2008.12.30の昼ご飯
photo by matsudon,giraffe
*画像はイメージです



県民スター大絶賛のあのスイーツが大ブームで『BMフィーバー』!?
すんげぇことになってるみてぇだっす!


秋田県北秋田市のヒミツのごちそう、「バター餅」はお取り寄せ可能です。

スポンサード リンク



2012年9月27日、カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOWで『ケンミンあれからどうなった!?あの秘密のごちそうは今。大反響のごちそう再取材!』として紹介。



秋田県北秋田市のヒミツのごちそう
「バター餅(バターもち)」



秋田県大館市で行われる『アメッコ市』と時を同じくして開催されている北秋田市の『もちっこ市(もちっこいち)』では、家庭で作ったお餅を出店して販売している、ということで紹介された「バター餅」。



2012年4月26日ケンミンショーでに紹介された時の記事はこちら

秋田県北秋田市「バター餅」秘密のケンミンSHOWで紹介



秋田県北秋田市のヒミツのごちそうとして『秘密のケンミンショー』で紹介された「バター餅」は、バターとお砂糖、卵黄を練り込んであるシンプルなお餅のことで、北秋田市では家庭でも作られている定番のお餅。



もともとはマタギの人たちが携帯食として持ち歩いていたという「バター餅」、バターを入れることによって洋風に感じられ、また、時間が経っても硬くならないので焼かなくてもそのまま食べられるのが特長。



ケンミンショー放送後、お客さんが殺到し、生産者もビックリするほどの『BMフィーバー』に!(バターの「B」、もちの「M」で「BM」)



前回放送時にバター餅の作り方を見せてもらった<精まい家>の柴田さんは、10倍になった注文をさばくために家庭用だった冷蔵庫を大型の業務用冷蔵庫に買い直し、朝4時起床、農作業をこなしながらバター餅の生産に追われる生活に!



「バター餅」は、もともと名マタギだったご主人の携帯食として作っていたものだったので、夏に作った事はなかったのだそうですが、今年は夏に超大量の注文が殺到。まさに『BMフィーバー』!農作業をこなしながらの生産は大変ですが、亡くなった旦那さんとの思い出が大きいので、「ありがたい」という心で作っているのだそう。



放送前は、柴田さんともう一人しか売っていなかった「バター餅」ですが、バター餅ブームとともに製造者が2名から16名にまで急増し、販売店も3軒から14軒に増加しているとのこと。



さらに、2012年7月23日に、北秋田市は『バター餅の里』を宣言しちゃったそうです。さらにさらに、『日本バター餅協会』なるものまで発足させ、町じゅうがバターもちフィーバーに沸いています。



番組内で紹介された<精まい家>の柴田さんが作った「バター餅」は、マタギの里の酒屋さん『秋林商店』からお取り寄せすることができます。



そのほか番組で紹介された「三角バター餅」など、ネットでも購入できますが、番組内でも紹介されていた<四季美館>に電話すれば、地方発送もしてくれるそうですよ(1パック6個入り:300円 *送料別)



番組内で紹介された「バター餅」のお取り扱いがあるお店【お店紹介】

店名 : 道の駅 たかのす 物産館「大太鼓の里ぶっさん館」

住所 : 〒秋田県北秋田市綴子字大堤道下62-1

電話番号 : 0186-63-0111

営業時間 : 9:00~18:00(冬季9:30~17:00)

定休日 : 元日

駐車場 : 170台あり

お店のHP : 道の駅「たかのす」


番組内で紹介された「バター餅」のお取り扱いがあるお店【お店紹介】

店名 : 北秋田市観光案内所 四季美館

住所 : 〒018-4515 秋田県北秋田市阿仁前田字大道上3-1

電話番号 : 0186-75-3188

FAX番号 : 0186-75-3360

定休日 : 第3月曜日

駐車場 : あり

お店情報はこちらから
北秋田市観光情報

四季美館お食事処かたりべ - 阿仁前田/定食・食堂 [食べログ]


秋田県北秋田市「バター餅」はお取り寄せ可能です。


「バター餅」の取り扱い店舗(PDFファイルです)
バター餅販売先のお知らせ(改3、H24.05.01)


ネットでのお取り寄せはこちらから
「大人気!柴田さんのバター餅!」秘密のケンミンショーで紹介された!北秋田市特産品-マタギの里の“!元祖”のび~る柴田さんの『バター餅』を販売・通販しているお店-秋田地酒-マタギの里の酒屋さん『秋林商店』

秋田内陸線オンラインショップ

関連記事