京都。いづう
photo by BroAngel
*画像はイメージです



肉厚で脂がのってて美味しいのです♪
230年の歴史!京寿司を堪能!!


<いづう>「鯖姿寿司(さばすがたずし)」はお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク



2012年10月12日、ぴったんこカン★カン|TBSテレビ『名優・堺雅人さんと秋の京都巡り』で「230年の歴史!京寿司を堪能!」として紹介。




■いづう■鯖姿寿司



<いづう>の「鯖姿寿司(さばすがたずし)」 1本(2人前) 4,410円



<いづう>は、1781年(天明元年)創業、京都府京都市東山区八坂新地清本町に店舗を構える鯖寿司の名店。



海が遠く、新鮮な魚が手に入らなかった京都では、塩と酢で〆たサバを使い、保存がきく「さばずし」が発展。そんな押寿司の一種である鯖姿寿しをお店で初めて出したのが<いづう>であるといわれています。



鯖姿寿しといえば、やっぱり<いづう>。



コシノジュンコさんも「鯖寿司はここ以外は・・・」と、以前はなまるマーケットでおめざとして紹介していました。

いづう「鯖姿寿司」コシノジュンコさんのおめざ



吟味された日本海の脂ののった新鮮な真鯖、厳選された滋賀県産の江州米(ごうしゅうまい)、いづう専用に作られた酢、北海道の天然真昆布などを使用し、素材の旨みを最大限に引き出している鯖寿し。



堺雅人さんは一口食べて「うんっ、うんっ!美味しい!なんて美味しいんだろうー」とニッコリ。安住アナウンサーは「脂がしっかりのってますね!」と。



私もいづうの鯖寿司が大好き!
鯖と酢飯、昆布の風味と味のバランスは本当に絶妙で、食べるとめちゃめちゃ幸せな気分になれます。
初めていづうの鯖姿寿司を食べた時は、「こんなに美味しい鯖寿司があったなんて!」と驚いちゃいました。



巻いてある昆布は肉厚で一緒には食べられないので、必ず食べる直前に昆布を外してくださいね。



地方発送は10月から5月中旬までの期間限定です。食べたいよー!!




■いづう■鯖姿寿司



【お店紹介】

店名 : いづう

住所 : 〒605-0084 京都府京都市東山区八坂新地清本町367

電話番号 : 075-561-0751

FAX番号 : 075-561-0750

営業時間 : (月~土)11:00~23:00(22:30LO)
       (日・祝)11:00~22:00(21:30LO)

定休日 : 火曜日(祝日の場合は営業)

駐車場 : なし

お店のHP : 京都祇園 いづう


<いづう>「鯖姿寿司」はお取り寄せ可能です。


お店情報はこちらから
ぐるなび - (創業天明元年) いづう

いづう - 祇園四条/京料理 [食べログ]


お取り寄せはこちらから
【京の逸品 老舗モール】いづう



大きな地図で見る
関連記事