Frozen Peas Corn Carrots IMG_1000
photo by stevendepolo
*画像はイメージです



冷凍食品のプロ、西川剛史(にしかわたかし)さんおススメの○○


ぜーんぶまとめて食べてみたくなるような冷凍食品だらけの世界!!


あなたはきっと、食べたくなる…

スポンサード リンク



2012年10月5日放送マツコの知らない世界|TBSテレビ 食欲の秋2時間SP『知られざる食の世界SP』で、西川剛史(にしかわたかし)さんが「マツコの知らない“冷凍食品の世界”」をレクチャー。


西川剛史さんは冷凍食品好きが高じて、冷凍食品メーカー<アクリフーズ>に勤務。自社・他社問わず、冷凍食品を完全網羅しているしている冷凍食品のプロ。


冷凍食品が主食の男、西川剛史さんが、マツコ・デラックスさんに紹介した冷凍食品はコレっ!


マツコさんが目をつけた冷凍食品



<ニチレイフーズ×森永乳業>のコラボ商品「今川焼」(森永ミルクキャラメル味・森永ミルクチョコレート味) 各349円(参考価格)



最近冷凍食品業界ではコラボ商品が流行っているのだそう。


マツコさんは、「今川焼 森永ミルクキャラメル味」を食べて「やだ…おいしい~♪やばーい、これなに~!やっぱり目をつけていた通りだったわ」と。


生地にもキャラメルが入っていて、フワフワ食感の甘い今川焼き。中にはとろ~りとろけるミルクキャラメルクリームがたっぷり!


自然解凍でも食べることができるので、ちょっと冷たい状態で食べても、また違った食感と味わいが楽しめます。


次に「今川焼 森永ミルクチョコレート味」を食べたマツコさんは「あー、食べる順番間違えた。キャラメルの方が美味しい、私は。こっちの方が大人向きね」と。


生地にもチョコレートが練り込まれたミルクチョコレート味の方は、甘さ控えめで、男性にもおススメだそうです。


私は今川焼きが大好きなので、冷凍庫にストックしていますが、こんな新商品が出たことを知りませんでした。でも、やっぱり定番のあずきあんがいいかな。




【商品情報はこちら】
冷凍食品|冷凍食品・冷凍野菜はニチレイフーズ



数ある冷凍食品の中で、今一番売れている
《冷凍食品 売り上げベスト5!》



☆マツコが致死量くらい食べる餃子

第1位
<味の素冷凍食品>の「ギョーザ」 298円(参考価格)




味の素冷凍食品の「ギョーザ」は、年間売上が107億円という大人気の冷凍餃子。


嵐の櫻井翔くんのCMでもおなじみのように、餃子の周りに余分に氷をつけることで水なしでの調理が可能になり、水も油も入れなくてもパリッと焼けるように改良されています。


マツコさんはこれが1位だと言い当て、「なぜかこれが食いたくなる時があるんだよね」と。しかも、氷を余分につければ水なんか入れなくていいのに、と10年前から思っていたのだそう。なので、今回の改良についても「全然感動しませんでしたよ!」と。


【商品情報はこちら】
味の素冷凍食品 | 商品について |ギョーザ



☆冷凍食品のプロ・西川さんの人生を変えた究極の炒飯!

第2位 
<ニチレイフーズ>の「本格炒め炒飯」 398円(参考価格)





ニチレイフーズの「本格炒め炒飯」は、年間売上が50億円以上という人気商品。


西川さんは高校生の時に初めて食べて感動したのだそう。マツコさんもどうやったらこんなにパラパラになるんだろうと思っていたとのこと。


パラッと感にこだわったという「本格炒め炒飯」を食べたマツコさんは「その辺の街の中華屋さんよりおいしいわよね。止まらなくなる。」とモリモリ食べていました。


マツコ「このチャーハンと1位のギョーザでお店出せるわね!」


【商品情報はこちら】
本格炒め炒飯|冷凍食品・冷凍野菜はニチレイフーズ



☆11年連続売り上げ№1!

第3位
<味の素冷凍食品>の「やわらか若鶏から揚げ」 341円(参考価格)





味の素冷凍食品の「やわらか若鶏から揚げ」は、唐揚げ部門で11年連続売り上げ№1の大人気商品!


