」を作りますが、使う材料は味噌と砂糖のみ。料理酒などのアルコールは、お肉の脂身と化学反応を起こしてなんとなく蒸れた匂いがするので使わない。


味噌と砂糖の黄金比は、味噌:砂糖=2:1。豚こま肉200gに対して、味噌60g、砂糖30g。この黄金比率は、鶏肉、魚など、すべての味噌漬け料理に応用できます。


①味噌、砂糖、鶏ガラスープの素、おろししょうが、ゴマ油、水を混ぜ合わせ、味噌ダレを作ります。


②①と豚肉をビニール袋に入れて、よくもみ込み、そのまま冷蔵庫で一晩寝かせます。

*味噌に含まれている酵素が肉のたんぱく質を壊すため、お肉がやわらかくなるのだそうです。


③フライパンに油をひいて熱したら、一晩寝かせたお肉の片面を強火でしっかり焼き、もう片面は弱火でじっくりと焼きます。

*この火加減が、お肉をふわっとやわらかく仕上げるポイント!


④両面に美味しそうな焼き色がついたら完成です!



林先生は「少し甘い方が美味しい」と言っていましたね。


味噌の酵素パワーで驚くほどやわらか!甘い香りで食欲もそそる「豚みそ漬け」。


一晩寝かせないといけないので、今夜のおかずに!ってわけにはいきませんが、今日準備しておけば、明日は焼くだけで美味しいご飯が食べれちゃいますよ♪

関連記事