1477六厘舎のつけめん



土田晃之(つちだてるゆき)さんの今朝のおめざ
行列ができすぎて閉店した伝説のつけめん!


<六厘舎TOKYO(ろくりんしゃ とうきょう)>「つけめん」はお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク



2012年10月9日、土田晃之(つちだてるゆき)さんがTBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」で【おめざ】として紹介






<六厘舎TOKYO(ろくりんしゃ とうきょう)>の「味玉つけめん」 1人前 950円



<六厘舎TOKYO>は、もともと営業していた大崎のお店に行列ができすぎて、近所迷惑になるという理由から閉店してしまった伝説のつけめん屋。



「味玉つけめん」は、とんこつ、鶏ガラなどをベースにした濃厚スープながらも、煮干し、サバ節、かつおぶしなど魚介系の風味が引き立つように工夫されたこだわりのつけ汁に、麺をつけながら食べるつけ麺。



弾力のあるプルンとした食感が特徴の太麺に濃厚スープがよく絡む、絶品つけめんです。



土田晃之さんは、このつけ麺が大好きらしいのですが、東京駅のお店も、ソラマチのお店もいつも行列ができているので食べられないから、こういう番組に出る時に呼んでいる、と。六厘舎のつけめんを美味しく食べるために、昨日の晩ご飯も抜いてきたそうです。



「本当に(つけ汁が)よく麺にからみますね」と薬丸さん。



私も六厘舎のつけめんを食べたことがありますが、この濃厚な魚介系のスープと、もっちもちの太麺が絡み合って、本当に美味しいんですよね。上にのせる魚粉も風味を増してくれます。トッピングの味玉も必須アイテムですね。



お店で食べる時は、つけめんを食べ終わったあと、つけ汁をダシで割る「スープ割(スープわり)」まで楽しみますが、お取り寄せセットにもこの特製スープ割がついているようです。



もっちりとした太麺なので、かなり食べ応え・噛みごたえがあってお腹いっぱいになる満足の一品ですよ。






【お店紹介】

店名 : 六厘舎TOKYO(ろくりんしゃ とうきょう)東京ラーメンストリート

住所 : 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート内
   
電話番号 : 03-3286-0166

営業時間 : 11:00~22:30(22:00LO)
      (朝つけめん / 7:30~10:00(9:45LO))

定休日 : 年中無休

お店のHP : 六厘舎


*上記店舗以外にも、東京ソラマチ店(東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ6F)に店舗があります。


<六厘舎TOKYO>「つけめん」はお取り寄せ可能です。


お店情報はこちらから
六厘舎TOKYO ロクリンシャトウキョウ - 東京/つけ麺 [食べログ]


お取り寄せはこちらから
【楽天市場】六厘舎 つけめん



大きな地図で見る
関連記事