外はサックリ、中はジューシー。


マツコさんによると、ここ3,4年くらいの進化がすごいのだそう。


ターンテーブル式のレンジで温める場合は、お皿は中央でなく、端に置くようにすると均等に熱が伝わります。


これは酒のつまみにも良いし、お弁当のおかずにもなるので、うちの冷凍庫にも常備しています。


【商品情報はこちら】
味の素冷凍食品 | 商品について | やわらか若鶏から揚げ (ボリュームパック)



第4位
<味の素冷凍食品>の「プリプリのエビシューマイ」





味の素の「プリプリのエビシューマイ」は、プリプリ食感の大ぶりのバナメイエビを100%使用した、冷めてもやわらかくて美味しいシューマイ。


これもいつも冷凍庫に入ってますね。お弁当のおかずに使っています。


【商品情報はこちら】
味の素冷凍食品 | 商品について | プリプリのエビシューマイ



第5位
<日本水産(ニッスイ)>の「大きな大きな焼きおにぎり」 308円(参考価格)





「小腹が空いたら、焼きおにぎり♪」の歌が印象的なCMでおなじみの冷凍焼きおにぎり。


たまり醤油と濃厚な二段仕込みしょうゆをブレンドした、まろやかでコクのある醤油の風味豊かなおにぎりです。


マツコさんは「大きな大きな焼きおにぎり」に出会った時の感動がすごかったらしく、かなり食べまくったそうです。「これが冷凍食品の中で一番好きかも」とまで言っていました。


これも冷凍庫に常備していますね。小腹が空いた時にホントにちょうどいいんです。


【商品情報はこちら】
商品紹介 大きな大きな焼きおにぎり | ニッスイ





☆日本の冷凍食品の種類は、5000種類以上で世界第1位!

迷った時の豆知識
損をしない冷凍食品買い物術!
《製造メーカー別の得意ジャンルを知ろう!》



お米の魔術師
<ニチレイフーズ>



<ニチレイフーズ>は、チャーハン、チキンライス、ドライカレーなど、お米を加工した商品が充実。


試食したのは、「えびピラフ」(参考価格:315円)



国産の鶏ガラで取ったブイヨンで炊いていて、お米の食感もしっとりとしている美味しいピラフ。


マツコさんは「久しぶりに食べたけど、ものすごい美味しい~」とパクパク食べていました。お米メインで具材が少なめなので「米を食ってる!」という感じがするそうです。


【商品情報はこちら】
えびピラフ|冷凍食品・冷凍野菜はニチレイフーズ



お好み焼き・たこ焼きならココ!
<テーブルマーク>(旧社名:加ト吉)



<テーブルマーク>は、2010年に加ト吉から社名変更した会社で、冷凍うどんをはじめとした冷凍麺類でシェアトップ!


<テーブルマーク>は、おかずではなく主食をメインに打ち出しているので、粉モノやパン、麺類などに力を入れているのだそう。


マツコさんが目をつけたのは「ベーカーズセレクト メロンパン」(参考価格:298円)



焼きたての状態を急速凍結しているので、カリッとした仕上がりになるのだそう。


冷凍メロンパン初体験のマツコさんは、噛みしめながら「えー、これ美味しい!」と、そのフワフワ食感にビックリしていました。


このシリーズには、「クロワッサン」(参考価格:298円)や「ミルクパン」(参考価格:198円)などもあるということで、マツコさんは興味深々に見入りながら「でも、ちっちゃいね」と言っていました。





【商品情報はこちら】
冷凍パン|商品情報|テーブルマーク株式会社


<テーブルマーク>の冷凍食品の中で今オススメなのが「ごっつ旨いお好み焼」(参考価格:210円)



テーブルマークのお好み焼きは、固すぎずやわらかすぎず、本当に丁寧に作っているので、その辺で食べるお好み焼きよりもフワッとした食感で美味しいとのこと。


試食したマツコさんは「箸で触った時の、絶妙な生地のやわらさを残してるのよ。やだ、ホント美味しいね!」と絶賛していました。


【商品情報はこちら】
ごっつ旨い お好み焼 | 商品情報|テーブルマーク株式会社



中華の鉄人
<マルハニチロ食品>(あけぼの)



