1458信玄餅



山梨の代表銘菓がプリンに進化!


<桔梗屋(ききょうや)>「桔梗信玄プリン(ききょうしんげんプリン)」「桔梗信玄餅(ききょうしんげんもち)」はお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク


2012年9月30日、朝日放送|大同生命presents ヒットの泉~ニッポンの夢ヂカラ!~で、『老舗のお土産』として紹介。


【研究課題②】

山梨伝統のアレが
意外な姿で再ブレイク!



桔梗信玄生プリン


<桔梗屋(ききょうや)>の「桔梗信玄生プリン」 4個入 840円


<桔梗屋>は、1889年創業、山梨県笛吹市一宮町坪井に本社を構える和洋菓子製造販売の老舗。


1つずつ丁寧にビニールの風呂敷で包まれ、きな粉餅にお好みで別添えの黒蜜をかけていただく「桔梗信玄餅(ききょうしんげんもち)」(2個入:320円)は、年間1700万個も売り上げる、山梨を代表する定番のお土産お菓子。



桔梗信玄餅は、安倍川餅に黒蜜をかけて食べる甲州地方の風習にヒントを得て開発されたお菓子。


武田信玄が実際に食べたお餅というわけではなく、信玄が戦にたくさんのお餅を持って行ったということから「信玄餅」と名付けられたのだそう。


2012年の4月に信玄餅の新バージョンとして発売された「桔梗信玄プリン」は、観光客に絶賛され、すでに16万個を売り上げるヒット商品に!


桔梗信玄プリンは機械でなくほとんどが手作りで、1日に約2000個製造しているとのこと。


信玄餅をイメージしたきな粉を溶け込ませているプリン生地を、卵を入れず寒天で固めることによって、きな粉味でなめらかな食感の和風プリンに仕上げています。


また、通常プリンに添えられるカラメルの代わりに「黒蜜」を添えることにより、より「信玄餅」のイメージに近付けているのだそう。


スタジオ試食でもかなり好評でしたよ。


パッと見、本物の桃に見えるおまんじゅう「信玄桃(しんげんもも)」もおススメのお土産お菓子です。





【お店紹介】
店名 : 桔梗屋(ききょうや) 一宮店 (本社)
住所 : 山梨県笛吹市一宮町坪井1928
電話番号 : 0553-47-3708(店舗) 0553-47-3700(本社)
FAX番号 : 0553-47-3706
営業時間 : 9:00~18:00
お店のHP : 桔梗信玄餅 -山梨の代表銘菓
*桔梗屋は、甲府市や笛吹市を中心に40店舗以上の直営店があります。


<桔梗屋>「桔梗信玄プリン」「桔梗信玄餅」はお取り寄せ可能です。

お取り寄せはこちらから
桔梗屋 オンラインストア


桔梗屋の「信玄桃」「桔梗信玄餅」のお取り寄せはこちらからも
【Yahoo!ショッピング】桔梗信玄餅
【amazon】桔梗屋
【楽天市場】桔梗信玄餅


大きな地図で見る
関連記事