松茸
photo by shibainu
*画像はイメージです



すぐマネしたくなるウラ技満載!
真ちゃん(しんちゃん)こと、料理研究家 寺田真二郎さんが教える、
松茸を使わない「栗入り松茸風ご飯」の作り方(レシピ)!


1人前98円でできちゃいます♪

スポンサード リンク



2012年10月10日、TBS「ひるおび!」『荻原博子の家計仕分け人!』のコーナーで、「イケメン料理人対決第5弾!真ちゃん&ベリッシモが秋の味覚・きのこのレシピで対決!!」として、料理研究家 寺田真二郎さんが紹介。



料理研究家・寺田真二郎の簡単おもてなしレシピ集 真ちゃんのうちにごはん食べにこない?


老舗日本料理店<東京 なだ万>で食べる松茸ご飯「松茸釜炊き御飯」は、1人前が1,785円。(注文は2人前から)


中に細かく刻んだおあげ(油揚げ / うす揚げ)が入っていますが、これはみりんなどを使わずに旨味を出すために入れているのだそう。


真ちゃんが、名店の1/10の金額で、松茸ごはんの味に挑む!!


寺田真二郎さん直伝、
『秋満載!栗入り松茸風ご飯』の作り方(レシピ)



【材料】(4人分)
・米 : 1.5合     
・エリンギ : 2~3本     
・甘栗 : 6~8個
・角餅 : 1個(2㎝角に切る)
・松茸風お吸い物の素 : 2袋
・油揚げ : 1/2枚(みじん切り)
・しょうゆ : 小さじ1
・酒 : 小さじ2
・昆布 : 5㎝角





【作り方】

①お米を研いで水に約30分浸し、水気を切る。


②エリンギをコンロで直火にあて、表面に焦げ目をつける。
  *焦げ目をつけることで、松茸っぽく見えます。

 粗熱がとれたら、食べやすい大きさにカットする。
  *縦半分にカットし、あとは細長く短冊切りのようにカット。


③土鍋に、お米、お米と同量の水、松茸のお吸い物の素、しょうゆ、酒、細かくみじん切りにした油揚げを加え、混ぜ合わせる。


④混ぜ合わせたら、その上に、2㎝角にカットしたお餅、食べやすいサイズにカットしたエリンギ、甘栗を入れ、最後に中央に昆布をのせる。

 *甘栗は、お菓子売場で売っているパウチ袋に入った甘栗です。これを入れることで、味に深みがでるとのこと。



 *お餅を入れることで、もっちりとした餅米のような高級食感を生み出します。




⑤材料をすべて入れたら土鍋の蓋をし、中火にかけて沸騰したら弱火にして13分ほど火にかけたら火を止めて5分くらい蒸らします。

 中火で沸騰 ⇒ 弱火で13分程 ⇒ 火を止める ⇒ 5~10分程蒸らす


⑥蓋を開けて、あたたかいうちにお餅をまんべんなく全体に混ぜればできあがり!



美味しそうに出来上がった『秋満載!栗入り松茸風ご飯』は、1人前たったの98円!!


香り、食感に加え、見た目にもこだわって松茸を再現。栗の甘みがモッチリご飯を引き立てます。


東京なだ万の黒田調理長に食べてもらったところ、「見かけは完全に合格ですよ。食感はまさしく松茸。スゴイね、これ!」とビックリ顔。


スタジオで試食したAKB48の柏木由紀さんは「見た目も香りも松茸です!もちもちしてるー、美味しい!」、デーモン閣下は「松茸ご飯だね!」、山村紅葉さんは「(ご飯の)お焦げもいいですね。」と、みなさん美味しそうに食べていました。


今回の、真ちゃん&ベリッシモのイケメン料理人対決「きのこレシピ」は、真ちゃんの勝利でした!


本物の松茸は高くて手が出ないから、エリンギで秋の松茸ご飯気分を味わうっていうのはいいアイデアですね♪


対戦相手、ベリッシモ・フランチェスコさんの「3種のきのこリゾット」のレシピはこちら

ベリッシモ・フランチェスコさんが教える「3種のきのこリゾット」の作り方 ひるおび!で紹介

関連記事