<マルハニチロ食品>は、もともと<マルハ>が水産系の会社なので、魚介類を多く使う中華料理が得意。


マツコさんが試食したのは「あら挽き肉しゅうまい」と「黒酢と黒糖仕立ての酢豚」。


「あら挽き肉しゅうまい」(参考価格:298円)は、蒸しあがってすぐに急速凍結にかけるため、できたてと同じ皮の弾力や肉の食感も味わえる本格的なシュウマイです。


マルハニチロ あら挽き肉しゅうまい


「黒酢と黒糖仕立ての酢豚」(参考価格:334円)は、赤坂璃宮(あかさかりきゅう)の譚(たん)総料理長監修の本格中華の酢豚。


マルハニチロは、『新中華街』というブランドを立ち上げるくらい中華に力を入れているのだそうです。


【商品情報はこちら】
あら挽き肉しゅうまい|株式会社マルハニチロ食品

黒酢と黒糖仕立ての酢豚|株式会社マルハニチロ食品



チーズが得意!
<アクリフーズ>



<アクリフーズ>は、冷凍食品のプロ西川さんが勤めている会社。前身は雪印乳業の冷凍食品部門で、乳製品を使った商品に定評があります。


マツコさんが「私これ好きですよ!ラザニアはおたく(アクリフーズ)が一番美味しいですよ!これ2個食っちゃうんですよね。2個入りやめてほしいー」と言っていた「ラザニア」(参考価格:304円)は、生パスタのラザニアシートとミートソース、ホワイトソースを5層に重ねたラザニア。


ミートソースは玉ねぎから炒めて、トマトを入れ、丁寧に作られています。マツコさん曰く「ケチャップ系の味ではなく、ちゃんとトマトの酸味とかが残っているミートソース」だとのこと。


【商品情報はこちら】
ラザニア 2個入り | 株式会社アクリフーズ



冷凍食品生産量ベスト5!



1位 コロッケ   16万5千トン 
2位 うどん    15万4千トン
3位 ハンバーグ  6万8千トン
4位 ピラフ     5万2千トン
5位 チャーハン  5万9百トン



ということで、マツコさんも「これ、マジ旨いよ!」と言っていた<アクリフーズ>の「コーンクリームコロッケ」(参考価格:199円)




「コーンクリームコロッケ」は、アクリフーズが生んだ、発売41年の定番商品。


クリームコロッケを家で作ろうと思ってもなかなか難しいですよね。これって工場で作るのも大変な技術が必要なのだそう。


「食べたことのない方にご説明すると、コーンポタージュを揚げているような感じ。クリームにもコーンが入ってるのよね」とマツコ・デラックスさん。


糖度管理した甘みたっぷりのコーンをふんだんに使ったクリームコロッケ。これは、ソースなどをつけずに食べるのがオススメなのだそうです。


【商品情報はこちら】
コーンクリームコロッケ | 株式会社アクリフーズ



冷凍食品のプロ、西川剛史さん一押し
《子どものお弁当にうってつけの一品》



<アクリフーズ>の「てりやきミニバーガー&ナゲット」 209円(参考価格)



「てりやきミニバーガー&ナゲット」は、『くまちゃん占い』がついた、お子さんのお弁当に最適な冷凍食品。


マツコさんが「まぁー、何の腹の足しにもならない!」と言うくらい、小さな小さなハンバーガーとナゲット。


実際に食べた後の感想は、「美味しい!よくできてるねー!これ、大きいので出せば?子ども騙し的な見た目だけど、味はしっかりしてるわね。この照り焼きのたれとマヨネーズの感じとかも、めっちゃくちゃ旨いよ」と大絶賛!


こんなにかわいくて美味しいハンバーガーがお弁当に入っていたら、お子さんのテンションも上がりまくりでしょうね♪


【商品情報はこちら】
てりやきミニバーガー&ナゲット | 株式会社アクリフーズ



冷凍食品のプロ、西川剛史さんが
《絶対紹介したい一品!!》



<日清フーズ>の「マ・マー 弾む生パスタ 海老のトマトクリームタリオリーニ」 399円(参考価格)



「冷凍パスタ買う時は絶対<マ・マー>のを買う」とマツコさんも言っていたように、西川プロも「他のメーカーとは一線を画している、お店で食べるような驚きの味」と絶賛する冷凍パスタ。


「マ・マー 弾む生パスタ 海老のトマトクリームタリオリーニ」は、もっちもちの麺の食感や弾力、海老と小柱の味わいが染みわたった奥深い味わいのクリーミーなソースが後を引く一品です。


【商品情報はこちら】
マ・マー 弾む生パスタ 海老のトマトクリーム タリオリーニ | 日清製粉グループ



西川プロがいろいろ紹介してくれた冷凍食品の世界。


今後の冷凍食品選びの参考になりそうですね!
全部美味しそうでしたー♪


関連記事